バス ルアー 写真

ブラックバスを夜釣りで釣っていいの?暗がりでもバスを引き寄せるルアーは存在する?

FISHING JAPAN 編集部

ブラックバスは夜行性である、という意見が存在します。

確かに夜は太陽光がありませんから、あの出っ張った目に強い光が飛び込むことはありません。

自由に活発に泳ぎ回るブラックバスの姿を見れば、夜釣りのほうが釣れそうだな!と誰しも感じてしまうでしょう。

実際には、体側に付いている側線と耳によって、捕食対象を的確にとらえることができます。

夜釣りをすれば、捕食活動を積極的におこなっているブラックバスに遭遇し、数釣りを楽しめる確率が高くなるでしょう。

また、暗闇でよく見えないことから警戒心も緩み、水音だけで飛び付いてくるケースもあるようです。

ブラックバスの夜釣りは危険がいっぱい!

しかしながら、夜釣りは釣り人にとって危険だらけです。

まず、どこにキャストしていいか分からなくなります。

それから他の釣り人に気づきにくく、その人がキャストしたルアーに当たってしまうかもしれません。

もうひとつ挙げるとすれば、夜は人が寝静まる時間帯です。

池は内水面ですから、そばに住宅が建っていることもしばしば。

そういう現地の環境を釣り人が騒音で荒らすことは許されないのです。

釣り場の決まりを守るのは当然!あとは自分の判断で夜釣りするかしないかを決めよう!

地方によって条例や規則が定められていますから、それに則ってブラックバスの夜釣りをするかしないか判断しましょう。

とはいうものの、池の近隣に住居のあるようなところでは、絶対に夜釣りをしないでください。

岸際から遠浅で危険度が低く、周りに人の気配がないところなら、自分自身の判断でロッドを振るようにしましょう。

強い波動を発生させるスピナーベイトは夜釣りに向いているかも!

夜のうちに現地に到着して、夜が明けるの待って釣りを始めることをおすすめします。

それでも夜釣りのように周囲は暗く、ルアーの位置がはっきりとバスに伝わらないケースがあるでしょう。

そういうときにおすすめなのが、スピナーベイトです。

これならブレードの回転で強い波動を起こせますから、遠くにいるブラックバスを引き寄せることができるでしょう。

ワームの釣りに固執したり、昼間もネコリグが釣れているからと暗がりでキャストするのは、あまりおすすめできません。

クランクベイトも独特の強い波動を生み出して夜釣りを楽しませてくれるルアー!

強い波動でブラックバスを引き寄せるなら、ファットなデザインのクランクベイトもおすすめのルアーといえるでしょう。

暗くて周りがよく見えないですから、カンタンに根掛かりしてしまうようなクランクベイトを選んではいけません。

スクエア=四角いリップで、浮力の高いフローティング仕様を使ってみましょう。

高比重ワームを使ったノーシンカーリグならトラブルレスで夜釣り可能!

暗がりによる根掛かりを極力防ごうと思ったら、ノーシンカーリグがおすすめです。

オフセットフックとの組み合わせなら、底まで沈めてもカバーの中に放り込んでも、スルスルと抜け出してくるでしょう。

高比重なワームで、ネコリグに用いる軟らかいタイプより、少々張りと重量のあるシャッドテールワームを使うようにしてください。

このテール形状なら、効果的な波動も期待できますよ。

タックルは、ベイトタックルのほうが巻き取りパワーがありますし、太いラインをキャストできますから、使い勝手は良好でしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング