ロッド 写真

チニングロッド特集!ハイエンドモデルから汎用性の高いロッドまで23選

FISHING JAPAN 編集部

チニングで狙うのは、チヌ・キビレ。

しかも大型になると50センチを軽く超えてくるので、引きのパワーは強烈です。

加えて噛む力も激しいので、ヤワなルアーなら壊されてしまうことも。

そうなるとチニングに用いるロッドには、どのようなスペックが求められるのでしょうか?

強烈なチヌの引きに耐えられるブランクスパワー!

チニングロッドには、チヌのパワーを受け取るためのブランクスパワーが必要です。

華奢で細身の軟らかいロッドだと、カンタンに伸されてしまうでしょう。

ライトからミディアムライト、できればミディアムパワークラスくらいのブランクスを選ぶようにしましょう。

ファーストテーパーがおすすめ!

チニングロッドのロッドテーパーは、ファーストテーパーがおすすめです。

レギュラーやスローテーパーだと、フッキングがうまく決まらない恐れが出てきますよ。

バイトを感じたらしっかりロッドを振り上げて、硬いチヌのアゴを貫通するようにしたいものです。

スピニングロッドとベイトロッドから選べる!

チニングロッドには、スピニングロッドとベイトロッドが用意されています。

遠投して広範囲を探りたいなら、スピニングロッドを選びましょう。

汎用性の高いものなら、エギングやシーバスフィッシングもできるはずです。

フッキング後あまりラインを引き出されたくないなら、ベイトロッドを選択したいですね。

最近のベイトリールなら遠投もスムーズにおこなえるようになってきましたから、チニングにはベイトタックル!という時代がやってくるかもしれません。

ソリッドティップなら微細なアタリも取れるかも!

チニングロッドの竿先、すなわちロッドティップにも注目してください。

チヌは微細なアタリが多発しますから、チューブラーティップだけでなくソリッドティップも適していますよ。

しっかり食い込ませたいなら、ソリッドティップのロッドを使ってみることをおすすめします。

スピニングタイプのおすすめチニングロッドはこちら!

まずはスピニングタイプのチニングロッドをご紹介しましょう。

各メーカーから数多く発売されているので、どれを選んでいいのか迷ってしまうかもしれません。

そんなときは、価格の安いコスパ優秀なロッドから手に取ってみるようにしましょう。

いきなりハイエンドモデルを購入してしまうと、大胆に使いこなせないデメリットが発生するかも。

そうならないために、1万円台のチニングロッドくらいから始めてみませんか?

ベリーからバットまではパワフルなのにティップが繊細。10gも余裕でフルキャスト出来ます。その上ついばむ様な小さいアタリも取れる。最高です。

出典:amazon

ベイトタイプのチニングロッドもチェック!

次にピックアップするのが、ベイトタイプのチニングロッドです。

主導権をチヌに渡さない釣りを展開したいなら、ドラグをロックしてベイトタックルで臨んでみたいですよね。

釣り場には、牡蠣ガラや岩礁帯・テトラなどの根ズレを起こす可能性のあるポイントがありますから、一気に引き離したいときにベイトタックルを使ってみましょう。

エクスセンスDcと併せて使用してます 5g前後のジグヘッドやライトテキサスで使用がちょうどいいです。

出典:amazon

汎用性の高いバス釣り用ベイトフィネスロッドもチニングに適している!

実は、バス釣り用のベイトフィネス用ロッドにも、チニング向きのものがあります。

汎用性が高い証しでしょう。

かなり軽量のルアーをキャストできますから、さまざまなシチュエーションで活用してください。

アルデバラン50と合わせて使用しています。ロッドが100gなのでリールと合わせても235g・・・。40cm級がかかったときは、穂先から2分の1くらいまで曲がりましたが、全然大丈夫でした。柔らかいけど張りがあって、スモラバ、ネコリグから、10gのバイブレーションまで、投げまくってます。短くて軽いので使いまわしがとても良いです。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング