バラムツのアップ写真

バラムツは食べていいの?食品衛生法で販売禁止の深海魚を詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

バラムツって名前の魚をご存知ですか?

海中の深い層に生息していて、その水深は100メートルよりもっと下。

水深400メートルから800メートルの辺りで泳いでいるとされています。

夜になると浅い層に浮いてきて捕食活動をおこなう習性を持っていて、ときどきアングラーが投入した仕掛けに食い付いてきます。

その巨体を釣り上げるまではいいものの、刺身にして食べようものなら・・。

バラムツとは

バラムツとは、水深100メートルより下の中~深海エリアに棲んでいる魚です。

名前からするとムツの仲間のように聞こえますが、スズキ目クロタチカマス科に属する魚ですね。

深海魚釣りをしていると、投入した仕掛けに掛かってくることがありますが、体長は軽く1メートルを超えるものもいますから、カンタンには取り込めません。

長い時間をかけてなんとか船上に引き上げたものの、刺身などで食べると、とても危険な魚なのです。

バラムツは食品衛生法で販売禁止指定になっている魚

バラムツは、食品衛生法で販売禁止に指定されている魚です。

その理由は、バラムツの体を構成している油脂成分にあります。

この油は、人体で消化することができず、そのままお尻から排出されてしまうのです。

排便している感覚がない状態で、勝手に油のほうから出てくる感じでしょうか。

当然体調を壊すことにつながりますから、バラムツを生の状態、例えば刺身などで口に運ぶのは止めたほうがいいでしょう。

大型のバラムツを船上から釣り上げている動画はこちら

バラムツを狙って釣る人も

それでも釣り人の中には、バラムツを狙って釣る猛者がいるようですね。

アップされている動画をチェックしていくと、バラムツを釣り上げているシーンがたくさん発見できますよ。

巨大な体長によって取り込みの大変な様子が、しっかりと映し出されています。

バラムツを捌いている動画を発見

釣り上げたバラムツを捌いている動画も存在します。

通常の魚とは異なる様子や、近寄ってきた鳥でさえ口に入れようとしない様子が記録されていますね。

油脂成分が多過ぎる(強過ぎる?)ので、鳥も受け付けないのでしょうか。

釣り上げたバラムツを解体している動画はこちら

バラムツを調理して食べるチャレンジャーも!

バラムツを釣った後、調理して食べようとしている動画も見つけました。

これはかなり危険ですが、バラムツを食べたらどうなるか分かってやっていることですから、自己責任ということになるのでしょうか。

刺身以外なら、油脂成分を飛ばして食べることができるのかもしれませんね。

バラムツの焼き魚にチャレンジしている動画はこちら

バラムツに似た魚に、アブラソコムツがいますよ。

この魚もジギングなどで釣れてしまうケースがあり、食べるとバラムツと同じような事態が・・。

シロウトが調理すると体調を壊すのは間違いなさそうですから、危険なマネは控えるようにしましょう。

それでも何とか食べてみたい!という人のために、バラムツの調理方法をピックアップしてみました。

バラムツを調理してみよう!

まずはバラムツをさばくところから。

魚さばきといえば、このユーチューバーさんを置いて他にはいませんよね。

バラムツに関しても他の魚のときと同様、サクサクとおろしていく様子は、心地良いのひと言です。

以前NHKの夕方のニュース番組で、彼の特集をしていました。

漁師町で生まれ育った彼は、幼いころから魚に囲まれた生活で、漁師さんからもらった魚をさばくことを自然と覚えたそうですよ。

料理人ではないところが、見る者を惹き付ける魅力になっているのかもしれませんね。

バラムツをまな板の上でさばいている動画はこちら

確かに素晴らしい包丁さばきです、惚れ惚れしますね。

バラムツの身には油脂成分がたっぷり回っていますから、外皮を剥がす際に包丁を入れても、スムーズに刃が間を走っていきます。

ただし、表面のウロコには要注意。

まるでイバラのトゲのように鋭利で硬いですから、まるで大根おろしのように軟らかいものなら粉々にできてしまいます。

動画では、そのウロコの上にキュウリを当ててすりおろしにしていますよ。

こういう分かりやすいデモンストレーションのおかげで、バラムツの特徴がしっかり理解できるのは嬉しいですね。

さばいて冷蔵庫で寝かせたバラムツを刺身・炙り・しゃぷしゃぶに料理していく動画はこちら

引き続きバラムツ調理動画の続編を見てみましょう。

サムネにインパクトがあり過ぎで、とても調理動画とは思えませんが、バラムツの危険度がきっちり伝わってくるので良しとしましょう。

おろしたバラムツの身を冷蔵庫で寝かせてから、刺身・しゃぶしゃぶ・炙りにトライしていますよ。

どの食べ方も釣った魚の調理方法としてはポピュラーといえそうですが、今回の相手はバラムツですから、いったいどんな展開になるのでしょうか。

包丁の滑りはスムーズ、見た目も素晴らしい白身。

確かにサワラをさばいたときと、よく似た身の色・形をしています。

そっち系の魚が進化したものなのか、もしかするとこちらがご先祖さまなのか。

どちらにしても、美味しそうな切り身・焼き具合にしか見えません。

これで膨らんだ食欲に負けてしまうと、悲劇が待ち受けていることに・・。

実際に調理したユーチューバーさんが、試食もおこなっています。

バラムツ美味しい!と絶賛する人々が多い中、彼の感想はひと味違っているのが印象的です。

食べてみて美味しいのは間違いないけれど、それは口の中に脂が広がるインパクトに押されているだけかも!と発言していますよ。

ブリなどの青物にも脂が乗ったものがありますが、あれが美味しいと感じるのは、ブリ本来の旨みに脂が交わるから引き立つものだと。

なるほど、魚の脂の乗りをどうとらえるかで意見は変わってくるでしょうが、このユーチューバーさんのバラムツ評価は、マトを得ているといえるでしょう。

刺身以外に食べた炙りもしゃぶしゃぶも、他の脂の乗った魚と比較するとさほどでもない!との結論。

これは大いに参考になりそうです。

バラムツを刺身とソテーにして食べている人も!

バラムツの他の調理方法を動画にアップしているケースは、あまり見られません。

切り身をソテーにして食べている人がいましたので、ご紹介しましょう。

恐々バラムツの切り身を口にするのは皆さん共通で、ちょっと痛々しい感じがしますが、さすがはユーチューバー、チャレンジ精神が不屈です。

釣り上げたバラムツの切り身を刺身と火を加えたソテーにして食べている動画はこちら

いやはや、あまり無理をしないほうがいいでしょう。

実際に脂が多くて食べると危険な魚を求めて、紀伊半島・椿温泉の南のほうにある漁港に出向いたことがあります。

現地の漁師さんやガイドさんは、その魚のことを“ヨロ”と呼んでいましたから、バラムツと同一の魚種ではないでしょう。

深海を狙う際の道糸をカンタンに切断してしまうことから、あまり釣り人には喜ばれていない魚でした。

「えっ、ヨロを持って帰るの?」と驚いた顔を漁師さんにされましたが、何事も経験です。

漁師さんは定期的に食べるそうで、美味しいのは間違いなさそうですね。

その調理方法を知りたくて、何人かつかまえては尋ねたのですが、明確に教えてくれません。

もしかすると、こちらの身体を気遣ってくれているのでしょうか。

バラムツは、海外なら普通に魚屋さんやマーケットで手に入るほど流通しているとのこと。

安価ではありませんから、高級魚と同様の扱いを受けていて、しっかり火を入れて調理する方法が採られているようです。

バラムツを食べる際は自己責任で!

バラムツの生態や食べ方に関連する話題を特集しましたが、いかがでしたか?

バラムツの引きは強烈ですから、それを楽しんでいるアングラーは結構いますし、ガイド船も用意されています。

ただし、釣れたバラムツは基本リリースするとのこと。

体内に他の魚が持っているような浮き袋がないので、強い水圧下の深海でも浮力を損なわずに生息できるようですね。

代わりに油脂成分が浮力を発生させているのだとしたら、極めて理にかなった構造をしている魚だといえるでしょう。

もし深海ジギングなどで釣れてしまったら、写真撮影を済ませてから丁重に海へ返してあげるのがベターかもしれません。

「いや、ボクは持ち帰って食べるんだ!」と発言するのは自由ですし、実際に食べるのも自己責任ですからかまいませんが、食べてこん睡状態に陥った症例も報告されていますから、じゅうぶんに注意して扱わなければならないことを認識してください。

釣り方」カテゴリの人気記事

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング