ロッド 魚 写真

ショアジギングロッドの選び方!最新のおすすめロッド20本をピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ショアジギングの釣りは、近年盛んにになってきた、岸からのジギングスタイルです。

メタルジグを沖に向かってキャストして、ジャークやトゥイッチなどを繰り出しながらリトリーブ。

追いかけてくる青物や根魚などをターゲットにした釣り方ですね。

ショアジギングの釣り方

ショアジギングでは、専用のメタルジグを岸=ショアから遠投することになります。

メタルジグの重さは、およそ40~120グラムくらい。

となると、それに耐えられるブランクの強さ・張りがショアジギングロッドには求められます。

柔らか過ぎたり短過ぎたりすると、メタルジグをイメージ通りのエリアへ届けることができなくなってしまいますよ。

ショアジギングロッドの長さ

ショアジギングでおすすめのロッドの長さは、9フィートを超えるものになります。

それくらいの長さがないと、飛距離を伸ばすことが難しくなるでしょう。

しかも重過ぎては、何度も振り回すことができません。

リールを付けた状態で軽く感じるくらいのロッドを選びたいものです。

ショアジギングロッドの硬さ

ショアジギングロッドの硬さは、数多く用意されています。

Lから始まり、ML・M・MH・H・XHへと硬くなっていきます。

重いメタルジグを扱うなら硬くしなければなりませんが、おすすめはMH前後でしょうか。

それに合ったメタルジグやラインを選んで、キャストをするようにしましょう。

ショアジギングロッドのガイドリング

ロッドに搭載されているガイドリングにも、しっかりこだわってください。

何度もフルキャストするわけですから、ラインとの摩擦抵抗を抑えた、SiCリングやトルザイトリングを採用しているロッドを選ぶようにしましょう。

ショアジギングを楽しむ上で用意したいもの

ショアジギングの釣りでは、一日に何度もフルキャストすることになります。

ロッド以外にも用意したいのが、肩の凝らない軽めの服装、そして水分です。

季節が暑くなれば、体力は一気に失われていきますよ。

そのとき水分を補給しなければ、ショアジギングを続けることは難しくなるでしょう。

PEラインとショックリーダーの結び方を練習しておこう!

ショアジギングでは、PEラインを利用します。

当然ショックリーダーを結ぶことになりますが、現場でFGノットなどを実践できるように、日頃からラインを結ぶ練習をしておきましょう。

こういった基本的なスキルを伴なうことで、初めてショアジギングを楽しめるのです。

天候の急変に備えて、レインウエアも持参することを忘れないようにしましょう。

おすすめの最新ショアジギングロッド!

おすすめのショアジギングロッドを集めてみました。

ダイワやシマノはもちろん、人気のメジャークラフト・アブガルシアもピックアップしましたよ。

コスパが優秀で軽くてオールマイティなロッドのほうが、釣り場で大胆に扱うことができるでしょう。

初心者から上級者まで、自分に合った1本をぜひ見つけ出してくださいね。

以前、シーバスロッドを使ってライトショアジギングをやっていて、先日ハマチに折られたので専用ロッドを購入。
30gのジグをキャストしてみましたが、シーバスロッドに比べて20m以上は飛んだ気がします。流石専用ロッド!
しゃくりもやりやすく軽いので長時間の釣りでもあまり疲れなさそう。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング