バス 写真

ブラックバスをエサ釣りで狙う!釣りエサの最新ランキングを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

ルアー釣りの対象魚として人気のブラックバス。

そんなブラックバスを、エサを使って釣った経験はありますか?

バス釣りアングラーからは、邪道だ!という批判の声が飛んできそうですが、バス釣りには必ずルアーを使わなければならないという決まりはありません。

実は意外とエサを使った方が、簡単にブラックバスを釣ることができるのです。

今回はバス釣りで釣果に悩むアングラーのために、ブラックバスのエサ釣りの方法やおすすめのエサ、使用タックルについて詳しくご紹介しましょう。

ブラックバスをエサで釣るメリットとは?

ルアーを使ったバス釣りは、ゲーム性が高く面白いことから多くのアングラーに人気です。

確かにブラックバスにはルアーが鉄則!というイメージがありますが、釣果を伸ばしたいのであればエサを使った方がよく釣れます。

自然な動きで誘えるエサを使うことで、ブラックバスの食いつきが良くなり、釣りやすくなるのが最大のメリットと言えるでしょう。

難易度が低くバス釣りの面白さを実感できるエサ釣りは、お子様やバス釣り初心者の方には特におすすめです。

バス釣りにはどんなエサが適している?

ブラックバスは、活き活きと動いているものを捕食する習性があります。

ワームやミノーを活発に動かしているときに、バイトが集中するのはそのためです。

この習性を踏まえると、死んでしまって動かないエサよりも、動き回っている生きたエサの方がよく釣れるでしょう。

エサはなるべく新鮮なものを使うようにすると、釣果にも繋がりやすくなります。

今回は、バス釣りにおすすめのエサを実績に基づいたランキング形式でご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

【第1位】ミミズ

釣りエサの王道であるミミズは、バス釣りにも効果バツグンです。

流行りのワッキーリグやダウンショットリグにセットするワームも、ミミズそっくりに作られています。

実際にルアーを本物のミミズに付け替えてみると、あっという間にバイトラッシュでした。

ブラックバスの目の前でウネウネと動き回ってくれるミミズは、釣具店でも販売されていますが、釣り場の池近くの土を掘り起こせば簡単に見つけることができます。

また、ミミズに似た海釣り用イソメの携帯エサも同じように使えるでしょう。

【釣り餌】【活きエサ】【渓流餌】【川餌】ミミズちゃん熊太郎(スーパー太虫)

【釣り餌】【活きエサ】【渓流餌】【川餌】ミミズちゃん熊太郎(スーパー太虫)

最安値価格
¥1,600(amazon)

Amazonへ ¥1,600

【第2位】甲殻類(エビ、ザリガニ)

ブラックバスは甲殻類が大好物です。

そのため、淡水に棲むエビやザリガニはバス釣りに有効なエサになります。

シラサエビやスジエビであれば釣具店でもよく見かけますし、ザリガニであれば釣り場で見つけて仕掛けに取り付けることもできるでしょう。

実は、ブラックバスは甲殻類が大好物です。

最初にミミズを投入して、ブラックバスの反応が良くないときに、エビやザリガニにエサを切り替えてみるのもおすすめです。

池や川の底をゆっくり這わせるように誘うと、ブラックバスが飛び付いてくるかもしれませんよ。

【生体】スジエビ 200匹 エビ 飼育用・餌用にも! emuwai

【生体】スジエビ 200匹 エビ 飼育用・餌用にも! emuwai

最安値価格
¥3,980(amazon)

Amazonへ ¥3,980

【第3位】ブラックバスの稚魚

ブラックバスの稚魚をエサにする方法もおすすめです。

背びれの辺りにフックを付けて、ユラユラと泳がせればブラックバスが食い付いてきますよ。

ブラックバスには共食いをする習性があるため、それをうまく利用して誘ってみましょう。

岸際の障害物周りを泳がせると効果的です。

【第4位】ブルーギル

ブルーギルはブラックバスの卵を食べるので、ブラックバスに目の敵にされています。

ブラックバスにブルーギルが近づいた途端、パクリ!と食べてられてしまう光景を何度見たことでしょう。

このブラックバスの習性を利用すれば、キャッチ率がぐんと上がります。

こちらも先ほどと同様、背びれの辺りにフックを付けて泳がせて誘います。

ブルーギルで世界最高記録のブラックバスが釣り上げられた実績も!

バス釣りの聖地として有名な滋賀県の琵琶湖。

2009年には琵琶湖大橋の近くで、当時の世界最高記録となる10.12kgの超大型ブラックバスが、ブルーギルの活きエサ釣りで釣り上げられました。

ブルーギルはゆっくり泳ぐ特徴やウィードの中にトンネルを作る習性があるため、ブラックバスにとってどのエサよりも待ち伏せしやすく、捕らえやすいのかもしれませんね。

【番外編】昆虫

これまでにご紹介したエサの他に、昆虫を使ってバス釣りをすることもできます。

みなさんも、飛んでいた昆虫が水面に落ちた瞬間、ブラックバスに襲われるシーンを見たことがあるかもしれませんね。

バタバタと羽を動かしもがいていれば、水中からいきなり食い付かれる可能性が高まります。

ただし、寒い季節になると一般的に昆虫を見かけなくなるので、簡単に入手できるエサとは言い難いでしょう。

ブラックバスのエサ釣りに適したタックルとは?

ブラックバスのエサ釣りには、手軽に使えるスピニングタックル(スピニングリール+専用ロッド)がおすすめです。

理由としては、エサ自体が軽いからです。

そのため、ベイトリールを使ってキャストしようとすると、バックラッシュしてしまう可能性が高まります。

また、エサ釣りではエサ自体が持っている動きを活かしたいので、オモリは付けない方が良いでしょう。

編集部がピックアップ!おすすめのタックルはこちら

エサ釣りのタックルには、スピニングリール+専用ロッドを使うことをおすすめします。

理由は、エサ自体が軽いからです。

ベイトリールを使ってキャストしようとすると、バックラッシュしてしまいますよ。

それから、エサ自体が持っている動きを活かしたいので、オモリは付けないほうがいいでしょう。

ミミズやエビを使うなら、ウキ釣りを楽しめるかもしれませんね。

実際に、ブラックバス用のウキ釣り仕掛けが市販されています。

取り出すだけですぐ使えるので、試してみてはいかがでしょう。

リール

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT2000S (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT2000S (2018モデル)

最安値価格
¥3,080(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,786

楽天市場へ ¥7,925

Yahoo!へ ¥3,080

ダイワのレガリスシリーズは、徹底した軽量化と、心臓部を守るタフさの両立を叶えたスピニングリールです。

軽いエサを扱うバス釣りでも、スムーズで滑らかな動きを実現しています。

ソルト対応仕様なのでバス釣りはもちろん、アジング、メバリング、エギングなど幅広い釣法に使い回すこともできますよ。

ロッド

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン モバイル 646TLS 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン モバイル 646TLS 釣り竿

最安値価格
¥10,381(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,020

楽天市場へ ¥11,011

Yahoo!へ ¥10,381

こちらは持ち運びに便利な振り出し式ののバスロッドです。

ダイワのブレイゾンモバイルは、ブランク部分が軽いにも関わらず、パワフルな動きにも耐えられる強度が特徴です。

操作性や精度の高さにも定評があるので、使いやすいバスロッドを探している方にもおすすめできます。

仕掛け

ささめ針(SASAME) W-615 ブラックバス(3.6m) 10号

ささめ針(SASAME) W-615 ブラックバス(3.6m) 10号

最安値価格
¥352(楽天市場)

Amazonへ ¥443

楽天市場へ ¥352

Yahoo!へ ¥352

エサにミミズやエビを使う場合、基本のウキ釣りで狙うと良いでしょう。

ウキ釣りは、ハリにエサを付けて仕掛けを落とし、ウキが沈んだら合わせるだけなので、初心者の方でも簡単に挑戦できますよ。

実際にブラックバス用のウキ釣り仕掛けも市販されており、取り出すだけですぐ使えるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

ブラックバスはエサ釣りで釣果アップ!

ブラックバスは、エサを使うと面白いように釣れるようになります。

ルアー釣りはそのゲーム性の高さが魅力ですが、思うように釣れないことも多いため、バス釣りは難しいと思われがちです。

ブラックバスの釣果に悩むアングラーや、バス釣り初挑戦の方は特に、エサを使ってバス釣りの面白さを体験することで、バス釣りに対するイメージを変えることができるでしょう。

新鮮なエサを使って、ブラックバスを自分の手で釣り上げてみましょう!

ブラックバスに関心のある方におすすめの記事はこちら

この記事に関するよくある質問

ブラックバスをエサで釣るメリットは?

ルアーを使ったバス釣りは、ゲーム性が高く面白いことから多くのアングラーに人気ですが、釣果を伸ばしたいのであればエサを使った方がよく釣れます。自然な動きで誘えるエサを使うことで、ブラックバスの食いつきが良くなり、釣りやすくなるのが最大のメリットです。

バス釣りにおすすめのエサとは?

ブラックバスは、活き活きと動いているものを捕食する習性があります。そのため、死んでしまって動かないエサよりも、動き回っている生きたエサの方がよく釣れるでしょう。エサはなるべく新鮮なものを使うようにすると、釣果にも繋がりやすくなります。

バス釣り」カテゴリの人気記事

エサ釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング