シーバスのムニエルの写真

シーバスはどうやって料理する?シーバスのおろし方や3種類のオススメレシピを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

シーバスが釣れた時、リリースしていませんか?

釣れたシーバスが元気な場合はリリースするのもいいですが、実は食べても美味しい魚なんです。

ここではシーバスの締め方やおろし方、調理方法をご紹介いたします!

シーバスの料理って?

シーバスは、春のマダイ、冬のヒラメと並んで称される、代表的な白身魚です。

旬は梅雨時から夏にかけてですが、産卵をひかえて深場に落ちた腹太と呼ばれる寒のスズキも捨てがたい味です。

ただ、臭いがうつりやすい魚で、生息場所によってはひどい臭いがするものがあります。

そのため産地をよく確かめてから手に入れた方がいいですね。

さて、シーバスといえば「洗い」が有名ですよね。

これは白身魚の中でも特にアデノシン三リン酸という物質が多く含まれていて、身を引き締める作用があるので洗いにされるのです。

シーバスの料理方法は洗い以外にもたくさんありますよ!

シーバスの締め方とおろし方

シーバスの料理方法は、洗いの他に塩焼き、ムニエル、幽庵焼き、味噌漬け、潮汁などが代表的です。

島根県の宍道湖(しんじこ)周辺では、奉書焼きと呼ばれる料理が有名で、郷土料理にもなっているそうです。

シーバスのおろし方は、出刃包丁を使って綺麗にウロコを落とし水洗いしたら、胸ビレの後ろから内臓を傷つけないように包丁を入れ背骨まで切ります。

次に魚をひっくり返して同じように胸ビレの後ろから包丁を入れ、背骨まで切り進んだら、背骨の関節を探り力を入れて背骨を切断します。

あとは腹から包丁を入れ肛門まで切り進んだら、頭を持って内臓と一緒に取り出します。

そして、ふきんで血合いや内臓の残りを綺麗に拭き取り、三枚おろしにします。

続いて代表的な料理を3種類レシピとともに紹介していきましょう!

シーバスの洗い

三枚のおろした身は、腹骨をすき取り皮を引いてからさく取りします。

あとは身を薄くそぎ造りし、冷水の中ですすぎます。

身が半透明に白くなれば、取りだして乾いたふきんで水気を取り、盛りつければ完成です。

後は酢味噌、もしくはわさび醤油でいただくのがオススメです。

シーバスのムニエル

適当な大きさに切った身は、キッチンペーパーで水気を取り、塩コショウしてから小麦粉をまぶしておきます。

フライパンにバターを落とし、バターが溶けてから切り身を入れて両面をしっかり焼き上げます。

身にしっかり火が通ったら皿に移し、再びフライパンにバターを落として、溶けたところでレモン汁を入れてレモンソースを作ります。

仕上げにレモンソースを振りかけたら完成です。

シーバスの味噌漬け

切り身に軽く塩をして、20分ほど寝かせておきます。

寝かせ終わったらキッチンペーパーで水気を取り、白みそとミリン、日本酒を混ぜ合わせた味噌床の中に身を並べて、身の上にも味噌を重ねておきます。

あとは冷蔵庫の中で2~3日寝かせ、食べるときに取りだしてよく味噌を拭い焼き上げたら完成です。

釣り人の皆さんも、ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

シーバス関連記事

シーバス」カテゴリの人気記事

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング