シーバスと食材の写真

シーバスはどうやって料理する?シーバスのおろし方や3種類のオススメレシピを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーフィッシングに人気のターゲット、シーバス。

みなさんはシーバスが釣れた時、リリースしていませんか?

釣り自体を楽しむものだからと持ち帰るアングラーは少ないようですが、実はシーバスは非常に美味しく食べられる魚です。

今回はそんなシーバスの締め方やおろし方、おすすめ料理をご紹介します!

シーバスとは?

シーバスとはスズキの通称で、一般的にルアーフィッシングで用いられる呼び名です。

北海道から九州まで広く分布し、釣り人の間では強い引きとゲーム性の高さから人気のターゲットです。

日本近海で釣れるシーバスにはマルスズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキの3種類がおり、それぞれに特徴があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

シーバスは美味しいの?

シーバスは春のマダイ、冬のヒラメと並んで称される、夏を代表する白身魚です。

梅雨時から夏にかけて旬を迎えるシーバスですが、産卵をひかえて深場に落ちた「腹太」と呼ばれる寒のスズキも捨てがたい味です。

ただ、生息場所によっては臭みが強い魚なので注意しましょう。

基本的に海で釣れたシーバスは食べることができますが、川や湾奥に生息するシーバスは泥臭さが気になるので食用には向きません。

食べられるシーバスに関してはその味わいは絶品で、旬の時期や腹太は特に脂がのっています。

透明感のある白身はクセが少なく、火を通しても身が硬くならないので、様々な味付けや調理法で楽しめます。

釣れたシーバスは正しく締めて血抜きしよう!

シーバスを美味しく食べるためには、きちんと下処理することが大切です。

シーバスに限らず魚はどれも、釣ったその場で締めたり血抜きをしたりして鮮度を保ちます。

締め方のポイントとしては、躊躇せずにハサミやナイフで脳天を狙うことです。

もたつくと魚が暴れて身に乳酸が溜まり、味が落ちてしまうため、手際よく締めるようにしましょう。

また、シーバスを締めたあとは忘れずに血抜きもおこないます。

エラと尻尾を切り、海中で魚体を振る、もしくはホースで水を通すと綺麗に血抜きできます。

最後に尻尾から頭に向かってワイヤーを通し、大動脈の上にある穴に差し込めば神経締めも完了です。

少しの手間で何倍にも美味しくシーバスを食べられるので、下処理はしっかりおこないましょう。

より詳しい魚の締め方と血抜きの方法はこちらの記事をチェック!

シーバスのさばき方

締めて血抜きできたら、美味しくいただくために綺麗にさばいていきましょう。

まずウロコ取りを使って綺麗にウロコを落とし、水洗いしたら胸ビレの後ろから内臓を傷つけないように包丁を入れ、背骨まで切ります。

次に魚体をひっくり返して同じように胸ビレの後ろから包丁を入れ、関節を探り力を入れて背骨を切断し、頭も切り落とします。

あとは腹に包丁を入れ、内臓を取り除いたら血合いを綺麗に洗い流し、三枚におろせば完成です。

詳しいさばき方については、下の動画を参考にしてくださいね!

登録者数479万人の人気YouTubeチャンネル『きまぐれクックKimagure Cook』では、シーバスのさばき方を詳しく解説しています。

下処理から順を追って丁寧に説明されているため、初心者の方でも簡単に真似ることができます。

動画の後半ではシーバスの美味しい食べ方についても紹介されているので、ぜひこの動画を参考に作ってみましょう!

シーバスをさばくときに使いたいおすすめの調理器具はこちら!

和平フレイズ 調理器具 魚 うろこ取り 味道 真鍮 日本製 AD-235

和平フレイズ 調理器具 魚 うろこ取り 味道 真鍮 日本製 AD-235

最安値価格
¥935(amazon)

Amazonへ ¥935

Yahoo!へ 取扱なし

貝印 KAI 出刃包丁 関孫六 金寿 ステンレス 150mm 日本製 AK1101

貝印 KAI 出刃包丁 関孫六 金寿 ステンレス 150mm 日本製 AK1101

最安値価格
¥3,500(amazon)

Amazonへ ¥3,500

Yahoo!へ 取扱なし

シーバスのおすすめ料理3選

シーバスをさばいたら、早速料理を作っていきましょう。

代表的なシーバス料理には、洗いや塩焼き、ムニエル、幽庵焼き、フライ、潮汁などがあります。

島根県の宍道湖(しんじこ)周辺では、奉書焼き(=和紙の一種にシーバスを包んで蒸し焼きにする料理)が有名で、郷土料理にもなっているそうです。

今回は数多くあるシーバス料理の中から、簡単にできる特におすすめの料理を3種類ご紹介します。

どれも簡単に美味しくできる料理ばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

シーバスの洗い

シーバスの身そのものの味を堪能したい方には、洗いがおすすめです。

他の白身魚と比べ、シーバスには身を引き締める作用のあるアデノシン三リン酸という物質が特に多く含まれており、その歯ごたえを楽しめるのも洗いならではです。

三枚におろした身は、腹骨をすいて皮を引いてからさく取りします。

あとは身を薄くそぎ造りし、冷水の中ですすぎます。

身が半透明の白っぽい色になったら取り出し、乾いたふきんで水気を取って、盛りつければ完成です。

シーバスの洗いは酢味噌、もしくはわさび醤油でいただくのがおすすめです。

シーバスのムニエル

シーバスの身を適当な大きさに切り、キッチンペーパーで水気を取ったら、塩コショウして小麦粉をまぶしておきます。

フライパンにバターを落とし、バターが溶けてから切り身を入れて両面をしっかり焼き上げます。

身にしっかり火が通ったら皿に移し、再びフライパンにバターを落として、溶けたところでレモン汁を入れてレモンソースを作ります。

仕上げにレモンソースをかけたら完成です。

クセがなく淡白な味わいが特徴的な白身には、濃いめの味付けがよく合います。

シーバスの味噌漬け

シーバス切り身に軽く塩をして、20分ほど寝かせておきます。

寝かせ終わったらキッチンペーパーで水気を取り、白みそとみりん、日本酒を混ぜ合わせた味噌床の中に身を並べて、身の上にも味噌を重ねます。

さらに冷蔵庫の中で2~3日寝かせ、食べるときに取り出してよく味噌を拭い、焼き上げたら完成です。

シーバスの身に味噌の旨味が染み込み、お酒にもご飯にも合う一品です。

しっかり下処理してシーバスを美味しく食べよう!

今回はシーバスの締め方やさばき方、おすすめ料理についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分で釣り上げたシーバスは何倍にも美味しく感じられるので、今までリリースしていた方もぜひ一度家に持ち帰って料理に挑戦してみましょう。

釣れたシーバスは正しく締めて血抜きをすることで鮮度が保たれ、その味を堪能することができます。

きちんとさばいて美味しく調理すれば、あなたもきっとシーバス料理にハマってしまうこと間違いなしです!

シーバス釣りに必要なタックルはこれを読んで揃えよう!

この記事に関するよくある質問

シーバスは美味しいの?

梅雨時から夏にかけて旬を迎えるシーバスですが、産卵をひかえて深場に落ちた「腹太」と呼ばれる寒のスズキも捨てがたい味です。基本的に海で釣れたシーバスは食べることができますが、川や湾奥に生息するシーバスは泥臭さが気になるので食用には向きません。食べられるシーバスに関してはその味わいは絶品で、旬の時期や腹太は特に脂がのっています。透明感のある白身はクセが少なく、火を通しても身が硬くならないので、様々な味付けや調理法で楽しめます。

シーバスを美味しく食べるためには?

シーバスを美味しく食べるためには、きちんと下処理することが大切です。まずはハサミやナイフで締め、そのあと血抜きをおこないます。最後に神経締めすることでしっかり鮮度を保つことができます。シーバスをさばくときはウロコや内蔵を丁寧に取り除き、綺麗におろすと見た目も美しくなります。

シーバス」カテゴリの人気記事

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング