イカのアップ写真

ケンサキイカの釣り方をマスターしたい!ショアからアプローチできるおすすめタックル

FISHING JAPAN 編集部

みなさんはケンサキイカ釣りに出かけたことはありますか?

ケンサキイカといえば、船からのアプローチでスッテやイカメタルを操って釣るイメージが強いかもしれませんが、時期によっては防波堤からのエギングゲームでも簡単に狙うことができます。

今回はショアから楽しむケンサキイカ釣りについて詳しく見ていきましょう。

釣りに用いるエギの特徴やおすすめのタックルも紹介していますので、これからエギングに挑戦しようと考えている方も必見です!

ケンサキイカとは?

ケンサキイカとは、ツツイカ目ヤリイカ科ケンサキイカ属に分類されるイカの一種です。

体長は大きいものでも40cm程度で、体型は細長く胴の先端が尖っています。

見た目はヤリイカとよく似ていますが、ケンサキイカの方が胴が太く、触腕も大きく長いです。

ケンサキイカは暖かい海域を好み、日本では本州中部~南部に広く分布しています。

秋から冬の時期は水深100m程度の深場に生息していますが、産卵期にあたる春から夏にかけては水深20~40mの内湾に近づいてきます。

ちなみにケンサキイカは地域によって様々な呼び名で親しまれており、地方名が多いことでも有名です。

たとえば相模湾や東京湾ではマルイカ、山陰ではシロイカ、九州ではゴトウイカなどと呼ばれていますが、関東の市場ではアカイカとして流通しています。

ケンサキイカはどこで釣れる?

冒頭で述べた通り、ケンサキイカは船からでも堤防からでも狙うことができます。

船釣りでは胴付き仕掛けを使って大量に釣り上げるアプローチや、イカメタルやスッテを上手く組み合わせて楽しむスタイルがあり、ゲーム性の高さが魅力です。

一方、磯や堤防などのショアからはエギングゲームで狙うのが主流で、手軽に実践できるだけでなくタックルもシンプルなので幅広いアングラーにおすすめです。

ちなみにショアから小型エギでケンサキイカなどを狙う釣りのことをライトエギングと呼びます。

今回は初心者の方でも挑戦しやすい、ライトエギングについて詳しくご紹介します。

ケンサキイカ釣りのシーズンとポイント

ケンサキイカをショアから狙うのに最適なシーズンは、産卵のために接岸してくる初夏から秋にかけてです。

日本海、太平洋、東シナ海沿岸の水深のある場所に多く潜んでいます。

エギングでケンサキイカを確実に釣り上げたいのであれば、夜釣りをおこなうと良いでしょう。

夜明けから日の出までの朝マズメや、日の入り間近の夕マズメなどの時間帯は、特に釣果が出やすいと言われています。

ただしこれには地域差があるため、自分が出向く釣り場の情報を入手して計画を立てるのがおすすめです。

タイドグラフBIをダウンロードして釣り場の情報を手に入れよう

ケンサキイカの釣り方

まずはケンサキイカの居場所を探り出すところから始めましょう。

岸に近くて水深のある場所がポイントですが、ケンサキイカは底ベタに張り付いているわけではなく、その中層を漂っていることが多いです。

エギをキャストして探っていく際は、フォールスピードを抑え気味にすることで中層にいるケンサキイカに見つけてもらえる確率が上がります。

エギが沈んだらロッド操作でリフトして、またフォールを繰り返しましょう。

ケンサキイカはエギが激しく動くのを好まないため、シャクらず止めて巻き取るだけの軽い誘いが効果的です。

アタリは明確に出やすく、重みを感じたら軽く竿を立てて優しくアワセます。

繊細なターゲットであるイカは、強くアワセをおこなうとバラしてしまう可能性が高まるので注意しましょう。

フッキングが決まったら丁寧に素早く取り込むことが大切です。

ケンサキイカのアタリが分かりにくい場合

ケンサキイカのアタリが分かりにくい場合は、ラインの動きを見るようにしましょう。

フォールの際にロッドティップを倒して、水面にラインを浮かせます。

ラインはたるんだ状態で浮くので、それがほんの少しでも引っ張られたらケンサキイカが触りに来ていると考えてよいでしょう。

ロッドティップを曲げるほどのアタリがないときは、このようにラインの変化を頼りに釣りを展開してみてください。

ちなみにケンサキイカ用のエギは2号前後でカンナは1重、ハリ先も短めとコンパクトサイズが主流になるため、しっかり抱かせることが重要です。

ショアからケンサキイカのエギングを実践する様子は動画でチェック!

ゲームフィッシングブランド「JUNGLEGYM」のYouTubeチャンネル『junglegym world』では、ケンサキイカのエギングを紹介しています。

実際に使用したタックルや釣り方のコツについて詳しく解説されているので、エギング初挑戦の方は必見です!

ケンサキイカ釣りにおすすめのタックルをピックアップ!

それでは、ショアからケンサキイカを釣るときに使いたいおすすめのタックルをご紹介します。

ロッドに関してはエギング用の柔らかいものでも構わないのですが、アジング用のキャロを操るロッドでも転用可能です。

あまり硬くなり過ぎないように配慮すれば、ケンサキイカをフッキングに持ち込みやすいでしょう。

ロッド

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S610L-S

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S610L-S

最安値価格
¥7,979(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,686

楽天市場へ ¥8,018

Yahoo!へ ¥7,979

シマノからリリースされている、アジングゲーム用のロングロッドです。

ブランクスに張りがあるので、キャロによるロングキャストを実践しやすいのが特徴です。

全長は2.08mで2ピース仕様、仕舞寸法は106.5cmなので、釣り場を巡るランガンスタイルに適しています。

自重は67gと軽めなので、長時間ロッドを振り続けても疲れを感じにくいでしょう。

適合するルアーウェイトは0.5~12gと幅広いため、2号前後の小型エギやキャロ仕掛けのスッテも操りやすいです。

PEラインは0.1~0.6号まで適合しています。

実際に手にしてみると、とても柔らかくてよく曲がる印象ですが張りも十分にあります。

これを活用してロングキャストを実践すれば、広範囲からケンサキイカを見つけ出せるでしょう。

リーズナブルな価格帯に抑えられていて手に入れやすく、アジングゲームやメバリングゲームにも使えるロッドなのでコスパ優秀です。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) メビウス 710L

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) メビウス 710L

最安値価格
¥25,740(Yahoo!)

Amazonへ ¥30,030

楽天市場へ ¥27,027

Yahoo!へ ¥25,740

エギング専用タックルを活用したい方には、ヤマガブランクスのエギングロッドがおすすめです。

こちらのモデルは1.8~3.5号のルアーに適合しているため、ライトエギングで用いる小型エギにも十分対応できます。

全長2.39mのショートレングス仕様なので、ケンサキイカを中層で抱かせたりピンポイントを攻めたりといった釣りに最適です。

ヤマガブランクスのロッドは性能の高さに定評があり、僅かなアタリを逃さないので繊細なゲームを展開できます。

自重は84g、適合するPEラインは0.3~0.6号です。

不意の大物にも対応可能なバットパワーを持ち合わせているため、ケンサキイカ狙いの他アオリイカエギングやボートでの釣りなどにも転用できます。

幅広いシチュエーションで使える汎用性の高いロッドを探している方におすすめの1本です。

リール

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 2500S バス用スタンダードモデル エギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 2500S バス用スタンダードモデル エギング

最安値価格
¥17,500(amazon)

Amazonへ ¥17,500

楽天市場へ ¥19,085

シマノからリリースされている、汎用型の丈夫なスピニングリールです。

ギア比は5.3で、ハンドル1回転につき78cmのラインを巻き取れるようになっています。

ケンサキイカのエギングで使用するPEラインも十分に巻けるキャパシティがあるので安心です。

このリールをフィールドで使ってみると、剛性の高さを実感することができます。

ローターやハンドル回転もスムーズで軽やかなので、大型のイカにもしっかり対応できるでしょう。

実際にケンサキイカが掛かっても、ドラグの出が滑らかでバラシに繋がるぎこちなさは感じられませんでした。

余裕のある動きと耐久性によって、長く使い続けるのに最適な汎用スピニングリールと言えます。

ライン

ケンサキイカはアオリイカやコウイカなどと比べて小さいため、釣りにはそれほど強度の強いラインを用いる必要はありません。

小型のエギをしっかりキャストできる性能が必要なので、メインにはPEの0.4~0.6号を使用し、リーダーにはフロロカーボンの1~2号を合わせるとよいでしょう。

あまりにも太いラインを用いると糸ふけが出やすく、さらにエギの動きが複雑になってケンサキイカに違和感を与えてしまいます。

エギが軽量であることを念頭に置いて、扱いやすいラインを選ぶようにしましょう。

よつあみ(YGK) PEライン Gソウル オードラゴン WX4F1 200m 0.6号 11lb 4本 5色 SS140

よつあみ(YGK) PEライン Gソウル オードラゴン WX4F1 200m 0.6号 11lb 4本 5色 SS140

最安値価格
¥2,100(amazon)

Amazonへ ¥2,100

楽天市場へ ¥2,640

Yahoo!へ ¥2,164

クレハ(KUREHA) ハリス シーガー グランドマックスFX 60m 1号 クリア

クレハ(KUREHA) ハリス シーガー グランドマックスFX 60m 1号 クリア

最安値価格
¥1,727(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,057

楽天市場へ ¥1,742

Yahoo!へ ¥1,727

エギ

ケンサキイカのエギングには、2号前後の小型のエギを使用します。

サイズや色に関しては、釣り場の風の状況や潮の流れなどを考慮して選ぶとよいでしょう。

たとえばエギングにおすすめの時間帯として紹介したマズメ時は、釣り場にもよりますがオレンジやピンクなどのエギが効果的と言われています。

また、同じサイズのエギでもメーカーやモデルによって少しずつ自重が異なるため、狙いたいポイントに合わせて使い分けることが大切です。

浅瀬では軽めのエギ、水深が深いポイントや流れが速い場合は重めのエギを用いるなど、工夫して使用しましょう。

最近はライトエギング専用のエギもリリースされているため、初心者の方はそちらを選んでおくのもおすすめです。

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K 2.5 004 カクテルオレンジ 594966

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K 2.5 004 カクテルオレンジ 594966

最安値価格
¥907(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,364

楽天市場へ ¥1,091

Yahoo!へ ¥907

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ: アオリーQ RS 2.0号 SLPE: スケルトン夜光ピンクエビ

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ: アオリーQ RS 2.0号 SLPE: スケルトン夜光ピンクエビ

最安値価格
¥610(Yahoo!)

Amazonへ ¥968

楽天市場へ ¥660

Yahoo!へ ¥610

エギング ライトエギライダー 1.5号 4g KMY-1533 LIGHT EGIRIDER ALIVE アライブ 釣り具 (No.2 オレンジグロー)

エギング ライトエギライダー 1.5号 4g KMY-1533 LIGHT EGIRIDER ALIVE アライブ 釣り具 (No.2 オレンジグロー)

最安値価格
¥358(amazon)

Amazonへ ¥358

Yahoo!へ ¥648

ケンサキイカを釣ったら美味しく食べよう!

釣り上げたケンサキイカは、持ち帰って美味しくいただくのがおすすめです。

ケンサキイカはイカの中でも特にその味に定評があり、なんとイカの王様・アオリイカに匹敵する高値で取引されるほどです。

味わいとしては身に厚みがありますが柔らかいので食べやすく、噛むほどに濃厚な旨味と甘みが溢れ出てきます。

また、火を通しても硬くならないので加熱調理にも向いており、様々な料理にして楽しめるのも魅力です。

刺身や天ぷらなどの定番料理はもちろん、トマト煮などの洋風の味付けにもよく合います。

ケンサキイカのさばき方や寄生虫の危険性、調理法については下の記事で詳しく解説しています。

エギングを習得してショアから手軽にケンサキイカ釣りを楽しもう!

今回は、ショアから狙うケンサキイカの釣り方やおすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

船釣りよりも手軽に実践でき、シンプルなタックルで簡単に狙えるエギングは、初心者から上級者まで幅広く楽しめる釣法です。

ケンサキイカが接岸してくるタイミングで、ぜひショアから狙ってみてくださいね。

釣って楽しく食べて美味しいケンサキイカの魅力に気づいたら、あなたもきっとハマってしまうこと間違いなしです!

本格的なエギングを楽しみたい方におすすめの記事はこちら!

この記事に関するよくある質問

ケンサキイカはショアからでも釣れる?

はい、釣れます。磯や堤防などのショアからはエギングゲームで狙うのが主流で、手軽に実践できるだけでなくタックルもシンプルなので幅広いアングラーにおすすめです。ケンサキイカをショアから狙うのに最適なシーズンは、産卵のために接岸してくる初夏から秋にかけてです。釣り場としては日本海、太平洋、東シナ海沿岸の幅広い地域で、なるべく岸に近くて水深のある場所が多く潜むポイントです。

ケンサキイカのエギングにおすすめのロッドは?

ケンサキイカ釣りに用いるロッドはエギング用の柔らかいものでも構わないのですが、アジング用のキャロを操るロッドでも転用可能です。あまり硬くなり過ぎないように配慮すれば、ケンサキイカをフッキングに持ち込みやすいでしょう。

エギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング