ヒイラギ(魚)の写真

ヒイラギって魚知ってる?防波堤からよく釣れる魚「ヒイラギ」について知ろう!

FISHING JAPAN 編集部

ヒイラギは、防波堤などで釣りをしていると群れになって泳いでいるのをよく見かける魚です。

メッキアジかな?と見間違えることも多い魚ですが、釣り上げてみると形や色は全く異なっています。

この記事では、堤防からよく釣れるヒイラギについて詳しくご紹介します!

ヒイラギは釣り上げたらギーギーと鳴くことがありますが、びっくりしないでくださいね!笑

ヒイラギってどんな魚?

ヒイラギは、日本の本州中部エリアより南側の沿岸に棲息している魚です。

魚の分類は、スズキ目・スズキ亜目・ヒイラギ科・ヒイラギ属に所属していて、英語圏では、Spotnape ponyfishと呼ばれています。

平べったい形状ですから、木の葉によく似ているところから、ヒイラギと命名されたのでしょう。

ヒイラギは堤防からよく釣れる魚なので、堤防でよく釣りをしている方はもう見慣れてしまったかもしれません。

見たことがない方は、こちらの動画で確認してみてくださいね。

ヒイラギ釣りの様子

ヒイラギの棘に要注意!

ヒイラギの体長は、平均して15センチ前後で、クロダイやマダイのように巨大化することはありません。

おとなしい魚で、常に群をなし、表層から中層を漂いながら生活しています。

そして、釣りをする時注意していただきたいのですが、ヒイラギには棘があります!

ヒイラギの背びれは鋭く発達しており、刺さると非常に痛いです。

毒はありませんが、釣り針を外すときなどは刺さらないよう、注意してくださいね。

また、ヒイラギはウロコが無い代わりに、体全体がヌルヌルした粘液で覆われています。

この粘液は独特な匂いがするので、ちょっと苦手な方も多いかもしれません。

クーラーボックスなどに入れておくと、クーラーボックスのそこがヒイラギの粘液でドロドロになってしまうので、持って帰る予定がないのであれば、棘に注意しながら優しく海にリリースしてあげてくださいね。

群れで行動

ヒイラギは、フィッシュイーターや肉食の鳥類などに襲われると、障害物や底の変化に群れで隠れる習性を持っていますよ。

でもそれほど俊敏に泳げるタイプではないので、最終的には食べられてしまうことに。

ちょっとかわいそうで、不憫なお魚かもしれません。

水中でのヒイラギの様子も見てみましょう!

ヒイラギの群れの様子

ヒイラギの釣り方

ヒイラギの釣り方は、専用の仕掛けを用意するなどの準備作業は全く要りません。

サビキ仕掛けでもウキ釣りの1本針仕掛けでも、簡単に釣れてしまいます。

でも守ってほしいことがひとつ。

ヒイラギの口はとても小さくて、伸びると下を向くようになっています。

なので大きなフックでは掛かりようがないのです。

アジ針などの極小フックを用意して狙うようにしましょう。

ヒイラギを食べる際に、他の魚と同様捌かなければなりません。

そのとき注意したいのは、トゲに刺さらないようにすること。

それから骨も太めで鋭いですから、食べるときにそのまま飲み込まないようにしてください。

体表から出る大量の粘液を、しっかり拭き取ってから調理するようにしてくださいね!

今回は、ヒイラギについて詳しくご説明しました。

堤防釣りでよく見かける「ヒイラギ」ですが、魚の生態を理解すると何だか愛着が湧いてくるものです。

アジングなどをしているとまれにゲストとして釣れてしまいますが、雑な扱いをしないで優しくリリースしてあげてくださいね!

それでは、良いフィッシングライフを!

サビキ釣り」カテゴリの人気記事

釣り初心者」カテゴリの人気記事

DAILYランキング