リールのアップ写真

泳がせ釣りで使うリールはどれがいいの?ダイワやシマノのおすすめ番手をチェック

FISHING JAPAN 編集部

活きのいいイワシやアジを使って、泳がせ釣りをしたことがありますか?

青物のブリやボトムに潜んでいるヒラメが、防波堤から手軽に釣ることができますよ。

沖合いの船釣りでも泳がせ釣りは盛んにおこなわれていて、ブリやカンパチ・底物のクエなどがターゲットになっています。

ここでは、オカッパリゲームで実践する泳がせ釣りに欠かせないリールについて、詳しく取り上げてみましょう。

どんなリールがマッチしているのか、確認しておくと購入の際に参考になるはずです。

番手やダイワ・シマノなどのメーカー名、価格が安くて性能の良いもの等々、おすすめの機種もご紹介しましょう。

泳がせ釣りに使うリールとは

オカッパリゲームで泳がせ釣りに使うリールとは、ズバリ!中型から大型サイズのスピニングリールでしょう。

番手でいえば、4000番以上。

理由は、釣れる魚が大きくてよく引くからです。

強烈なパワーに負けないように、剛性・耐久性の高いリールを使わなければ、釣りが成立しません。

魚に引っ張られてハンドルが全然回せないようでは、意味がありませんからね。

「えっ、そんな大きな魚が食い付いてくるの?」

はい、その通りです!

泳がせ釣りでは、活きのいいイワシやアジをサビキ釣りでまずゲットして、それを鼻掛けや背掛けにして海に解き放ちます。

10センチから20センチ程度のサイズがありますから、それを丸飲みしてしまう魚となると、軽く60センチ前後、もしくはそれ以上の青物・ヒラメ・シーバスとなるでしょう。

食い付いた瞬間から、ものすごいスピードで走り始めるので、それに耐えられる剛性がロッドやライン、そしてリールに求められるわけです。

ヤワなものでは太刀打ちできませんし、最悪の場合壊れてしまうかも。

ガッチリとした強靭なボディに、力を込めて握りやすいハンドル+ノブ、そして急な魚の走りにも追従可能なドラグ機能が必要不可欠といえるでしょう。

それら全てを備えているのが、4000番以上の番手のスピニングリールとなるのです。

泳がせ釣りでイカも狙える!

泳がせ釣りでは、イカも釣りの対象になります。

活きアジを仕掛けに付けて海へ投入し、イカが寄って来て抱いたらアタリが伝わってきますよ。

そのタイミングで掛け針がたくさん付いた、ステンレスワイヤーをベースにした後追い仕掛けを、ロープウェイが滑っていく要領で投入します。

イカはアジを食べるのに夢中で、そばに掛け針が来ても意に介さず。

そのうちに掛け針に足や胴体を絡め取られて、釣り上げられてしまいます。

これをヤエン釣法と呼び、紀伊半島を中心にさまざまな地域で盛んにおこなわれている泳がせ釣りなのです。

大型のアオリイカを狙うには、最も効果的なアプローチとされていますよ。

もしまだ未経験なら、やってみる価値は大いにあるでしょう。

その際に用いるリールは、リアドラグの付いた専用のスピニングリールとなります。

泳がせ釣りの守っておきたいルールやマナー

泳がせ釣りを実践する上で、守っておきたいルールやマナーがあります。

活きのいいイワシやアジを餌に使うことで、釣り座から周囲に影響を与える範囲が、知らず知らずのうちに広まってしまうケースに見舞われがち。

自分の仕掛けが、隣りのアングラーの仕掛けと絡み合わないように、常に注意する必要があるのです。

これを守れないと、しょっちゅう糸ガラミによるトラブルを抱えることになります。

せっかくの楽しい休日が、揉め事で台無しになるかもしれませんから、周囲への配慮を忘れないようにしてください。

もし、隣りのアングラーが泳がせ釣りで大物を掛けたら、玉網を用意してランディングを手伝ってあげるようにしたいものです。

そうすればじゅうぶんなコミュニケーションを取ることができ、円満に釣りを楽しめるでしょう。

泳がせ釣りにおすすめのリールをピックアップ!

それでは、泳がせ釣りに使うのにおすすめのリールをご紹介しましょう。

番手は4000番以上で、頑丈かつ太いラインをたくさん巻けるタイプがいいですよね。

ドラグ機能に関しては、ダイワやシマノの製品なら安心して使えるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT4000D-CXH (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT4000D-CXH (2018モデル)

最安値価格
¥7,884(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,337

楽天市場へ ¥8,254

Yahoo!へ ¥7,884

ダイワからリリースされているスピニングリール・レガリスの4000番です。

ギア比6.2対1で、ハンドル1巻き99センチものラインを回収することができます。

かなり魚に走られても、すぐに引き寄せが可能なスペックですよね。

自重は245グラムと軽めなので、強い引きに耐えながらの長い釣りにも対応しやすいでしょう。

最大ドラグ力は、なんと12キロ。

これなら大型の青物が掛かっても、じゅうぶんやり取りを楽しめるでしょう。

ラインキャパは、PEラインの2号で300メートルも巻けますから、どんどん走らせて弱らせる方法も選択できます。

その際は、周囲に釣り座が組まれていないか注意しましょう。

実際にこのリールを手にしてみると、ボディサイズの割りに軽いという印象を持ちます。

太目の磯竿に装着してもマッチングが良く、軽くキャストしてもしっかり仕掛けが飛んでくれますよ。

実売価格は1万円を下回る安い価格設定なので、無理なく購入できるのが嬉しいですね。

ブラックとゴールドによる配色もキリッと締まっていてカッコよく、どんなロッドにも似合いそうです。

魚を掛けて走らせてみると、ドラグはスムーズに利き始めますよ。

ラインに負担が掛かっていないのがよく分かりますから、安心して泳がせ釣りを楽しめるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(ヤエン) 18 アオリトライアル 2500BR (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(ヤエン) 18 アオリトライアル 2500BR (2018モデル)

最安値価格
¥7,433(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥7,433

2500番と少しコンパクトなサイズになりますが、アオリイカのヤエン釣法専用のスピニングリールがこちらです。

独特のフォルムで、ボディの最後尾にドラグノブが付いていますよ。

これのおかげで、ヤエン仕掛けに掛かったアオリイカが急に走り出しても、ドラグを緩めてラインを放出することができます。

ギア比は5.1対1で、ハンドル1回転で76センチのラインを回収可能です。

最大ドラグ力は6キロ、アオリイカの大型サイズでも3キロ前後ですから、余裕で対処できそうですね。

ラインキャパは、ナイロンラインの2号で200メートルとなっています。

自重は315グラムありますが、実際に手にしてみるとさほど重くは感じられません。

ハンドルの回転もスムーズで軽やか、暗がりのシチュエーションでも操作性は高そうです。

実売価格は、驚きの4千円台をキープ。

ここまで安い価格設定なら、ヤエン釣りを始めやすいのではないでしょうか。

ロッドや他のタックルと一緒に購入すれば、あとは活きのいいアジを餌にしてアオリイカと対峙できますよ。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ 4000XG ヒラメ ショアジギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ 4000XG ヒラメ ショアジギング

最安値価格
¥6,479(Yahoo!)

Amazonへ ¥6,803

楽天市場へ ¥6,688

Yahoo!へ ¥6,479

シマノのコスパ優秀なスピニングリール・サハラの4000番です。

ギア比は6.2対1で、ハンドル1回転させると99センチものラインを巻き取れますよ。

最大ドラグ力は11.0キロと万全、自重は295グラムと300グラムを切る軽さです。

ラインキャパは、PEラインの2号で210メートルありますから、ドラグを利かせてラインを出しても、余裕を持って対応できるでしょう。

実際にフィールドで使ってみると、重さはそれほど感じませんし、グリグリと力強く回せるハンドル周りの使用感は、頼もしい限りです。

ラインローラーが確実にラインを拾うので、糸ヨレの発生が抑えられているのが嬉しいですね。

何度も手返しよく仕掛けを投入したいケースでは、とても重宝するでしょう。

実売価格は、なんと7千円台とかなりリーズナブルな設定に。

シマノの安定したスペックを誇りながら、ここまで安い価格を実現してくれていれば、メインリールはもちろん、予備用としても複数台所有したくなってしまいます。

ゴールドカラーにブラックのマッチングが素晴らしく、手元が引き締まって見えるのもメリットのひとつでしょう。

泳がせ釣りをマスターして大物をゲットしよう!

泳がせ釣りの特徴やアプローチに適したリールの詳細、おすすめの番手・機種についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

あまり沖合いに向けてロングキャストしなくても、手前付近を餌に泳がせておけば釣れることが多いですよ。

湾内にも大物が入り込んでいることが多々あるので、他のアングラーが狙わないようなポイントを丁寧に探ってみましょう。

ただし、エイやコブダイが食い付いてしまったら、長い格闘を覚悟しなければなりません。

そのつもりで泳がせ釣りをチャレンジしてみてくださいね。

泳がせ釣りの関連記事はこちら

リール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング