エギングロッドの写真

【2022年最新版】エギングロッド徹底解説!プロによるロッドの選び方&厳選ロッド16本を紹介!

FISHING JAPAN 編集部

一般的に春~初夏にかけてと、秋~初冬にかけてがエギングを楽しめるシーズンと言われています。

この時期になると、様々なフィールドでエギングロッドを振るアングラーの姿を見かけたことがあるでしょう。

そのエギングに用いるロッドですが、各メーカーから驚くほどたくさんの種類が発売されていて、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、エギングロッドを選ぶうえで重要なポイントを解説し、初心者から上級者まで納得して使える、編集部おすすめのエギングロッドをご紹介します。

後半ではエギングでアオリイカをうまく釣るコツについても触れていますので、エギング初挑戦のアングラーの方も必見です!

エギングロッドの基礎知識

エギングとは?

エギングとは、エギ(餌木)という疑似餌を使って主にアオリイカを狙うルアー釣りのことです。

ロッド、リール、ライン、エギの準備だけで陸から簡単にイカの王様・アオリイカが釣れるということで、初心者を含めた幅広い層のアングラーに人気があります。

エギングについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

イカ釣りで世界トップクラスのブランド「YAMASHITA」と、海のルアー釣りのパイオニア「Maria」のYouTube公式チャンネル『YAMASHITA Maria』には、エギングに関する動画が数多く投稿されています。

こちらの動画ではエギングマイスターの川上英佑氏が、道具、釣り方、場所、イカの取り込み方などエギングの全てを丁寧にレクチャーしています。

エギング初挑戦の方にも分かりやすい内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね!

エギングロッドの特徴

エギングロッドとは、エギングで使用する専用のロッドのことです。

エギングロッドの特徴は大きく分けて3つあります。

【特徴その①】硬い

エギングロッドは他のロッドと比較して、ブランクス(=ロッドの本体部分)が硬めに作られています。

一般的に釣りで使用するロッドは、ファイト中に泳ぎ回る魚の動きに追従できるよう、ブランクスがしなやかな設計になっています。

しかしイカの場合、ファイト中に暴れて抵抗することはありません。

その代わり、背中部分から取り込んだ海水を勢いよく吹き(=ジェット噴射)、重く引くような動きで逃げようとします。

アオリイカは特にこのジェット噴射の勢いが強力です。

この引きに負けずにイカをキャッチできるよう、エギングロッドは硬く仕上げられているのです。

【特徴その②】軽い

エギングロッドはエギングに臨むアングラーに配慮し、軽い設計になっています。

ロッドをしゃくって待つ、という動作を繰り返すエギングでは、釣りの最中ずっとロッドを振り続けなければなりません。

腕にかかる負担を少しでも軽減するために、ロッドは軽く作られているのです。

【特徴その③】感度が良い

エギングロッドは感度が良く作られているのも特徴です。

イカはエギに抱きつくので、魚のように口で引っ張るグイグイとしたアタリではありません。

そのため、イカのアタリは非常に繊細で分かりにくいと言われています。

わずかな状況の変化を察知するためには、より感度の高いロッドを使用することが重要です。

エギングロッドは実は万能ロッド!?

エギングロッドはその高い操作性と感度により、他の釣りにも重宝します。

家族で楽しめるチョイ投げ釣りやサビキ釣り、ライトショアジギングなど、多様なジャンルの釣りでエギングロッドを使用することができます。

また、ブランクスの強度を活かしてシーバスゲームやロックフィッシュゲームでも活躍するでしょう。

エギングロッドは汎用性が高く応用が利くため、初心者アングラーの方も1本持っておくことをおすすめします。

エギングロッドを選ぶときのポイント

さて、実際にエギングロッドを選んでいきたいところですが、レパートリーが多く、何を基準に選んだら良いか迷ってしまいますよね。

そこでまずは、エギングロッドを選ぶうえでチェックしておきたいポイントを3つご紹介します。

①エギングロッドの長さ

ルアーロッドは一般的に、フィート(1フィート=約30センチ)という単位を用いて長さを表記します。

エギングロッドの長さは、6フィート台から10フィートを超えるものまで幅広くあるため、基準が分かりにくいですよね。

そこで着目していただきたいのが、エギングロッドのトータルバランスです。

長さが短いエギングロッドは、操作性や手元の感度の良さには優れますが、飛距離が伸びないためロングキャストには向きません。

そうなると、せっかく釣れても岩礁帯を越えてアオリイカを回収する際、引っ掛けてバラシやすくなってしまいます。

反対に長いエギングロッドを選んでしまうと、手元の操作がしにくくなり、ロッドさばきの難易度が上がります。

以上のことを踏まえると、おすすめは中間の長さ、8.3~8.6フィート辺りがとても扱いやすいロッドと言えます。

②エギングロッドの硬さ

エギングロッドの硬さは、柔らかい方から順に「UL(ウルトラライト)」「L(ライト)」「ML(ミディアムライト)」「M(ミディアム)」「MH(ミディアムヘビー)」というアルファベットで表記されます。

硬さは基本的に、キャストして操るエギに合わせて選ぶのがおすすめです。

よく使うエギが標準的なサイズの3.5号であれば、ML~Mパワーの硬さのロッドが適しています。

これを基準に、2.5号以下の小さいエギを使用する場合はLパワーのロッドを、重いエギでフルキャストしたい場合はMHパワーのロッドを選ぶと良いでしょう。

また、実際に釣具店でロッドを振ってみて使用感を確かめるのもおすすめです。

その際、振っても容易には曲がらないようなロッドはうまくキャストできない可能性があり、アオリイカが抱きに来ても弾いてしまう可能性があるので注意しましょう。

2ピースのジョイント部分(=つなぎ目)があまり硬くならず、緩やかなベントカーブを描くエギングロッドを選ぶと安心です。

③エギングロッドの軽さ

エギングロッドは年々、素材やガイドシステムの見直しによって軽い作りになるよう進化しています。

軽ければ軽いほど操作がしやすく、長時間ロッドを振っても疲れにくいというメリットがあります。

ただし、ブランクスが薄くなる分、中には耐久性や剛性感の欠如が気になる方もいらっしゃるでしょう。

自重は何グラムがベスト!という目安はありませんが、110グラム前後までなら楽に振り回せる方が多いと思います。

重さの違うエギングロッドをいくつか振ってみて、自分に合った自重を見つけるのもおすすめです。

厳選エギングロッド16本を価格別にご紹介!

ここからは、編集部おすすめのエギングロッドをピックアップしてご紹介します。

先に述べたエギングロッドを選ぶうえでチェックしたいポイントを踏まえ、Amazonで評価やレビューが高いものを中心にまとめています。

今回は、初心者には試しやすくコスパ優秀な低価格帯モデルを、上級者には実釣用途に合ったモデルを選んでもらえるよう、価格別に紹介しています。

ぜひ自分に合ったエギングロッド選びの参考にしてくださいね!

【~9,999円】

コスパの高さで選ぶならコレ!

プロマリン(PRO MARINE) CB エギングバトル 86

プロマリン(PRO MARINE) CB エギングバトル 86

最安値価格
¥4,338(amazon)

Amazonへ ¥4,338

楽天市場へ ¥4,338

Yahoo!へ 取扱なし

プロマリンの『エギングバトル』は、手軽にエギングが楽しめる操作性に優れたシリーズです。

5,000円以下で手に入るにも関わらず、品質が高く大物アオリイカにも対応できます。

スタンダードなスペックを兼ね備えたこのモデルは、耐久性にも優れこれから釣りにチャレンジしてみたい方におすすめの1本です。

【自重】165g
【適合エギ】2.0~3.5号
【適合ライン】0.6~1.2号

初心者におすすめのスタンダードな1本

プロマリン(PRO MARINE) ロッド エギライダー80

プロマリン(PRO MARINE) ロッド エギライダー80

最安値価格
¥4,168(amazon)

Amazonへ ¥4,168

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

同じくプロマリンからリリースされている『エギライダー』は、基本スペックがバランス良くコスパが高いので初心者におすすめのシリーズです。

キャストやエギの操作がしやすいのも魅力で、違和感なく使用できる1本です。

幅広いエギに対応し、飛距離も申し分ないので様々なフィールドで活躍するでしょう。

【自重】145g
【適合エギ】2.0~3.5号
【適合ライン】0.4~1.0号

硬めのロッドで大物も狙える

ダイワ(DAIWA) エギングロッド リバティークラブエギング 862MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド リバティークラブエギング 862MH 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

ダイワの『リバティクラブエギング』シリーズは、デザイン性と品質を兼ね備えたラインナップが特徴です。

このモデルは飛距離とパワーに定評があり、重量感を感じたい方におすすめです。

硬めの作りで重いエギも扱えるため、大型アオリイカを狙える春先に重宝します。

【自重】145g
【適合エギ】2.5~4.0号
【適合ライン】0.6~1.2号

汎用性の高さが魅力

メジャークラフト エギングロッド スピニング ファーストキャスト エギング FCS-832E 釣り竿

メジャークラフト エギングロッド スピニング ファーストキャスト エギング FCS-832E 釣り竿

最安値価格
¥5,398(楽天市場)

Amazonへ ¥6,076

楽天市場へ ¥5,398

Yahoo!へ 取扱なし

メジャークラフトのエギング専用ロッド『ファーストキャスト』は、徹底的に無駄を省いた設計で、初心者アングラーにも扱いやすいのが特徴です。

また、シーバスや根魚狙いからチョイ投げ、サビキ釣りに至るまで幅広い釣りに活用することができます。

操作しやすく1年を通して楽しめるモデルなので、ベテランアングラーにもおすすめです。

【適合エギ】2.5~3.5号
【適合ライン】0.4~1.2号

低価格で試しやすい

グローリーフィッシュ(Glory Fish) ロッド エギイーターII 83M

グローリーフィッシュ(Glory Fish) ロッド エギイーターII 83M

最安値価格
¥3,600(amazon)

Amazonへ ¥3,600

Yahoo!へ 取扱なし

手頃な価格で手に入れやすいロッドが揃ったグローリーフィッシュの中でも、コスパの良い1本です。

試しやすく気軽に使用できるため、これからエギングを始めようか迷っている方にもおすすめです。

【自重】149g
【適合エギ】2.5~3.5号
【適合ライン】0.6~1.5号

【10,000~19,999円】

柔らかい使い心地が人気

アブガルシア(Abu Garcia) エギング ロッド スピニング ソルティースタイル エギング STES-862M-KR. 餌木 エギング アオリイカ

アブガルシア(Abu Garcia) エギング ロッド スピニング ソルティースタイル エギング STES-862M-KR. 餌木 エギング アオリイカ

最安値価格
¥10,978(楽天市場)

Amazonへ ¥11,500

楽天市場へ ¥10,978

Yahoo!へ 取扱なし

ハイパフォーマンスを発揮できるパーツや機能を搭載した人気シリーズ『ソルティースタイル』のエギングロッドです。

堤防や磯場での釣りだけでなく、遠投が必要なシチュエーションにも対応でき、オールシーズンで使い回せます。

柔らかさとアタリの取りやすさに定評がある、万能エギングロッドです。

【自重】127g
【適合エギ】3.0~4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

軽く扱いやすい1本

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 18 セフィア BB S86M オールラウンド 操作性・遠投性・パワーのバランス型

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 18 セフィア BB S86M オールラウンド 操作性・遠投性・パワーのバランス型

最安値価格
¥13,156(楽天市場)

Amazonへ ¥13,177

楽天市場へ ¥13,156

Yahoo!へ 取扱なし

シマノの『セフィアBB』は信頼のショアエギングロッドとしてファンも多いシリーズですが、ハイパワーXというブランクスの強化構造が施されてからはさらに性能がアップしました。

キャストの精度やジャークのパワー伝達性、エギの操作性などが向上し、エギングのあらゆるシーンで優れたパフォーマンスを発揮します。

このモデルは軽さや硬さなど基本スペックに定評があり、使い勝手の良さが好評です。

【自重】107g
【適合エギ】2.0~4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

軽快なジャークを叶える

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 セフィア TT S83M オールラウンド 2~4号の幅広いエギ対応

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 セフィア TT S83M オールラウンド 2~4号の幅広いエギ対応

最安値価格
¥11,426(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,897

楽天市場へ ¥17,244

Yahoo!へ ¥11,426

同じくシマノからリリースされている『セフィアTT』は、ロッドがしなやかに曲がる設計で操作性に優れたシリーズです。

軽く動かすだけで簡単にジャークすることができ、長時間でもストレスなく釣りに集中できます。

しなやかでありながらブレを抑制する性能も併せ持ち、オールラウンドモデルは1本あると便利なエギングロッドです。

【自重】98g
【適合エギ】2.0~4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

基本性能の高さが魅力

テイルウォーク(tailwalk) エギスト SSD 83ML

テイルウォーク(tailwalk) エギスト SSD 83ML

最安値価格
¥17,787(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,062

楽天市場へ ¥18,480

Yahoo!へ ¥17,787

テイルウォークの『エギストSSD』は前身モデルからさらに機能をブラッシュアップさせ、ハードな操作に耐える強度、バラシを防ぐしなやかさ、負担のかからない軽さを全て向上させたシリーズです。

イカのサイズや釣りのフィールドごとにフィットするロッドが選べる商品展開も魅力と言えます。

このモデルは1日中ロッドを振り続けても疲れない軽さと、遠くのポイントまでエギを飛ばすことができる遠投性が特徴です。

【自重】107g
【適合エギ】最大4.0号
【適合ライン】最大0.8号

幅広いエギサイズに対応した汎用性の高い1本

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス X 86M 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス X 86M 釣り竿

最安値価格
¥11,325(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,592

楽天市場へ ¥11,497

Yahoo!へ ¥11,325

基本性能が高くコストパフォーマンスに優れたエギングロッドとして人気のシリーズ『エスメラルダスX』は、初心者の初めの1本としてはもちろん、中上級者アングラーも納得できるクオリティです。

キャスタビリティ、操作性共にバランス良く作られており、使用頻度の高い3.5号を中心に幅広いエギサイズに対応しています。

1本で様々な状況に対応可能なオールシーズンモデルで、エギング以外の釣りにも使い回せるロッドを探している方におすすめです。

【自重】120g
【適合エギ】2.5~4.0号
【適合ライン】0.5~1.2号

アタリの取りやすいソリッドティップ

メジャークラフト エギングロッド スピニング トリプルクロス エギングソリッドモデル TCX-S862EL 釣り竿

メジャークラフト エギングロッド スピニング トリプルクロス エギングソリッドモデル TCX-S862EL 釣り竿

最安値価格
¥14,080(amazon)

Amazonへ ¥14,080

楽天市場へ ¥14,080

Yahoo!へ 取扱なし

メジャークラフト初のエギングロッド『トリプルクロス』が、最新スペックでリニューアルしたシリーズです。

握りやすいグリップ形状が人気で、遠投性能と操作性のバランスが取れた1本です。

ソリッドティップを採用したこのモデルは軽い負荷で曲がりやすく、水中のわずかなアタリをキャッチし逃しません。

【適合エギ】2.0~3.5号
【適合ライン】0.4~1.0号

【20,000円~】

長時間振っても疲れない軽量設計

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 19 セフィア SS S86M オールランドモデル 2~4号のエギ向き

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 19 セフィア SS S86M オールランドモデル 2~4号のエギ向き

最安値価格
¥20,862(Yahoo!)

Amazonへ ¥21,799

楽天市場へ ¥22,093

Yahoo!へ ¥20,862

操作性の高さと抜群の感度で多くのアングラーを魅了するシマノのエギングロッドシリーズ『セフィアSS』は、平均自重が95gを切る驚きの軽さを誇ります。

曲げやねじれ、つぶれに強い構造で、耐久性にも優れています。

このモデルは幅広いサイズのエギに適応し、フィールドやシーズンを問わず活躍するおすすめの1本です。

【自重】99g
【適合エギ】2.0~4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

ショアエギング専用のプロモデル

テイルウォーク(tailwalk) EGIST TZ 86M 16301

テイルウォーク(tailwalk) EGIST TZ 86M 16301

最安値価格
¥30,615(amazon)

Amazonへ ¥30,615

Yahoo!へ ¥31,703

テイルウォークがリリースするエギングロッドの中でも、特に高性能なシリーズ『エギストTZ』。

細身・軽量・ハイレスポンスという性能の良さだけでなく、高級感溢れるデザインも大きな魅力です。

広範囲に繊細に誘うことを目的としたこの1本は、プロモデルにふさわしいハイクオリティでオールマイティに活躍してくれます。

【自重】105g
【適合エギ】最大4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

軽さと汎用性の高さを兼ね備えた1本

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 86M・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 86M・R 釣り竿

最安値価格
¥38,345(楽天市場)

Amazonへ ¥38,346

楽天市場へ ¥38,345

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワのエギングロッドの中でも軽さを際立たせた『AIR』シリーズに、高剛性がプラスされ安心して使える強度設計になっています。

シリーズの中心とも言えるこの定番モデルは、軽量にも関わらずキャスティング性能と操作性のバランスが取れた優秀な1本です。

季節を問わず大型から小型までカバーできる汎用性の高さも魅力で、様々な状況に対応可能なオールシーズンモデルです。

【自重】88g
【適合エギ】2.5~4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

繊細なゲームに使いたい1本

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 セフィア エクスチューン S86L 3号前後のエギによる繊細なゲーム

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 セフィア エクスチューン S86L 3号前後のエギによる繊細なゲーム

最安値価格
¥24,196(Yahoo!)

Amazonへ ¥42,947

楽天市場へ ¥40,799

Yahoo!へ ¥24,196

シマノの2021年モデル『セフィアエクスチューン』は、軽さとブレに強い使用感が人気のエギングロッドです。

このモデルは、3号のエギをメインに使う繊細なゲームにおすすめですが、ふいの大物にも対応できるパワーも持ち合わせています。

主に小型のアオリイカが多い秋頃に活躍する1本と言えるでしょう。

【自重】106g
【適合エギ】1.5~3.5号
【適合ライン】0.3~0.8号

エギングロッドの最高峰

シマノ(SHIMANO) エギングロッド セフィア リミテッド S86M パワー系 3.5号以上を使った遠投重視

シマノ(SHIMANO) エギングロッド セフィア リミテッド S86M パワー系 3.5号以上を使った遠投重視

最安値価格
¥35,895(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

Yahoo!へ ¥35,895

シマノの『セフィアリミテッド』シリーズは、飛距離・感度・ジャークに耐えられる軽さと強さの全てを兼ね備えたハイスペックなエギングロッドです。

操作性の高さは言うまでもなく、握りやすいグリップ形状や見た目にも美しいデザイン性など、シマノのこだわりが詰まったシリーズです。

このモデルは、遠投での釣りや抵抗が大きいエリアで活躍するパワーを持ち、大型狙いで重宝します。

【自重】104g
【適合エギ】2.0~4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

エギングロッドを使ってうまく釣るコツ

読者のみなさんの中には、すでにエギングロッドを持っているにも関わらず「エギングが上達しない」「アオリイカが釣れない」といった悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、ここではエギングのメインターゲット・アオリイカを釣る際に役立つアドバイスをお伝えします。

エギングで陥りがちな落とし穴や、確実にアオリイカを狙いに行くためのコツは初心者の方も必見です!

①フィッシングプレッシャーに気をつけよう!

みなさんは、フィッシングプレッシャーという言葉をご存知でしょうか?

これは釣り場に人が多い時、水中の魚が人の気配を察知して警戒心を強めることを意味します。

アオリイカは水の生き物の中でも視力が良く、水際の人影に敏感に反応し、水に沈んで身を潜めます。

一度プレッシャーがかかったアオリイカは警戒心が強くなっているため、エギがそばを通っても手を伸ばすことはありません。

そのため、エギングの際はすぐに水際まで歩いて行かないことが重要です。

②アオリイカの居場所を探ろう!

当たり前のことですが、アオリイカのいない場所でいくらエギを操作しても効果はありません。

アオリイカの居場所はアングラー自身で探り出す必要がありますが、ここでは有効な探り方を一つご紹介しましょう。

まず、傷んで古くなったエギをひとつ用意し、最後尾に付いているカンナ(=エギに付いている針)を、ボディに沿うように曲げます。

そうすることで根掛かりする確率を極端に減らすことができます。

曲げたエギはラインに結んでキャストし、海底まで沈めます。

沈んだエギはしゃくらず、ズルズルと底を這わせながら引っ張ってください。

もし途中に岩が転がっていたらそれを乗り越える感触を味わえるでしょうし、藻が生えていたらエギに引っ付いてくるかもしれません。

また、地形が変化して崖や平地があれば、それに引っかかるときやすり抜けるときに、ロッドティップの曲がりを感じ取ることができます。

このように、障害物の位置や藻の存在、地形変化の有無を把握できれば、アオリイカの居場所は分かったも同然です。

③コウイカばかりが釣れるときは釣り場をチェンジしよう!

エギングで、アオリイカの代わりにコウイカばかりが釣れてしまうことがあります。

コウイカは焼きそばやお好み焼きの食材になるため嬉しい釣り物ではありますが、どうしてもアオリイカを釣りたいという方は釣り場を変えてみてください。

主にコウイカは砂地、アオリイカは藻場に生息しています。

先に述べた居場所の探り方を参考に、アオリイカのいる藻場を見つけましょう。

信頼できるエギングロッドを使ってアオリイカを釣り上げよう!

イカの王様・アオリイカを狙えるエギングは、初心者からベテランまで幅広い層のアングラーに人気の釣法です。

特別な準備は必要なく、基本のタックルを揃えるだけで手軽に始められるからこそ、ロッド選びにはこだわりたいものです。

エギングロッドはメーカーごとに強みが異なるため、比較して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

エギングに関連するおすすめの記事はこちら!

この記事に関するよくある質問

エギングロッドは他のロッドと何が違いますか。

エギングロッドは他のロッドと比較してブランクス(=ロッドの本体部分)が硬めに作られています。また、一日中ロッドを振る動作を行うため、エギングロッドは軽量にしてあります。さらにイカの繊細なアタリが察知できるように感度が良く作られています。

エギングロッドを選ぶ時のポイントを教えて下さい。

ロッドを選ぶポイントは長さ・硬さ・軽さの3要素です。長さは8.3~8.6フィート辺りの長さを選べば、とても扱いやすいです。硬さはよく使うエギが標準的なサイズの3.5号なら、MLからMパワーの硬さのロッドが適しています。重量は110グラム前後までなら楽に振り回せます。

エギングロッドを持っているのにアオリイカが釣れません。

アオリイカは水の生き物の中でも視力が良く、水際の人影に敏感に反応し、水に沈んで身を潜めます。プレッシャーの一度かかったアオリイカは、警戒心を昂ぶらせていますので、エギがそばを通っても手を伸ばすことはありません。なので、エギングの時にすぐに水際まで歩いて行かないことが重要です。

エギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング