魚のアップ写真

ドンコって知ってる?淡水に棲むハゼに似た魚の生態や飼育方法をチェック

FISHING JAPAN 編集部

何ともカワイイ顔つきの淡水魚、これはハゼではありません。

河川や水路・ダム湖などに多く棲息している、ドンコという魚です。

「あっ、浅瀬の底にたくさんくっ付いてる魚かな?」

それです!ダム湖の上流域へ行くと、岸際の底一面に砂の色とよく似た小魚が集まっていることがありますよね。

浮遊して活発にスクールするわけでもなく、底に居てときどき動くエビのようなタイプです。

東北地方の深海エリアで釣れるエゾアイナメも、ドンコと呼ばれているようですが、ここでは淡水に棲むドンコをご紹介しましょう。

ドンコとは

ドンコとは、スズキ目ドンコ科に分類される魚のことです。

珍しく淡水に生きる魚として知られていますよ。

ドンコという名前は、いろいろな魚の呼び名として使われているので、間違えないようにしなければなりません・

カジカなどもドンコと呼ばれることがありますし、ハゼ類全般をドンコとするケースも見受けられます。

前述の海に棲むドンコは、ドンコ料理として有名ですが、タラの一種ですから淡水のものとは接点がないといえそうですね。

ドンコの生息域

ドンコの生息域は、愛知県と新潟県より西のの本州・四国・九州エリアとされています。

いわゆる西日本と韓国の一部地域に棲んでいるのが確認されていますよ。

関東にも河川や湖が多いのですが、生息は確認されていないのでしょうか?

カワアナゴ

紀伊半島のダム湖では、底に集まっている姿をよく見かけますし、河川の浅瀬に網を入れると、エビなどに混じってよく捕獲されます。

淡水にハゼがいるんだ!と勘違いしがちですが、写真を撮って調べてみると、ドンコが該当しますね。

ドンコの生態

ドンコは、体長が25センチ前後にまで成長します。

他の水域のハゼと比較すると、頭がずいぶんと大きく横幅があるのが特徴的ですね。

正面から見ると、縦方向にやや押し潰されているようにも見えます。

ですから口はかなり大きくて、唇が分厚く感じますよ。

よく観察すると、ドンコの下顎は上顎より前に突き出ているのが分かります。

体色は褐色に近く、産卵期のオスは全身が黒っぽくなる特徴があります。

ドンコを水槽で飼育している動画を見つけましたから、その様子をご覧ください。

ドンコを水槽で飼育してエサやりなどをおこなっている動画はこちら

ドンコの産卵時期

産卵の時期は、毎年4月から7月にかけてで、底に転がっている岩や流木の下にオスが巣を作ってメスを誘い込んでいますよ。

孵化した姿は、成魚とほとんど変わりません。

そのまま中層を浮遊せずに、底ベタの生活を始めるようになります。

飼育していると、さまざまな変化の様子が確認できるので、ドンコに興味のある人は、ぜひ水槽などを用意して飼育にチャレンジしてみましょう。

ドンコの捕食対象

ドンコは、水中に棲む小魚や昆虫・甲殻類を好んで食べます。

飼育を始めたばかりなら、動く対象しか口にしない傾向があるので、小エビなどを与えてください。

慣れてきたら、乾燥エビや固形エサでも盛んに食べるようになります。

水槽に砂を入れておくと、胸ヒレを使ってうまく潜り込む様子を見ることができますし、自分の上に落ちてくるエサに飛び付く姿も確認できます。

ドンコをつかまえて水槽で飼育してみよう!おすすめの便利アイテムはこちら

それでは、ドンコをつかまえて水槽に入れて飼育してみましょう。

まず、ドンコを捕獲するところから。

釣り上げるのはなかなか難しいでしょうから、手持ちの網を持参して河川の浅瀬へ出向きます。

使いやすいサイズの伸縮魚網

使いやすいサイズの伸縮魚網

参考価格:¥1,648

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

長さが130センチほどまで伸びる、魚獲り用の網です。

長めのほうが、沖合いから岸際に向けて追い込みやすいので、必ず柄の長さを確認してから購入するようにしてください。

枠部分が円形でなく、直線になっているほうが、底に潜んでいるドンコをすくいやすいでしょう。

水から揚げて網の裏側から手のひらで押し上げるようにすると、小さなドンコでも見つけることができます。

一緒にエビやカワムツ・ウグイなどの小魚も獲れますから、ドンコのエサとして持ち帰ってくださいね。

水中で強めに振ったり擦り付けたりすると、網が破れてしまう恐れがあります。

丁寧に慎重に扱いながら、ドンコの姿をチェックしてみましょう。

ダイワ キーパーバッカン D45(A) ホワイト

ダイワ キーパーバッカン D45(A) ホワイト

参考価格:¥4,787

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワからリリースされているバッカンです。

汲んだ水を入れて、エアーポンプで酸素を送り込めるようになっていますよ。

つかまえたドンコなどの水生生物を、生かしたまま自宅まで持ち帰るのにとても便利です。

側面にはエアーポンプを収納できるポケット収納付き。

河川の新鮮な水を入れてから、きっちりフタをして積み込むようにしましょう。

クルマの揺れなどで溢れ出ないように、満水状態にするのは避けてください。

冨士灯器 パワーポンプ FP-2000

冨士灯器 パワーポンプ FP-2000

参考価格:¥4,180

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

冨士灯器のエアーポンプです。

単一アルカリ電池2本で、約16時間の連続使用に耐えられるようになっていますよ。

吹き出しを弱にすると、なんと65時間も持ってくれますから、ドンコを活かしたまま持ち帰るのに適しているでしょう。

生活防水機能が本体に施されているので、トラブルで動かなくなることも未然に防いでくれます。

ジェックス サイレントフィット 600 サイレントフロースリム付

ジェックス サイレントフィット 600 サイレントフロースリム付

参考価格:¥4,745

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

幅60センチサイズの水槽セットです。

静音タイプのフィルターも付いているので、カンタンに飼育を始められますよ。

水温の維持を考えているならヒーターを追加すればOK、中には河川から持ち帰った石や砂を任意に並べてあげましょう。

ドンコは、中層を悠々と泳ぎまわるタイプの魚ではないので、立体的なカバーをレイアウトするよりも、砂を厚めに敷き詰めたほうが、潜り込んで身を隠すなどの行動に出ます。

捕食行動も、その上にエサを落とし込むことで食い付くことを覚えますから、砂は大きな味方になってくれるでしょう。

最初は活きエサを与えて、次に乾燥エビ、そして固形エサを食べるようになればバッチリです。

ジュン (JUN) シクリッドクリル 20g

ジュン (JUN) シクリッドクリル 20g

参考価格:¥600

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

まだ小さいサイズのドンコをつかまえたら、口に合わせて小型の乾燥エサも用意しておきましょう。

活きエサではないので、すぐに食い付くことはないでしょうから、徐々に慣らしてから与えるようにすればOKです。

固形エサも用意しておくと、エサやりが手軽におこなえるようになります。

水が汚れない程度に、少量ずつ与えてみてください。

テトラ (Tetra) コリドラス 120g

テトラ (Tetra) コリドラス 120g

参考価格:¥688

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

この固形エサは、底に沈むまでが早く、ドンコのように底ベタで生活している魚に届きやすく作られています。

水に溶けにくく作られていて消化吸収が優れているので、水槽の水をあまり汚しません。

安定化ビタミンを配合していますから、ドンコの健康維持に役立つでしょう。

ジェックス おそうじラクラク クリーナースポイト

ジェックス おそうじラクラク クリーナースポイト

参考価格:¥423

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

さまざまな水槽クリーナーキットが発売されていますが、底に溜まった老廃物をカンタンに吸い上げて取り除けるこのスポイトは、とても便利です。

特にドンコは、エサを放棄するケースがあるので、早めに吸い取って掃除しておくと、水槽の水が汚れてしまうのを防げるでしょう。

ガラス面の清掃作業とともに、底に蓄積されつつあるゴミを取り除いておけば、快適な観察をおこなうことができます。

ジェックス マグフィット フロート FLAT 平面ガラスのコケ・汚れ落とし 強力ネオジム磁石 浮く 小型 薄型

ジェックス マグフィット フロート FLAT 平面ガラスのコケ・汚れ落とし 強力ネオジム磁石 浮く 小型 薄型

参考価格:¥679

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

マグネットのチカラを利用して、外側から内面の汚れやコケを掃除するための便利アイテムです。

これなら手を濡らさずに、水槽の隅々までキレイにすることができますよね。

ただし、ガラス素材の水槽に限りますから、樹脂系の水槽には使わないようにしてください。

側面が美しく透き通れば、ドンコの様子もしっかり観察できますよ。

捕食の瞬間を観察する際も、清掃をおこなってからにしたいですね。

ドンコを飼育して生態を観察してみよう!

ドンコの特徴や生態、飼育するのにおすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

人に慣れてくる魚なので、根気よくエサやりを繰り返しながら育ててみましょう。

河川や水路でつかまえたドンコを料理するなら、塩焼きや唐揚げがおすすめですが、淡水魚に多くみられる寄生虫の可能性があるので、刺身などの生食は控えるようにしてください。

料理にしてしまうのは、ちょっと可哀そうな気がしますね。

ただし、飼育して大きくなったドンコを、別の環境へ放流するのは止めましょう。

食性が荒々しく、その場の生態環境を壊してしまうかもしれないからです。

飼育すると決めたら、最後まで責任を持って管理するようにしたいですね。

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング