アジの泳がせ釣りの写真

アジを使って泳がせ釣りをしてみたい!おすすめの仕掛け・タックルをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

アジングやサビキ釣りの対象魚として人気のあるアジ。

サイズは20センチ前後と、小型のものがよく釣れるため、釣れたアジをエサにした泳がせ釣りが盛んに行われています。

ここでは、アジの泳がせ釣りについて、詳しくご紹介しましょう。

「関西で言うノマセ釣りのことだよね!」

その通り!ヒラメや青物・アオリイカなどを専用の仕掛けで狙う釣り方が、関西ではポピュラーですよね。

アジの泳がせ釣りとは

アジの泳がせ釣りとは、生きたままのアジを針に背掛けして、海の中を泳がせながらフィッシュイーターを狙う釣り方のことです。

仕掛けはシンプルで、アジを針に付けてそのまま海に放り込み、そこにウキやオモリを追加して表層やボトム付近を探るようにします。

タックルは、仕掛けを扱いやすいように、やや長めのものを用意しておけばOK。

普通のルアー釣り用のロッドでも、実践できないことはありませんから安心してください。

ただし、エサに使うアジは、自前で釣り上げたほうが活きがいいですから、アジングタックルやサビキ釣りのタックルは持ち込んだほうがいいでしょう。

釣り場に到着して、エサ用のアジを釣り、それを水を満たしたバケツにキープしながら泳がせ釣りを展開するという順序になります。

フィッシュイーターをターゲットにするアジの泳がせ釣り

アジの泳がせ釣りでは、フィッシュイーターをターゲットにします。

フィッシュイーターとは、魚を好んで捕食している肉食魚のこと。

しかも20センチ前後のアジを齧りにやってくるわけですから、結構サイズの大きいものが掛かりますよ。

これまでの釣りであまり大物を釣ったことのない人なら、いきなり自己記録更新を達成できるかもしれませんね。

大型魚に耐えられるよう、ある程度頑丈で耐久性のあるロッド・リール・ライン・針が必要になります。

どんな魚が釣れるの?

アジの泳がせ釣りの対象魚は、多岐に渡っています。

防波堤から仕掛けをアプローチすると、青物やヒラメ・タチウオなどが食い付いてきます。

エソが食い付いてきたら、歯が鋭いので外す際に気を付けてください。

岩場でおこなえば、アオリイカやロックフィッシュなどが、果敢にアタックしてくるでしょう。

ちなみにアオリイカを釣る場合、専用のヤエン仕掛けを使うと、効率よくフッキングすることができます。

独特の釣り方ですから、最初はヤエン釣りのエキスパートアングラーに同行してもらうのがいいかもしれませんね。

アジをエサにして泳がせ釣りをしている動画はこちら

アジの泳がせ釣りに用いるおすすめタックルをピックアップ!

それでは、アジの泳がせ釣りに使いたいおすすめのタックルをご紹介しましょう。

まずは、ロッドから。

振出式タイプにしておくと、釣り場までの持ち込みが楽になります。

他にアジングタックルなども持ち込まなければなりませんから、できるだけ軽くて手持ちしやすいものを選んでください。

シマノ(SHIMANO) ホリデー磯 4号 450PTS

シマノ(SHIMANO) ホリデー磯 4号 450PTS

参考価格:¥9,854

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノから発売中のガッチリした作りで大型魚の引きにも耐えられる振出式ロッドです。

長さ4.45メートルで4号タイプですから、錘負荷は12号まで背負える強さを持っていますよ。

適合するハリスも10号までだいじょうぶですから、アジを丸飲みするような魚が掛かっても対応できそうですね。

ウキ釣り仕掛けでも胴付き仕掛けでも操りやすい長さですから、釣り場のシチュエーションや対象魚に合わせて柔軟に使ってみましょう。

魚が掛かったらロッドをしっかり立てて、フッキングを確実なものにしてください。

アジの背中に針が付いていますから、その針先が食い付いてきたフィッシュイーターの口をも貫通しなければなりません。

うまくアジが外れていたら問題ないのですが、アジに貫通したままで別の魚にも貫通させようとすると、やはり無理が生じやすいでしょう。

ロッドの穂先がしっかり曲がり込んだら、その状態をキープできるようにラインテンションを落とさず、そのままランディングまで持ち込めるように操作したいですね。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 6000 フリームス(2018) LT6000D-H

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 6000 フリームス(2018) LT6000D-H

参考価格:¥14,880

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワのスピニングリール・フリームスの6000番です。

これだけのサイズ・ラインキャパがあれば、グリグリハンドルを回して、釣れた魚を引き寄せられるでしょう。

大型のハンドルノブですから、しっかり手のひらで握り込めるのがいいですよね。

PEラインなら3号を300メートル巻くことができるので、もっと太いラインでも大量に保持しながら泳がせ釣りを展開できることになります。

ブリなどの大型青物やヒラメなどが掛かると、相当ラインを引き出されることがあります。

引き寄せるのにも時間がかかりますから、太目のラインで余裕を持って対処できるスピニングリールが必須でしょう。

5000番から6000番くらいのスピニングリールなら、やり取りを楽しみながら引き寄せられるはずです。

根ズレなどが発生しやすいポイントなら、ナイロンラインの5号前後に巻き替えるほうが破断を防げるでしょう。

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 5号 クリアー

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 5号 クリアー

参考価格:¥671

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワから発売されているナイロンラインです。

さまざまなカラーが用意されているので、視認性の高いものや水中で見えにくいものなど、自分の釣りスタイルにマッチしたカラーを選んでみてください。

ボビン巻きで500メートル単位で手に入りますから、大きな番手のスピニングリールにもしっかり巻くことができます。

ナイロンは、空気中の水分すら吸い込んでしまう特徴を持っているので、表面がザラ付いてきたりゴワゴワしてきたら、必ず交換しておくようにしましょう。

カンタンには破断しませんが、念のために積極的にライン交換する習慣をつけておくと、もし大型のフィッシュイーターが掛かっても安心してやり取りを楽しめます。

細いラインのほうが、エサのアジが自由に動けるという人もいますが、大型魚の引きに耐えられず破断してしまったら悔やむに悔み切れません。

ラインは、釣りをする上でとても大切な道具ですから、その管理はアングラーの役割だと認識して交換を怠らないようにしたいですね。

がまかつ(Gamakatsu) ヒラメ泳がせ1本鈎仕掛 HS023 5号-ハリス4. 45533-5-4-07

がまかつ(Gamakatsu) ヒラメ泳がせ1本鈎仕掛 HS023 5号-ハリス4. 45533-5-4-07

参考価格:¥363

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらはチヌ針の5号を用いた、ヒラメ用の泳がせ釣り胴付き仕掛けです。

最先端にはオモリを付けてボトムまで仕掛けを沈めてから、枝バリのアジやイワシをエサに食わせることができますよ。

とてもシンプルですから、ある程度の遠投もこなせますし、ボトムを取って地形変化を手元でとらえながら泳がせ釣りをすることが可能です。

大型魚が掛かった際に、オモリ部分は切り離せるようにもセッティングできますから、大胆なやり取りで確実にランディングまで持ち込むようにしてください。

ヒラメ以外に、マゴチやアコウ・ソイ・カサゴ・アイナメなどが掛かることがあります。

一番掛かって欲しくないのがエイで、強烈な引きでアジを持ち去ろうとしますよ。

時間はかかりますが丁寧に引き寄せて、尻尾の先端にある毒針に刺されないようにしながら、リリースしてあげるようにしましょう。

ダイワ(Daiwa) 活かし バッカン R30CM(H) ホワイト

ダイワ(Daiwa) 活かし バッカン R30CM(H) ホワイト

参考価格:¥5,009

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワからリリースされている、エサとなるアジを活かしておくための専用バッカンです。

直径30センチの円形タイプで、容量は大き目。

これなら複数のアジを入れておいても、しばらくはキープできるでしょう。

側面にはエアーポンプを固定するためのポケットを標準で装備しています。

酸素を加えながら、活きのいい状態でエサとして使えるのがいいですよね。

アジと一緒にケミカルライトを入れておくと、弱り始めるのを引き伸ばせるって知ってましたか?

そのケミカルライトのホルダーまで内部に付いていますから、至れり尽くせりといったところて゜しょうか。

アオリイカのヤエン釣りなどで使われるバッカンなので、水汲みバケツなどでも代用できます。

ただし、容量が小さいのでアジが弱ってしまう可能性が高いですよ。

アジの泳がせ釣りをマスターして大型魚を釣り上げよう!

アジの泳がせ釣りの特徴や釣り方、おすすめのタックルを取り上げましたが、いかがでしたか?

防波堤では泳がせ釣りをしているアングラーが結構多いですから、大型の青物が掛かった場合は、お互いにランディングを助け合うようにしたいですね。

自分の隣りの人が魚を掛けたら、仕掛け同士が絡まないように素早く回収してランディングネットを用意。

声掛けをしながら引き寄せてきた魚を、確実にすくい上げるようにしましょう。

釣り場でのコミュニケーションを大切に、写真撮影も手伝ってあげると喜ばれますよ。

ただし、ソーシャルディスタンスは常に意識しながら行動したいですね。

釣りの関連記事はこちら

エサ釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング