タモ網 写真

タモ網のおすすめ13選!ダイワ・シマノなど釣りで使うタモ網・玉網特集

FISHING JAPAN 編集部

ルアーアングラーの間ではランディングネットと呼ばれているのが、タモもしくはタモ網です。

ちなみに「玉網」と呼ぶこともあり、柄の部分は「玉ノ柄」とも。

ここでは総称して、タモ網と表現するようにしますが、これを携えて釣りをすれば、思わぬ大物が掛かっても慌てずに済むでしょう。

タモ網で釣れた魚を確実にすくってみよう!

タモ網は、釣れた魚をすくうための便利アイテムです。

どんな状況下だと、タモ網が必要になるのでしょうか?

いくつかピックアップしてみましょう。

足場の高いところならタモ網必携!

タモ網が必要なのは、足場の高いところで釣りをしているときです。

例えば、防波堤などでは、水面まで4メートル以上離れているケースがあります。

そんな高さを無理矢理引っ張り上げたら、魚が少し暴れただけでハリスや道糸がプツリと切れてしまうかもしれません。

柄がじゅうぶんに長いタモ網を用意しておいて、水面で魚をすくい上げれば安心ですね。

そのとき注意したいのは、そのまま網部分を持ち上げないこと。

伸ばした柄をそのままの角度で縮めていき、決して柄を曲げずに取り込むようにしてください。

滑りやすい磯場でも重宝するタモ網!

釣り場が波をかぶるような磯場でも、タモ網があれば安心です。

滑らない位置に立って、柄を伸ばして釣れた魚を取り込みましょう。

ギャフの代わりにタモ網でイカをとらえよう!

アオリイカ釣りに行ったとき、引っ掛けるギャフを持参し忘れるときがあります。

そんな場合のフォローに、タモ網を使いたいですよね。

ただし、アオリイカは目が良いので、いきなり面積の大きなタモ網が我が身に近づいてくると大暴れするかもしれません。

アオリイカの視覚の外から、ゆっくりとタモ網を近づけるようにしましょう。

プロックスのおすすめタモ網をチェック!

プロックスのタモ網は、コスパが優秀なことで知られています。

ラバーコーティングが網そのものに施されたものや、枠の大きなもの・小さなもの、長い柄や短い柄など、バリエーションに富んでいますよ。

初めてタモ網を購入するなら、柄など全てセットになったものを選んでみるのもいいかもしれませんね。

色々迷ってこれを購入しました。すべてセットになっているので初めての人にもおすすめです。

出典:amazon

ダイワなら数多くのタモ網から選べる!

ダイワのタモ網は大人気で、ジャケットやスーツに合わせて購入する人が多いですね。

アイテム数も豊富で、さまざまなサイズや長さから選べるのは大きなメリットでしょう。

耐久性も備わっていますから、安心して使ってみてください。

カーボン含有率は高くないが、その割にはシャキッとしている。コスパはかなり良い!

出典:amazon

シマノのこだわりのタモ網アイテムはこちら!

シマノのタモ網も使ってみましょう。

交換用の網や、柄部分も数多くのアイテムの中から選ぶことができますよ。

軽くて収納しやすいので、持ち運びに便利なのが特徴です。

振出のスムーズさに驚きました。低いテトラなど角度の少ない釣り場では振出がスムーズなのはありがたいです。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング