エビ 写真

オキアミを使って釣りをしてみよう!釣りエサの代表格・オキアミなら何が釣れる?

FISHING JAPAN 編集部

オキアミとは、エビに似ているプランクトンの一種で、釣りエサとしてとても有名です。

「えっ、エビじゃなかったの?」

そうなんです、似ているんですけどプランクトンなんですよね。

ここではいつも釣りで使っているオキアミについて、詳しくご紹介します。

オキアミの種類

釣りの刺しエサとして使われているオキアミは、南極オキアミという名前の大型アミエビです。

また撒きエサとして使われているオキアミは、日本の三陸沖で獲られたものです。

どちらもポピュラーで、釣りには欠かせないものとなっていますよね。

オキアミで釣れる対象魚

オキアミを用いて釣れる対象魚は、数多く存在していますよ。

磯釣りのグレはもちろん、青物のカンパチやサビキ釣りで狙うアジ・サバ・イワシなども、オキアミを好んで食い付いてきます。

ロックフィッシュ全般、カサゴやメバル・アイナメ・アコウ・ソイなども、オキアミを投入すればよく釣れるでしょう。

オキアミを加工したおすすめエサ①マルキュー・ハイパワーアミエビ

オキアミを加工したエサは、幅広く販売されています。

その中からおすすめの人気アイテムをピックアップしてみました。

まずはマルキューからリリースされているハイパワーアミエビです。

これにはアミオキアミエキスが配合されていて、パッケージの一部をカットすれば中身をカンタンに押し出すことができますよ。

カゴに入れてサビキ仕掛けに活用できますし、余ったらしっかり閉じて冷凍庫で保存することも可能です。

ただし臭いがきつめですから、他のものに付かないように密封するようにしましょう。

手が汚れなくて済みます。車の中ににおいが充満しないのが良い。釣果は普通なのでこれからの使います。

出典:amazon

オキアミを加工したおすすめエサ②サットオキアミ

こちらのオキアミは、撒き餌用の配合エサとして活用できるアイテムです。

解凍は不要で常温保存できるのが強みでしょう。

早朝の釣りや冬の釣り、または遠征時の予備のオキアミとしてとても重宝しますよ。

アミノ酸などの有効成分配合ですから、集魚効果が高く広い範囲から魚を引き寄せてくれるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング