魚 写真

カサゴに毒があるって本当なの?釣り場で出会う毒魚にはこんなものが!

FISHING JAPAN 編集部

最近防波堤や波消しブロックなどで、ロックフィッシュの穴釣りが流行っていますよね。

そこでよく釣れるのが、カサゴです。

関西エリアなどでは、ガシラと呼ばれていて、釣り対象魚として人気があります。

でもよく見てください。

頭や背びれ・胸びれ辺りが、やたらと尖っていますよ。

カサゴには毒がある!

カサゴには毒がない!という人もいますが、微量ながら毒はあるようです。

ということは、刺されると敏感に反応してしまう人も出てくるわけで、素手で触れるときは細心の注意が必要ですね。

グローブを装着するか、タオルなどで包み込むかしながら、カサゴに触わるようにしましょう。

さまざまな場所でカンタンに釣れてしまうカサゴ!

カサゴは、さまざまな場所に点在して棲んでいる魚です。

ですから思わぬタイミングで釣れてしまうことがありますよ。

特に根と呼ばれる海草の多いところや、テトラなどの波消しブロックの隙間、波止の壁際などを釣っているときによく食い付いてくるので、じゅうぶん用心してください。

夜釣りで釣れやすいことを覚えておこう!

カサゴは、夜に棲家の穴から出て来て、活発に捕食することがあります。

ということは、夜釣りで釣れる確率が高いことになりますね。

アジングやメバリングの夜釣りをしていて、カサゴが容易に釣れてしまいますから注意しましょう。

カサゴによく似た毒を持った魚①ミノカサゴ

釣りをしている場所で、カサゴの仲間を釣り上げることがあります。

その中にはカサゴより強い毒を持っている魚も。

その一番手として挙げておきたいのが、ミノカサゴです。

名前にカサゴが含まれていますから、単なる同じ種類の魚だろう!とみくびってはいけません。

美しく見えるヒレに毒を持っていますから、絶対に触らないようにしましょう。

カサゴによく似た毒を持った魚②ハオコゼ

次にご紹介するのが、釣り場でよく出会うハオコゼです。

カサゴに似ていますが、少し小さめの体格で、背びれが独特の形をしていますよ。

刺されると麻痺したかのような痛みが走りますから、長引くようなら病院で見てもらわなければいけません。

カサゴによく似た毒を持った魚③オニカサゴ

船釣りでオニカサゴをターゲットにする釣りが、盛んにおこなわれています。

この魚も毒を持っていて、実際に刺されると真っ赤に腫れ上がってしまいますよ。

呼吸困難を引き起こすケースもありますから、魚体に触ってはいけません。

応急処置用の毒を搾り出すキットが市販されていますから、船に乗るときに持ち込むようにしたいですね。

毒がある!という知識を持ってカサゴ釣りを楽しもう!

本来カサゴ釣りは、とても楽しいものです。

毒があるという知識を持っておくだけで、不用意に触れることはしないでしょうし、グローブなどで防備を固めてから釣りを始められるでしょう。

みんなでワイワイ楽しめるカサゴ釣りを、是非実践してくださいね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング