ダツの写真

ダツは超危険!釣り人やダイバーに刺さる事故が起こりやすいサヨリに似た魚

FISHING JAPAN 編集部

この写真の魚の名前を知っていますか?

サヨリだと思った方が多いのではないかと思いますが、この魚はダツと言います。

鋭く尖ったくちばしのような口が特徴のこの魚は、非常に危険な魚として知られており、漁師の方の中にはサメ以上に恐ろしい存在だと話す人もいるほどです。

なぜダツはこんなにも恐れられているのでしょうか?

この記事ではダツの特徴やサヨリとの見分け方、危険だと言われている理由、釣り方、さらにはあまり知られていない調理方法まで、余すことなくお伝えしていきます。

ダツはどんな魚?

ダツは、細長いフォルムが特徴の、ダツ目に属する魚です。

ダツ目の魚といえば、サンマが有名です。

ダツは長いくちばしに似た口で、その内側はノコギリ状の歯に覆われています。

熱帯や亜熱帯の海に棲んでいて、日本には4属8種類のダツがいるといわれています。

比較的浅いエリアで見ることができ、表層付近を泳いでいるケースが多いです。

釣れるときも、ほとんどが表層でバイトを受けています。

産卵期になると産卵期を迎えたダツは藻の生えている場所に集まり、卵を産み付けます。

ショアジギングの外道として有名なダツ

ダツは、かなりの数で群れて泳いでいる魚で、日本各地に生息するため、釣りをしていると結構ひんぱんに食い付いてきます。

よし!今度こそハマチか?カンパチか?と期待して巻き上げ、ラインの先にダツの姿が見えたときのガッカリ感は相当なもので、そう何度も味わいたいものではありません。

できれば避けたい魚ですが、食い付いてくるものから逃げるのは難しいでしょう。

ダツが釣れたらフックを外す際、鋭い歯がとても危険ですから、注意深く作業しなければならないのも、なんともツライものです。

ダツとサヨリの見分け方

ダツとよく似ている魚に、サヨリがいます。

どちらも細長くて口が尖っており、表層を好んで泳いでいますから、なかなか見分けが付きませんよね。

特に幼魚のときはそっくりで、いったいどちらが釣れたのか判別しにくいでしょう。

ダツとサヨリの見分け方は、アゴに注目することです。

ダツの場合は、上下のアゴどちらも同じ長さに成長しますよ。

それに比べてサヨリの場合は、下アゴのほうが前方へ突き出す形になります。

またサヨリにはギザギザした歯が見られませんが、ダツには歯がズラリと並んでいます。

釣り上げたらこの歯で指や手にケガを負わないようにしましょう。

こちらはダツです。上下のアゴの長さが同じです。

出典:PIXTA

サヨリはこちらです。下アゴだけが大きく伸びているのが分かりますね。

出典:PIXTA

ダツのとても危険な習性

ダツの習性について、他の魚ではあまり類を見ないものを紹介します。

泳いでいるダツは、光るものに反応するといわれています。

エサにしている小魚の体側やウロコの反射に反応する習性が原因であると考えられていますが、まるでアクセルを踏んだかのごとく猛スピードで突進してくるケースがあります。

そのスピードの勢いは、水面を突き破ってジャンプしてしまうほど。

もしダイビング中の人が、頭や胸に小型ライトを付けて点灯させていたら・・・。

それが原因で実際に人に突き刺さったダツがいますし、死亡に至った事故も過去に発生しているとのこと。

これは大変な問題で、ダツのいる水域ではじゅうぶんに注意して行動しなければならないことになります。

漁師の方の間ではサメよりも危険な魚と捉えられているようです。

脅威!猛スピードでジャンプするダツの動画

こちらの動画の29秒あたりからダツの群れが猛スピードでジャンプしている様子が見られます。

海面から急に現れるダツに、投稿者の方はさぞびっくりされたことでしょう。

この勢いを見ると、ダツの危険性がリアルに感じられますね・・・。

見てるだけでも怖い!ダツの事故をマンガにした動画

登録者124万人の「ヒューマンバグ大学_闇の漫画」ではダツの事故を紹介した動画が掲載されています。

硬貨のペンダントを身に着けた男性の首をめがけてダツが飛び込んできて・・・という、ショッキングな内容です。

動画の中で登場する医師は「ダツはするどい口で突き刺すだけでなく、回転して傷口を抉る」「突き刺さったダツを抜くためには特殊な器具が必要」と説明しています。

また、無理に刺さったダツを抜こうとして出血多量で死亡するケースもあるようです。

ダツの釣り方

このように危険がいっぱいのダツですが、ダツの釣り方自体はさほど難しいものではありません。

前述の通り、メタルジグをラインに結んだ、ショアジギングタックルを用意して、遠投+リトリーブを繰り返していると簡単に釣れます。

防波堤などの足場の良いところから沖に向けてキャストし、表層をリトリーブしてみてください。

そういう意味では、メタルジグからフローティングタイプのミノーやポッパーにルアーを切り換えてもよく釣れるかもしれませんね。

ダツの危険に十分注意した上でチャレンジしてください。

※紹介している商品は全て釣りのプロフェッショナルが豊富な知識と経験をもとに厳選したアイテムです。

メジャークラフト 釣り竿 ショアジギングロッド スピニング 3代目 クロステージ CRX-1002LSJ 10.0フィート

メジャークラフト 釣り竿 ショアジギングロッド スピニング 3代目 クロステージ CRX-1002LSJ 10.0フィート

最安値価格
¥12,249(Yahoo!)

Amazonへ ¥12,700

楽天市場へ ¥12,760

Yahoo!へ ¥12,249

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

最安値価格
¥5,161(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,500

楽天市場へ ¥20,636

Yahoo!へ ¥5,161

メジャークラフト メタルジグ ジグパラ ライブベイトカラー JPS-30L #84 30g

メジャークラフト メタルジグ ジグパラ ライブベイトカラー JPS-30L #84 30g

最安値価格
¥561(Yahoo!)

Amazonへ ¥726

楽天市場へ ¥578

Yahoo!へ ¥561

シマノ(SHIMANO) ルアー コルトスナイパー ロックドリフト 100F AR-C OM-110Q 011 キョウリンコノシロ

シマノ(SHIMANO) ルアー コルトスナイパー ロックドリフト 100F AR-C OM-110Q 011 キョウリンコノシロ

最安値価格
¥1,688(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,705

楽天市場へ ¥1,836

Yahoo!へ ¥1,688

YO-ZURI(ヨーヅリ) ルアー ポッパー 3D インショア ポッパー (F) 70mm HGM 重量:8.5g R1210-HGM-グリーンマッカレル(GREEN MACKEREL) シーバス

YO-ZURI(ヨーヅリ) ルアー ポッパー 3D インショア ポッパー (F) 70mm HGM 重量:8.5g R1210-HGM-グリーンマッカレル(GREEN MACKEREL) シーバス

最安値価格
¥626(楽天市場)

Amazonへ ¥1,100

楽天市場へ ¥626

Yahoo!へ ¥626

ダツってまずい?美味しい食べ方はこちら

ダツは食べるとまずいと聞いたことがありますが、そんなことはありません。

釣れたときの美味しい食べ方を、ここでご紹介しましょう。

ダツを自宅に持ち帰って包丁を入れてみると、結構小骨が多いことに気づきます。

これを丁寧にさばいて外し、刺身に仕上げると美味しく食べることができますよ。

なかなか職人のように美しくさばくことは難しいですが、楽しみながら刺身に仕上げてみてください。

ダツのさばき方は、まず全体のウロコを取ります。

それから胸ビレから頭にかけて切り落としてください。

お腹に包丁の先を入れて、丁寧に内臓を取り除きます。

最後に三枚におろせば完了です。

チャンネル登録者数159万人の大人気Youtuber・TOMIKKU NETさんがダツを捌いて刺身にする一連の流れを配信しています。

捌き方が美しく、ダツの体の仕組みがよく分かる動画になっています。

ダツを食べたTOMIKKU NETさんは

「これはかなりうまい!」

「ヒラメとかタイよりこっちの方が好きかもしれない」

と食味を絶賛しています。

ランディングネットやフィッシュグリップを必ず携帯してダツを安全に取り込もう!

ダツは、確かに人体に刺さる可能性のある危険な魚です。

しかしながら、人が自ら海中にいなければ、いきなり危険な目に遭うことはないといえるのではないでしょうか。

例えば、ナイトダイビングをしている際に、周囲を確認せずいきなりライトを点灯させたら、ダツの突進をまともに食らってしまうかもしれません。

そのような事故が発生しないように、じゅうぶんな注意をはらって海で過ごすようにしましょう。

ダツは、ショアジギングやシーバスゲーム、ヒラメ狙いのサーフゲームでもよく釣れるので、ギザギザ歯によって指をケガしないように取り込むようにしたいですね。

大きめのランディングネットや、ボディを挟めるフィッシュグリップを、常に携帯しておくことをおすすめします。

Amazonで高評価(評価数200個以上かつ星4.0個以上)を得ている人気商品から厳選しました。

【ランディングネット】魚を取り込むためのマストアイテム

プロックス ラバーランディングネット 12型/枠赤(ネットクリア)(PX70412CR) PX70412CR

プロックス ラバーランディングネット 12型/枠赤(ネットクリア)(PX70412CR) PX70412CR

最安値価格
¥1,540(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,676

楽天市場へ ¥1,630

Yahoo!へ ¥1,540

【フィッシュグリップ】危険な魚もこれで掴めば安心・安全

Umibozu(ウミボウズ) フィッシュグリップ 超軽量 アルミ製 魚掴み器 フィッシュキャッチャー (メタルシルバー)

Umibozu(ウミボウズ) フィッシュグリップ 超軽量 アルミ製 魚掴み器 フィッシュキャッチャー (メタルシルバー)

最安値価格
¥4,890(amazon)

Amazonへ ¥4,890

Yahoo!へ ¥5,149

【フィッシングプライヤー】針を外したりラインを切ったりするのに重宝します

Booms Fishing H1 フィッシングプライヤー 釣りペンチ PEライン切れる フックはずし 釣りプライヤー 尻手ロープ付き ブラック

Booms Fishing H1 フィッシングプライヤー 釣りペンチ PEライン切れる フックはずし 釣りプライヤー 尻手ロープ付き ブラック

最安値価格
¥998(amazon)

Amazonへ ¥998

Yahoo!へ ¥1,115

安全に気をつけて、一度は食べてみたいダツ!

今回はダツについて紹介しました。

猛スピードで海を泳ぎ、アゴが刺さると死に至る危険性のあるダツ。

アングラーからは厄介な外道として見られ、市場でもまずい魚と認識されてきたダツですが、食味が絶賛される動画を見ると一度食べてみたい気持ちにもなりますね。

安全には十分注意して、ぜひ一度ダツを釣って捌いて食べてみてください!

ショアジギング」カテゴリの人気記事

危険生物」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング