魚のアップ写真

メヌケってどんな魚なの?特徴や捌き方・調理法を詳しくピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

めっちゃ目の大きな魚ですよね。

この魚の名前は、メヌケ。

かなり深い水深に棲んでいて、体表が真っ赤なのが特徴です。

船釣りで深海釣りをおこなっているアングラーが、積極的にターゲットにしていることでも有名ですよ。

ここでは、メヌケの特徴や生態・捌き方・料理法についてご紹介しましょう。

「メヌケって馴染みはないけど、高級魚なの?」

その通り!なかなか釣れなくなってきた希少価値の高い深海の魚です。

その値段は高騰していて、煮付けなどの料理も高価ですよ。

メヌケとは

メヌケとは、単種を指しているのではなく、カサゴ目フサカサゴ科に属している魚種の総称のことです。

アコウダイという呼び名のほうが、しっくりくるかもしれませんね。

どのメヌケも体表が赤くなる特徴があり、結構サイズも大きくなる傾向があります。

体長は、40センチから60センチ程度にまで成長するでしょうか。

メヌケの生息域は、魚種にもよりますが、日本なら北海道から千葉県・相模湾辺りまでの間になります。

専用の釣り乗合船が設けられているのも、そのエリアに絞られていますね。

メヌケが泳いで生活しているのは、水深でいうと200メートルから1000メートルくらい。

かなりの深海エリアですから、アングラーに釣られて引き揚げられたとき、水圧の急激な変化の影響で目が体側から飛び出してしまいます。

その姿がなんともインパクト強めで、目が抜け出ている!ところから、メヌケと呼ばれるようになったといわれていますよ。

他の深海魚も釣ると目が飛び出しますが、メヌケは身体が真っ赤なので印象深かったのかもしれませんね。

メヌケの食べごろ、旬の時期はいつなのでしょう。

調べてみると、秋から冬をまたいで春にかけての季節が、最も美味しいようですよ。

脂の乗りがいいメヌケの身は、冬になるとますます脂が増してきます。

実際に捌いてみたら、ぷっくりとしていて張りがあり、包丁に脂が付いてくるのが分かりますね。

漁獲量も伸びているようで、高額なものの食べてみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

1月から2月の終わりにかけて、魚屋さんをチェックしておくと、メヌケに出会えるかもしれませんよ。

西京漬けに加工している赤魚は、価格が全然違うのでメヌケではないケースもあると考えてください。

メヌケを船から釣っているシーンを収めている動画はこちら

メヌケの食べ方

メヌケの食べ方について見てみましょう。

カンタンに手に入るものではありませんから、あれこれ試す機会に恵まれないかもしれません。

事前に知識として持っておいて、メヌケとの出会いがあればすぐに料理にとりかかれるようにしておきたいものです。

まず最初に挙げるのは、なんといっても刺身。

鮮度の良いメヌケをゲットできたら、大胆に捌いて盛り付けてみましょう。

寿司の握りのネタとして、扱ってみるのも面白いかもしれませんね。

メヌケ料理で絶品な味なのは煮付け!

メヌケ料理で外せないのは、煮付けです。

メヌケの身は独特で、加熱しても硬くなりにくい特徴を持っていますよ。

それを煮付けに料理して、身が自然に割けた状態にまで仕上げると、とても素晴らしい食感を味わえるのです。

日本酒や料理種を加えて煮込みにアクセントを付ければ、魚の臭みをしっかり飛ばせます。

薬味に用いる生姜などで味を整えて、自分なりのメヌケ煮付けに作り上げましょう。

身をきっちり丁寧に捌いている動画を見つけましたので、参考にしてください。

メヌケの捌いて調理している動画はこちら

メヌケが釣れた!新鮮なまま持ち帰るのにおすすめのアイテムを選んでみた!

メヌケが釣れたら、できるだけ鮮度を保った状態で持ち帰りたいものです。

そこでおすすめのクーラーボックスを、各メーカーから厳選してみました。

保冷状態が高いレベルで長時間キープできるもので、運搬しやすい機能を搭載しているのはどれでしょう?

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 35L スペーザ リミテッド キャスター付 350HC-135M 釣り用 ピュアホワイト

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 35L スペーザ リミテッド キャスター付 350HC-135M 釣り用 ピュアホワイト

最安値価格
¥37,667(amazon)

Amazonへ ¥37,667

楽天市場へ ¥39,180

Yahoo!へ ¥39,750

シマノからリリースされているクーラーボックス・スペーザリミテッドシリーズです。

容量は35リットルと、かなり大き目に作られていますよ。

ウエイトは7.7キロなので、持ち運びはやりやすいでしょう。

保冷時間は、なんと60時間も持ってくれます。

これは、クーラーボックスの容量の20パーセント分の氷を入れて、外気温31℃の状態で持続できる保冷時間のこと。

かなり冷たさが長持ちしてくれますから、遠い釣り場からでも鮮度高めで持ち帰れるでしょう。

内寸は、260×600×230ミリ。

外寸は、347×794×320ミリなので、60センチクラスの大きなメヌケも複数匹入れることができますね。

クーラーボックスの断熱材は、PP+発泡ポリスチレン+真空3面パネルで構成されています。

実際に見てみると、内部に専用のトレーが装備されていて、整理するのにとても便利です。

ワンアクションで上フタが開閉できますし、キャスターが付いているので運びやすいですよ。

実売価格は3万円台と、とてもリーズナブルな価格設定になっています。

抗菌処理が施されているので、常に清潔な状態で魚を入れられるのもいいですね。

大容量でよく冷えて、しかも扱いやすいですから、大型のクーラーボックスを探しているなら、この機種からチェックしてみてください。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 25L スペーザ ベイシス キャスター付 250UC-125N 釣り用 アクアブルー

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 25L スペーザ ベイシス キャスター付 250UC-125N 釣り用 アクアブルー

最安値価格
¥24,640(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥24,640

Yahoo!へ ¥24,640

同じくシマノから発売中の、やや小ぶりなクーラーボックスです。

容量は25リットルと小さ目ですが、35リットルタイプもラインナップされているので選択可能です。

重量は5.9キロと軽めなので、運搬する際にとても楽になりますよ。

保冷時間は45時間に設定されていますから、比較的近場の釣り場から持ち帰るのに使いたいですね。

内法は220×500×230ミリで、外寸は305×685×320ミリ。

体長50センチまでのメヌケなら、しっかり収納可能ですね。

断熱材は、1面真空パネルタイプですから、希望通りの保冷効果を発揮してくれるでしょう。

取り外しもできる左右両開きの上フタに、ロングハンドルが付いていて、持ち運びの距離が長くても苦にならないのがいいですね。

実際に手に取ってみると、大型のキャスター付きで移動がスムーズ。

しかも内寸50センチは、さまざまな魚を収納しやすく、多方面の釣り場に持参できるメリットを持っています。

実売価格は2万円前後と、とてもコスパ優秀な価格設定になっていますよ。

ボディカラーのアクアプルーは、釣り場でよく映える色ですから、多くのクーラーボックスが載せられているボートデッキ上で、カンタンに見つけられるでしょう。

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα S3200 レッド 釣り

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα S3200 レッド 釣り

最安値価格
¥10,980(楽天市場)

Amazonへ ¥11,150

楽天市場へ ¥10,980

Yahoo!へ ¥10,980

ダイワから出ているクーラーボックス・ライトトランクαシリーズです。

容量は32リットルで、ウエイトは4.6キロとかなり軽くなっているのが特徴です。

内寸は22×56.5×24.5センチ、外寸は31.5×69×34センチですから、体長50センチを超えるメヌケを持ち帰ることができますよ。

断熱材にはスチロールのみが使われていますから、近場の釣りで活用するようにしたいところです。

ロングハンドルや水抜き用のカンタン水栓、滑りを抑えられるふんばるマンや内部にスノコが付いています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて取り回ししやすい仕上がりになっています。

これならさまざまな釣り場へ持ち込むのが、とても楽に感じますね。

カラーリングもシンプルで、愛着の湧くものに作られています。

実売価格は1万円台と、とても安い価格に抑えられていますよ。

予算内に支払いを抑えつつ、高い機能を持ったクーラーボックスを探しているなら、このモデルを必ずチェックしてみてください。

メヌケをしっかり料理して美味しく食べよう!

メヌケの特徴や料理の仕方、運搬におすすめのクーラーボックスを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

なかなか釣り上げにくい対象魚になっているものの、その絶品な味のファンは多く、これからも超高級魚として人気を博していくに違いありません。

関東から北のエリアで乗合船を予約して、自らの手で釣り上げてみたいですね!

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング