ショアジギングロッドと釣り上げられた青物

ショアジギングロッドの選び方!最新のおすすめロッド20本をピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ショア=岸からメタルジグを沖に向かってフルキャストしたことがありますか?

ショアジギングの釣り方は、近年盛んにになってきた、岸からのジギングスタイルです。

沖に向かってルアーをキャスト、ジャークやトゥイッチなどを繰り出しながらリトリーブ。

追いかけてくる青物や根魚などをとらえるアプローチですね。

ルアーにメタルジグを用いることで、圧倒的な飛距離とフォールスピードが得られます。

それによって手返しのいい釣り方が生まれ、あらゆる層に潜む魚をターゲットにできるわけです。

専用のロッドやそれに装着するリール、リールに巻くラインやショックリーダーの結び方など、覚えなければならない知識が結構あるので、ひとつずつ理解していくようにしたいものです。

ショアジギングの釣り方

ショアジギングでは、専用のメタルジグを岸=ショアから遠投することになります。

適しているメタルジグの重さは、およそ40~120グラムくらい。

となると、それに耐えられるブランクの強さ・張りを持っていることが、ショアジギング用のロッドには求められることになりますね。

柔らか過ぎたり短過ぎたりすると、メタルジグをイメージ通りのエリアへ届けることができなくなってしまいます。

ショアジギングの知識を持った上で、ロッド選びをおこないましょう。

ショアジギングロッドの長さ

ショアジギングで使うおすすめのロッドの長さは、9フィート前後かそれを超えるものがいいでしょう。

それくらいの長さがなければ、飛距離を伸ばすことが難しくなりますからね。

加えてロッドのウエイトが重過ぎるようでは、1日中振り回すことができません。

ショアジギング用のリールを装着した状態で、軽く感じるくらいのロッドを選びたいものです。

各メーカーから多くのショアジギングロッドがリリースされていますから、希望の長さのものをピックアップしてみましょう。

ショアジギングロッドの硬さ

ショアジギングロッドの硬さに関しては、どれくらいのものを選べばいいのでしょうか。

設定されているロッドの硬さは、Lから始まり、ML・M・MH・H・XHへと硬くなっていきます。

60グラム以上の重いメタルジグをラインに結ぶつもりなら、Hクラス以上の硬いロッドを選択しなければなりませんが、オールラウンドに軽いメタルジグもキャストするつもりなら、おすすめはMH前後でしょうか。

ロッドの硬さが定まれば、それにフィットしたラインやラインシステムを組んで、キャストをするようにしましょう。

ショアジギングロッドのガイドリング

ロッドに搭載されているガイドリングにも、しっかりこだわりましょう。

何度もフルキャストを繰り返すわけですから、ラインとの摩擦抵抗を抑えた、SiCリングやトルザイトリングを採用しているロッドを選びたいものです。

それ以外のガイドリングでもキャストすることは可能ですが、いざ魚が掛かってやり取りを始めたら、ラインブレイクを気にしながらの釣りになってしまいます。

特に大型のブリなどがバイトしてくるシーズンに、不安を抱えながら釣りをするのは、おすすめできません。

ある一定以上の価格はしますが、ショアジギングを楽しむためにも譲れないスペックだといえるでしょう。

ショアジギングに使うタックルの選び方動画はこちら

ショアジギングを楽しむために用意しておきたいアイテム

ショアジギングの釣りでは、一日に何度も重いメタルジグをフルキャストすることになります。

ロッド以外にも用意しておきたいのが、肩の凝らない軽めの服装、それから補給用の水分です。

季節が移り変わっていく中で、ショアジギングを実践している際の体力は、コンスタントに失われていきますよ。

暑い季節はもちろん、その他の季節でも、失われていく水分を補給しなければ、ショアジギングを続けることは難しくなるでしょう。

「寒い季節ならだいじょうぶなんじゃないの?」

冬のショアジギングでも、水分補給は必須です。

意外と飲まず食わずで釣りに没頭しているアングラーがいますが、体力の低下はいきなり症状に出ますから、じゅうぶん注意しながら釣り場に立ちたいですね。

PEラインとショックリーダーの結び方を練習しておこう!

ショアジギングでは、主にPEラインを利用します。

PEライン単体ではキャストが難しいですから、そこにショックリーダーを結ぶことになりますが、現場でFGノットなどのラインシステムを組めるように、日頃からラインを結ぶ練習をしておきましょう。

こういう基本的なスキルを身に付けておくことで、ショアジギングを存分に満喫できるようになります。

おすすめの結び方は、やはりFGノットがメインになりますが、今はもっと結びやすいノットも発明されていますから、さまざまなタイプの結び方を試してみて、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

なにがなんでもFGノット!なんてことになると、それが結べないだけでショアジギングに出かけるのが億劫になってしまいます。

結び方の習得には、誰しも多くの時間を費やしているもの。

落ち着いて丁寧に時間をかけて結びながら、徐々に熟度を増していくようにしたいですね。

YouTubeなどの動画サイトで、ショアジギング向きのノットの結び方が公開されていますから、ヒマな時間を見つけては脳内練習を繰り返してください。

最新のおすすめショアジギングロッドをピックアップ!

最新のおすすめショアジギングロッドを集めてみました。

ダイワやシマノはもちろん、人気のメジャークラフト・アブガルシアからも並べてみましたよ。

まずはコスパが優秀で、軽くてオールマイティなロッドを選ぶほうが、ショアジギングの釣り場で大胆に扱うことができるでしょう。

他の釣りに転用できるかどうかも、購入の決め手になっているようです。

例えば、シーバスゲーム。

ショアジギングのロッドでシーバスが釣れないことはありませんが、キャストするルアーのウエイトが、微妙にクロスしません。

シーバスゲームで使うルアーのほうが、間違いなく軽めなのです。

それをショアジギングロッドでキャストしようとすると、ライナー性のハイスピードキャストに偏る可能性が出てきますよ。

当然狙ったポイントに入らないケースが出てくるでしょうし、ライントラブルが多発するかもしれません。

そうなると、釣りのリズムが阻害されてしまい、釣れるはずの魚も逃がしてしまうことになりかねないでしょう。

できれば転用など考えずに、ショアジギング専用のロッドを選ぶようにしたいですね。

初心者から上級者まで、自分に合った1本を見つけ出してください。

以前、シーバスロッドを使ってライトショアジギングをやっていて、先日ハマチに折られたので専用ロッドを購入。
30gのジグをキャストしてみましたが、シーバスロッドに比べて20m以上は飛んだ気がします。流石専用ロッド!
しゃくりもやりやすく軽いので長時間の釣りでもあまり疲れなさそう。

出典:amazon

ショアジギングで発生するトラブル

ショアジギングの釣りをおこなう上で知っておいてもらいたいのが、トラブルの回避です。

実はショアジギングの釣り場では、アングラー同士のトラブルが頻発しているのが現状なんですよ。

いったいどんな内容でモメるのか、具体例を挙げてみましょう。

トラブル回避のために注意しなければならないこと

ショアジギングでは、重いメタルジグをラインに結んでキャストします。

着水先は、沖合いの潮の流れがキツいところが多いでしょう。

どんなに重いメタルジグでも、潮に流されないことはありませんから、着水してからファストリトリーブしない限りは、自分が意図しているところとは違うエリアに到達していることになります。

もし、あなたの隣りに先行者がいたとしたらどうなりますか?

その人がキャストしたメタルジグが既に海中にあって、それに対して後からあなたのジグやラインが重なる事態になります。

当然先行者は、お互いのジグやラインが絡まって、釣りが続けられなくなってしまうでしょう。

気の荒い人なら、それだけで怒り心頭になるでしょうから、大きなトラブルに発展する可能性があります。

「なんでそんなところに投げるんだよっ!」

「わざとやってるんじゃないよっ!!」

こういう言い合いが釣り場で鳴り響いている場面に、何度出会ったことでしょうか。

トラブルを回避するためには、まず後発で釣り場に到着した側が、先行者に近い場所でショアジギングをスタートさせないこと。

そして潮や風の向きを常に意識して、ルアーやメタルジグ・ラインが先行者のほうへ流れていかないように配慮しましょう。

ちょっとした他人への気配りで、楽しい時間を過ごせるようになるわけですから、釣り場に着いたら実践するように努めてくださいね。

みんなで楽しむショアジギングを実践している動画はこちら

ショアジギングをこれからも続けるために

ショアジギングは、これからまだまだ発展していく釣り方のひとつです。

それに合わせて、初心者アングラーも釣り場にたくさん出向いてくるでしょう。

同じ釣りを楽しむ仲間として認識し、その釣り場のローカルルールやマナーを伝えられるよう、しっかりとコミュニケーションを取りたいですね。

そうすることで釣り場でのトラブルは回避され、ショアジギングそのものに打ち込めるようになります。

全てのアングラーが、他人への配慮を持って釣りを実践するようになれば、釣りをしない人からも理解を得られるようになり、釣り場が減っていく心配もなくなるでしょう。

これからもショアジギングを楽しむために、自分の釣りスタイルを見直す機会を持ってみてくださいね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング