ジグ 写真

ライトショアジギングを始めよう!ロッド・リール・ルアーからおすすめタックルをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ライトショアジギングとは、岸からジグやルアーをキャストしておこなうジギングのことです。

ということは、ショアジギングと明確な区分けはありません。

ライトタックルでもおこなえることから、ライトショアジギングと呼ばれるようになったのかもしれませんね。

実際に、エギングロッドやシーバスロッドでライトショアジギングを楽しんでいる人もいますよ。

ライトショアジギングの時期

ライトショアジギングの時期はいつでしょうか。

ヒントはベイトフィッシュとなるイワシ、その回遊や接岸が盛んになる4月以降の暖かい時期といえるでしょう。

ライトショアジギングをおこなう時間帯

ライトショアジギングをおこなう時間帯は、早朝がおすすめです。

夕マズメから夜にかけてだと青物のテンションが下がってしまうからで、朝マズメから日中にかけて実施するようにしてください。

ライトショアジギングのポイント

ライトショアジギングのポイントは、ズバリ潮目でしょう。

そこにイワシなどのベイトフィッシュが集まっているなら、青物も近寄ってくるはずですからね。

ハマチやサワラなどの中型青物を手軽に狙えるのが、ライトショアジギングの醍醐味でしょう。

ライトショアジギングにおすすめのロッド

ライトショアジギングにおすすめのロッドをピックアップしてみました。

エギングロッドやシーバスロッドを用いる人もいますが、専用ロッドもリリースされていますよ。

比較的安価なものが多いのが特徴といえるでしょう。

どうしてもこの価格のロッドには当たり外れがありますが、私は大丈夫でした。
シーバス用ロッドでジギングしていたため、このロッドに変えてからジャークが軽い軽い!
もう楽しくて毎度青物が追いつけないスピードでジャークしています。

出典:amazon

ライトショアジギングで使いたいリール

ライトショアジギングに使いたいリールは、スピニングリールの4000番台でしょう。

PEラインの1~1.5号前後を巻いて、5号前後のショックリーダーを結ぶようにしてください。

軽くて巻き心地もスムーズ!
LTモデルは凄いです!
買って良かったです

出典:amazon

ライトショアジギングにおすすめのルアー

ライトショアジギングにおすすめのルアーは、やはりメタルジグになります。

ただし、ライトタックルなので、自重は20グラムから60グラム程度のキャストしやすいものを選びましょう。

メタルジグだけでなく、鉄板系バイブレーションやシンペンも試してくださいね!

ライトショアジギングで青物を狙っていますが、このジグで尺鯵は勿論ギガ鯵(41cm)や尺超えアコウも釣れてくれました。
安心して使える優秀なジグです。
只、アシストフックは変えてますし、リアフックは付けないか、付けてもシングルフックに交換して使ってます。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング