電気ウキ 写真

電気ウキの釣りを楽しもう!どんな電気ウキがおすすめなの?使い方チェック

FISHING JAPAN 編集部

最近では、タチウオの夜釣りが盛んにおこなわれるようになりました。

アジやイサキ・メバルなども夜釣りに人気があり、その際使われるアイテムが、電気ウキです。

電気のチカラで発光し、暗い夜の水面でもウキの位置、すなわち投入した仕掛けの位置をカンタンに確認することができますよ。

この効果を活かせば、タチウオやアジが食い付いた瞬間、そのアタリに合わせてフッキングすることが可能になるわけです。

魚からのアタリを暗い夜でもしっかりとらえられる電気ウキ!

夜釣りそのものを成立させているのが、発光するアイテムだといっても過言ではないでしょう。

その中でも魚からのアタリを視覚でとらえることができるのが、電気ウキです。

単4などの電池が内臓されているぶん自重がありますから、仕掛けを遠投することにも長けています。

色もさまざまな種類が用意されていますから、その色に合わせて集魚効果が見込めます。

また、着水して自立する電気ウキも存在しますよ。

ここでは、おすすめの電気ウキを種類別に詳しくご紹介しましょう。

ボリュームのある飛ばし電気ウキならタチウオの流し釣りにも対応可能!

タチウオ釣りをするときに、仕掛けを潮の流れに乗せて漂わせるケースがあります。

そういう使い方をするのに便利なのが、ボリュームのある飛ばし電気ウキですね。

電気ウキ本体にじゅうぶんな自重があり、そこに仕掛けの重さが加わるので、相当遠くまで投げることができます。

カゴ釣り仕掛けもぶら下げることが可能ですし、本体に蛍光色が塗られて視認性が高くなっています。

太陽光のある日中でも、普通の飛ばしウキとして使用できるでしょう。

幅広い用途のある、この飛ばし電気ウキから始めてみるのもいいかもしれませんね。

夜の投げサビキでアジを釣るのに購入しました。乱視で目が悪い私でも視認性が良く見えやすい発光で助かってます。

出典:amazon

自立電気ウキを遠投してさまざまな魚種を狙おう!

電気ウキの中には、自分の重量で水面に立つことのできる、自立ウキがあります。

ウキを立てるためのオモリをぶら下げなくていいので、仕掛けをシンプルに組むことができますよ。

投入したときに仕掛けが絡まるトラブルを抑えられますし、遠投もしやすいのがメリットです。

電気ウキ本体のボリュームもコンパクトですね。

電池が一つでいいし、それでいて明るくてなかなかいい商品です。

出典:amazon

長時間釣行にも耐えられる中通しウキ!

中通しタイプの電気ウキも存在します。

発色する色を2種類から選べて、釣り場で切り替えできるものがあり、色による集魚効果や視認効果が得られるでしょう。

発光時間が20時間を軽く超えるタイプがありますから、長時間釣行にも耐えられます。

電気ウキとしては、結構明るいと思います。プリズム効果も相まってかなり遠投しても本当に良く見えます。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング