ショアジギングに適したスピニングリールのアップ写真

ショアジギングリールの選び方!青物の強烈な引きに対応可能なおすすめアイテム10選

FISHING JAPAN 編集部

キャスティング用のメタルジグを、ショア=岸から沖に向かってキャストするショアジギングが、大いに流行っていますよね。

そのために用いるタックルに着目すると、重いメタルジグをしっかり支えて遠投できるロッドや、PEラインを多めに巻いて遠投に対応できるリールが重要になるのは明らかです。

ここでは、ショアジギングリールにスポットを当てて、その選び方や初心者から上級者までおすすめできる人気アイテムをピックアップしてみましょう。

ダイワ・シマノなどから、多種多様なショアジギングリールがリリースされていますよ。

ショアジギングリールとは

ショアジギングリールとは、ショアからメタルジグをキャストして、青物やシーバス・ヒラメ・ロックフィッシュなどを狙うのに適したリールのことです。

遠投が基本になるので、PEラインを多めに巻けるスプールサイズが必要になります。

また大型の青物が掛かっても、しっかり対処できる剛性や耐久性も求められますし、コスパ優秀なほうが人気は高いでしょう。

中古ショップで程度の良いものを探す人もいますが、ショアジギングはリールに大きな負荷が掛かりますから、中古リールでは目に見えないところがすでに傷んでいるかもしれません。

出来る限り新品を選んで使うようにしたいものです。

ショアジギングを分かりやすく解説している動画はこちら

ショアジギングリールの選び方

ショアジギングリールの選び方で、まず最初に決めたいのはリールのタイプ、すなわちスピニングリールかベイトリールのどちらかです。

ほとんどの場合、スピニングリールを選ぶことになるでしょう。

その理由は、キャストの際にラインのトラブルがほぼ皆無だからです。

スピニングリールは構造上、そのスプールに巻いたラインをフリーで放出することができます。

ベイトリールにありがちなバックラッシュトラブルを回避でき、なおかつ圧倒的な飛距離を得ることができますから、沖の潮目やブレイクラインまでフォールさせることを考慮すれば、スピニングリールに人気が集まるのも肯けるでしょう。

メタルジグの重さに応じて、3000番から6000番台のスピニングリールを使うようにしてください。

ドラグ性能も、ベイトリールより優れているので、スムーズなライン放出が大型魚を釣り上げることにつながるでしょう。

最大ドラグ力は、10キロ前後もあれば魚の引きに対応できますよ。

ショアジギングをベイトリールで実践した場合はどうなる?

最近では番手の大きなベイトリールで、ショアジギングをおこなう人も増えています。

より太いPEラインが使えるようになるのと、糸ヨレトラブルを未然に防ぐことができるからです。

サーフヒラメゲームなどで、シマノのカルカッタコンクエスト300~400番を使っているケースを見かけます。

しかしながら、ドラグ性能はスピニングリールに及びませんので、思わぬ大型魚が掛かった場合にラインの送り出しがスムーズにおこなえません。

上級者はクラッチを切ってラインを出すようですが、PEラインを親指の腹部分で触れ続けることになるので、負傷してしまう恐れが出てきますよ。

キャスティングの際のバックラッシュトラブルも想定しなければなりませんので、初心者の人にはあまりおすすめできません。

ショアジギングリールのギア比

ショアジギングリールのギア比について、考えてみましょう。

XGやHGと表示されているものはハイギアタイプで、巻き取りの際にライン回収が早いのが特徴です。

PGと表示されているものはローギアタイプで、巻き取りスピードはゆっくりですが、力強く引き寄せることができます。

どちらが優れているかというと、アングラーの釣りスタイルで判断は大きく分かれるでしょう。

例えば、ショアからキャストしたメタルジグをボトムまで落として、そこからリトリーブを開始してはキルを入れまた落とす。

これを繰り返すようなリトリーブスタイルなら、ハイギアのほうが糸フケを取り除きやすいですし、ボトムから切り離しやすいでしょう。

魚を掛けた後のことを考えると、ローギアタイプのほうが巻き取りは楽チンです。

ハイギアは、魚の強烈な引きによってハンドル自体を回せなくなることがあるからです。

それでもロッドワークを駆使すれば、なんとか対処できるケースもありますから、両方のタイプを実際に使ってみるほうがいいのかもしれませんね。

ダイワのおすすめショアジギングリールはこちら

それでは、ダイワがリリースしているショアジギングリールをピックアップしてみましょう。

スーパーライトショアジギングなら、2500~3000番台のスピニングリールでも対処できますが、ライトショアジギングやショアジギングには難しい番手になるので、オールラウンドに使いたければ4000番以上のスピニングリールを選ぶようにしたいものです。

PEラインの2号を中心に、150メートル以上スプールに巻けるものを選んでください。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3000

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3000

参考価格:¥6,955

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

実売価格1万円を切るコスパ優秀なスピニングリールの3000番です。

スーパーライトショアジギングやライトショアジギングに向いていて、ラインキャパもPEライン2.5号で200メートルも巻くことができますから、遠投にもじゅうぶん対応できるでしょう。

近場でサバ・ハマチ・シーバス辺りを手軽に仕留めたい人におすすめです。

最大ドラグ力が6キロと、やや弱めですから、無理はしないようにしてください。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 EM MS 3500H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 EM MS 3500H

参考価格:¥17,688

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

実売価格が少し上がって1万円台となる、ショアジギング向きスピニングリールです。

耐水性能が向上して、ラインキャパもPEライン3号が200メートル巻けるようにアップしているので、狙える魚や範囲が広がるでしょう。

所有アイテムのステップアップを少額で抑えたい人におすすめです。

自重が300グラムを超えますが、持った感じはまだまだ軽いイメージですね。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ブラスト 5000H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ブラスト 5000H

参考価格:¥24,896

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

実売価格で2万円台になると、スペックも本格的になってきます。

このショアジギングリールは、最大ドラグ力が15キロもあり、ラインキャパは4号で400メートルも巻くことが可能です。

ラウンドノブのパワーハンドルが標準装備されていて、大型魚を狙うのに適していますよ。

コスパ優秀機として、サブに複数台持っておくのもいいかもしれませんね。

ダイワ(DAIWA) リール 19 セルテート LT5000D-XH

ダイワ(DAIWA) リール 19 セルテート LT5000D-XH

参考価格:¥37,980

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

人気のダイワセルテートの5000番です。

実売価格は、4万円前後といったところでしょうか。

エクストラハイギアで手返しが素早く、巻き心地も絶品。

実際に使ってみても、引っ掛かりを感じることはなく、約半年間の実使用で不具合等は一切発生していません。

最大ドラグ力も12キロとじゅうぶんで、青物やシーバス狙いに対応できるでしょう。

PEライン2.5号で300メートルのラインキャパがあります。

シマノのおすすめショアジギングリールはこちら

シマノからもショアジギングに適したリールが、数多くリリースされていますよ。

低価格のものでも高い評価を受けている機種があり、初心者の人におすすめしやすいのが特徴です。

大きな負荷の掛かる釣りですから、カンタンに壊れてしまうものはダメ。

ユーザー評価の多いものから順にピックアップして、詳細を確認するようにしましょう。

シマノ(SHIMANO) リール 17 セドナ 4000

シマノ(SHIMANO) リール 17 セドナ 4000

参考価格:¥4,706

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノ(SHIMANO) ショアジギング リール 16 ナスキー 4000XG

シマノ(SHIMANO) ショアジギング リール 16 ナスキー 4000XG

参考価格:¥9,653

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

実売価格1万円前後で、滑らかな巻き心地と高い剛性感を得ることのできるスピニングリールです。

300グラムを切る自重も、疲れを軽減してくれますよ。

耐久性も優れていますから、最初の1台におすすめできる機種です。

ラインキャパは、PEライン2号で210メートルですから、さまざま対象魚を狙えそうですね。

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 15 ストラディック 4000XGM

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 15 ストラディック 4000XGM

参考価格:¥17,498

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 17 ツインパワーXD 4000XG

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 17 ツインパワーXD 4000XG

参考価格:¥38,104

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

使ってみた印象は、とにかく軽いということ。

290グラムの自重は、他のスピニングリールと比べても、かなりハイレベルな扱いやすさを生んでいます。

ハンドル回転も滑らかで、青物の走りにもドラグがスムーズに追従してくれますよ。

その他メーカーのおすすめショアジギングリールはこちら

アブガルシアからも、ショアジギングリールがリリースされています。

ラウンドノブのハンドルや軽いボディウエイトに惹かれるアングラーは多いでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール スーペリア Superior 5000H

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール スーペリア Superior 5000H

参考価格:¥7,590

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

アブガルシア (Abu Garca) スピニングリール オーシャンフィールド (OCEANFIELD) 5000

アブガルシア (Abu Garca) スピニングリール オーシャンフィールド (OCEANFIELD) 5000

参考価格:¥8,900

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

アブガルシアのオーシャンフィールドに関しては、予備スプールが標準で付いているので便利ですね。

ショアジギングリールを使いこなして大型青物をゲットしよう!

ショアジギングリールの選び方やおすすめアイテムを特集しましたが、いかがでしたか?

剛性や耐久性を重視しながら、釣り場で扱いやすいものを選びたいですよね。

波を被ってしまうことも多々あるので、防水性能・防錆性能の高いものにも注目すべきでしょう。

メンテナンスはこまめに、いくら上位機種でもそのまま放っておくと傷みは早いですよ。

釣行から帰宅してすぐの水洗いを、習慣付けるようにしたいものです。

ショアジギングの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

リール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング