ルアーで釣り上げられたシーバスの写真

【2019年】釣れるシーバスロッドBEST5!最初の1本を選ぶときの疑問を解決しよう!

FISHING JAPAN 編集部

シーバスロッドは、非常に汎用性が高くてバランスの良い優れたロッドが多く発売されています。

「シーバス」ロッドと銘打っているだけあって、ターゲットはシーバスだけだと思われがちですが、シーバスロッドは、海釣りを始めたい・サビキなどのエサ釣りもしたいけれど、ルアーを使ったゲームフィッシングもやってみたい、そんな初心者のニーズにピッタリあっているロッドなんですよ。

今回は、シーバスロッドの選び方やその特徴、疑問点を解決しながらシーバスゲームにオススメのロッドを紹介していきます。

ロッド選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

シーバスロッドのギモン

Q&Aをイメージした写真

pixta

シーバスロッドがほしいと思った時、いろいろ疑問が浮かんでくると思います。

たとえば・・・

・シーバスロッドって、シーバスしか釣れないの?

・エギングロッドでもシーバスロッドのかわりになる?

・どんなリールを合わせるのが最適?

そんな疑問をここでスッキリ解決していきましょう!

シーバスしか釣れないの?

シーバスの写真

pixta

シーバスロッドと銘打っているので、不安になる方も多いかもしれませんが、シーバスロッドはバランスの取れた汎用性の高いロッドです。

バランスの良いロッドなので、シーバスロッドがあれば、サビキもちょい投げも、胴突き仕掛けも、ジギングも、様々な釣りを楽しむことが出来ます。

サビキでは、イワシやアジ、投げ釣りではキス、胴突き仕掛けではカサゴやメバルなどが釣れるので、決して「シーバスし釣れないロッド」というわけではありません。

エサでも、ルアーでもOKのライトなソルト用のロッドだと考えるとちょうどいいかもしれません。

シーバスロッドは、しなやかさや長さ、ロッド選びの要素において非常にノーマルな、メジャーな仕様のものが多いので、海釣りを始める最初の1本として選ぶのにもオススメです。

シーバスロッドはエギングも可能

エギングで釣れたアオリイカの写真

pixta

エギング用のロッドとシーバスロッドを比べると、硬さや長さが少し違います。

エギングのほうが短くて硬め、シーバスロッドは長めで柔らかめを使うことが多いです。

エギングはジャークする釣り方なので、やわらかすぎるシーバスロッドだと、少しやりにくいかもしれませんが、絶対にできないということはありません。

シーバスもエギングも兼用のロッドを使っているアングラーも沢山いるので、エギングに興味がある方も安心してくださいね。

エギングを絶対やりたいと思っているなら、シーバスロッドの中でも少し固めのロッドを選ぶのもいいですね。

リールは2500番代を合わせよう!

シーバスロッドに合わせるリールは、2500番台~3000番台のスピニングリールが使いやすいので、オススメです。

また、シーバスゲームにレバーブレーキのついたリールを使用するのが、今の流行り!

レバーブレーキ付きのリールは、従来のドラグのついた構造とは異なり釣り人自身がレバーを使ってブレーキの操作を行うため、すこし練習が必要で、ソルト用の一本目のシーバスロッドに合わせるには、少しハードルが高めのリールです。

レバーブレーキリールについては、こちらの記事を読んでみてくださいね。

シーバスロッドの選び方

ここではシーバスロッドを選び方をご紹介していきましょう!

ポイントは、「長さ」「硬さ」「使うライン」、この3つです。

シーバスロッドの最初の一本として選ぶときに失敗しないよう、参考にしてみてくださいね。

長さは短めが初心者の方にはオススメ

釣りをしている男性の写真

pixta

シーバスロッドの長さは、釣りに行きたいフィールドによって変える必要がありますが、8.6ft(約2.5メートル)~9.6ft(約2.9メートル)程度のものが扱いやすいので、初心者の方にはおすすめです。

サーフでシーバスを釣りたい場合は、9.6ftでも短いこともありますが、都会にほど近い河口や、湾奥、運河などで釣りをしたい場合は8.6ftでも長いかもしれません。

ロッドの長さはキャストの距離に直結しますが、ながければその分扱いづらくなり、小規模の釣り場には不向きになります。

そこで汎用性の高く、多くのフィールドで使い勝手のよい長さが8.6ft(約2.5メートル)~9.6ft(約2.9メートル)程度なので、1本持っていると便利です。

この長さは、エギングやチョイ投げ釣りにも使いやすい長さです。

硬さはアタリのわかりやすい柔らかめ

釣りをする男性の手元の写真。

pixta

シーバスロッドの硬さは、柔らかめで、いろいろな種類のルアーを投げることができるML(少し柔らかめ)~M(ノーマルな硬さ)がおすすめです。

柔らかめを使うメリットは、アタリがわかりやすくバレにくい点にあります。

シーバスは思っている以上に繊細で、バレやすい魚ですので、ティップの柔らかさやロッドのためで口切れなどをカバーして釣り上げることが重要になってくるので、最初の一本としては柔らかめのロッドを選ぶのがおすすめです。

また、使いたいルアーによってもロッドの硬さで向き不向きがあり、ワームなど比較的軽いルアーを使いたい場合は柔らかいものを、ミノーなどのハードルアーを使いたい場合は、少し固めが扱いやすいです。

PEラインに適したKガイドを選ぼう

シーバスで使用するラインは、PEラインが最近の主流です。

PEラインは引っ張る力には非常に強度のあるラインですが、スレや摩擦に比較的弱いので、PEラインに対応しているガイドの付いたロッドを選ぶのがおすすめです。

ラインが出ていくときに、多く発生するトラブルとしてラインのガイド絡みがありますが、Kガイドは細くて軽いPEラインが風でなびいて絡まるのを防ぐぎます。

初心者の方は絡まったラインを解くのも一苦労、そんなトラブルは起こる前に防ぐのが鉄則。

Kガイドの絡まない構造は動画で確認するとわかりやすいので、皆さん納得できると思います。

おすすめのシーバスロッド【厳選5】

選び方をご説明した上で、ここではFISHINGJAPAN編集部が今イチオシのロッドをご紹介します。

汎用性のあるはじめの一本に相応しいモデルを5本、ピックアップしていますので、参考にしてみてください。

ダイワ リバティクラブシーバス96M

リバティクラブシーバスは、ソルトルアーの入門釣種に最適なモデルです。

長さ、硬さの展開も豊富なので、釣りたいフィールドに合わせて選べるのも高ポイント。

中でも、86ML・90ML・96ML・96Mは、シーバス狙いに最適なモデルで、86MLは湾奥や運河で、96MLなどはサーフで使いやすいオールラウンドなシーバスロッドです。

シーバス、ヒラメのメインロッドとして使ってます
ルアーは良いところ10-35gまでですかね。
シーバスロッドにしては強いロッドで、どちらかと言うとライトショアジグよりかもしれません。
しかし、18g程度のミノー等も難なく使いこなせます。50以下のスズキ程度では面白くありませんが、シーバスメインの人達がいる釣り場では飛距離で圧倒しブレイク、潮目狙いで釣果をあげる事も出来ましたし、堤防側30cmにフルキャストで投げれる操作性も兼ね備えた万能的なロッドです。やや重いですが、コスパは非常に良いと思います。

出典:Amazon

シマノ ルアーマチックS90ML

コスパ重視でもデザインにもこだわりたい方にオススメがシマノのルアーマチックS90ML。

シーバス、エギング、タチウオ、トラウトなど幅広いルアーゲームに対応するオールラウンダーな1本です。

サーフでのシーバスゲームを考えた、飛距離重視の釣りに最適。

重いロッドですが、30gくらいのルアーなら全く問題なく投げられます。
使った初日にシーバスが釣れたので、このロッドは最高です。
シマノのルアーロッドでは最安値ですが、他のメーカーでは無い、ロッド表面に加工がされており、強度と質感を高めています。
ルアーマチックのロゴ周辺のグリーンのラメがキラキラしており、時々、癒されるキレイさです。
シマノさん、一生ついていきます。
素晴らしいロッドです。

出典:Amazon

テイルウォーク ソルティシェイプダッシュシーバスゲーム90ML

ショアシーバスモデルの90MLは、汎用性の高い使い心地が魅力のロッドなので、最初の1本に最適です。

富士工業のKガイドが採用されているので、PEラインが絡まる心配が少なく、シンペンや軽量ミノーを投げるのにも適しているので、幅広い釣りが楽しめます。

87ML、90M、96Mもシーバスゲームの入門にオススメのモデルで、86MHは、すこし硬めのブランクスが特徴のモデル。

重めのジグヘッドを付けて投げたい場合や、タチウオのワインド釣法に挑戦したい場合は、86MHを選んでみてもいいですね。

初めて使うメーカでしたが、腰があって、魚の引きにも対応できました
軽くて最高です。

出典:Amazon

シマノ ディアルーナS90ML

軽量で扱いやすいシマノのディアルーナは、ハリがあってやわらかすぎない使いやすいブランクスが魅力です。

ルアーを投げるために作られたロッドだけあって、ルアーの投げやすさや動かしやすさはピカイチです。

軽いリールを付けて、身軽にライトショアゲームを楽しむのに最適です。

dayシーバス、スーパーライトショアジギング10g~30gメタルジグ(20gがメイン)シャクってます。幅広いジグ快適に投げれます。張りがあり固すぎず柔らかすぎない。めちゃめちゃ使いやすいです。DAIWAさんの同じランクの竿持ってますがルアー快適に投げれるサイズ幅は圧倒的にこっちです。最高!

出典:Amazon

メジャークラフト NewソルパラシーバスSPX-902ML

ベイエリアから河口部にまで幅広い対応力が魅力のオールラウンダーなソルパラSPX-902MLは、初めての1本としてもオススメのモデルです。

長さは9ftで、ブランクスは柔らかめ、感度の高いカーボン素材、持ちやすいグリップ形状、糸絡みがしにくいガイドなどを採用。

ミノープラグからメタルバイブまで様々なルアーを投げることが出来ます。

ちょっと自分の想像より、柔らかいロッドでした。
ライトタックル的で面白かったです。
ライトジギングとか使えます。
軽いルアーでもしなるので良く飛びます。

出典:Amazon

シーバスゲームを楽しもう!

ルアーで釣り上げられたシーバスの写真

pixta

シーバスロッドは汎用性が高く、他の釣りにも使えることが多いので、お気に入りの1本が見つかれば、釣りはもっと楽しくなるはず!

皆さんのフィールドやニーズにピッタリ合ったシーバスロッドをぜひ探してみてくださいね。

シーバスの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング