イカ 写真

アオリイカが釣れない理由!エギングって難しいの?初心者のお悩み解決特集

FISHING JAPAN 編集部

エギングでアオリイカを釣る人が、ある時期爆発的に増えたように感じます。

近郊の港はもちろん、釣り専門誌やサイトで取り上げられた地方の釣り場には、週末になるとエギングロッドを手にした釣り人でいっぱいに。

極端なケースでは、ロッドを振るスペースがないくらいの人出が押し寄せたところもありました。

確かにアオリイカは高級な魚類(イカなんですけど・・)に含まれますし、エギングという釣りスタイル自体が真新しいアプローチに輝いて見えましたから、多くの釣り人の興味を引き付けたのは間違いないでしょう。

でもそんなに人が釣り場に居ては、釣れるものも釣れなくなってしまいますよね。

アオリイカはどうして釣れないの?

「エギングは始めたんですけど、まだアオリイカを釣ったことがないんですよ~、、」という人、特に初心者の中には結構いますよ。

いったいどうすれば釣れるのか、途方に暮れている様子が伝わってきます。

そこでここでは、アオリイカが何故釣れないのか、その理由を分かりやすく掘り下げてみることにしました。

アオリイカが釣れない理由①フィッシングプレッシャー

アオリイカが釣れない理由のひとつ目は、やはり前述のようにフィッシングプレッシャーが高くなったことが挙げられます。

アオリイカは、意外と目が良いですから、水中から陸上の気配をうかがっていますよ。

いきなり水際に立ったりしたら、その人影に驚いてアオリイカは沈んでしまいます。

そういうプレッシャーの一度かかったアオリイカは、警戒心を昂ぶらせていますので、エギがそばを通っても手を伸ばすことはないでしょう。

絶対にすぐに水際まで歩を進めない!これは他の釣りにも適応する鉄則だと肝に銘じてください。

アオリイカが釣れない理由②エギのシャクリ方

次にアオリイカが釣れない理由として挙げられるのは、エギの動かし方です。

どのエギング・マニュアルやマニュアルDVDを見ても、ロッドを親のカタキのように振り倒しているシーンが掲載されていますよね。

あれは本当に正しいのでしょうか?

確かにロッドのシャクリ方ひとつで、活き活きとしたアクションをエギは見せてくれます。

でもそのアクションの一部始終を、アオリイカが隣りで見つめていなければ効果は得られないはず。

アオリイカのいないところで、どんなシャクリ方をしても釣れるはずがないのです。

シャクる前に、アオリイカの居場所を的確に探り出せるスキルを身に付けましょう。

アオリイカの居場所を探ってみよう

「えっ?アオリイカの居場所なんて分かるわけないよぉ~、、」

そんなふうにあきらめてはいけません。

アオリイカの居場所は、釣り人自らが丁寧に探り出す他はないのです。

その探り方のひとつをお教えしましょう。

まず、傷んで古くなったエギをひとつ用意します。

最後尾に付いている針=カンナを、ボディに沿うように曲げてしまいましょう。

これで根掛かりする確率が極端に減りましたから、ラインに結んでキャストし、海底まで沈めてください。

エギ 写真

最後尾のカンナが押し曲げられた状態

エギで探って得た情報を基にアオリイカの居場所を確定しよう

海底まで沈めたら、そのエギを一切シャクることなく、ズルズルと底を這わせながら引っ張ってきてもらいたいのです。

もし途中に岩が転がっていたら、それを乗り越える感触を味わえるでしょう。

地形が変化して崖や平地があれば、それに引っかかったりすり抜けたりするときのロッドティップの曲がりを覚えられるでしょう。

途中に藻が生えていたら、エギのどこかに引っ付いてきて手にすることができるかもしれません。

障害物の位置・地形変化の有無・藻の存在と、これだけの情報があれば、アオリイカの居場所は分かったも同然です。

こういう地道に手間や苦労を飛び越えて、釣果のみを求めようとするから、釣れないスパイラルにハマってしまうということを、ぜひ自覚してください。

アオリイカが釣れない理由③代わりにコウイカばかり釣れてしまう

アオリイカの代わりに、コウイカばかりが釣れてしまうことがあります。

これもアオリイカが釣れない理由にはなるのですが、ちょっと贅沢ですよね。

イカが釣れているわけですし、コウイカは焼きそばやお好み焼きに入れると、とても美味しい食材です。

しかもそのスミは、イカスミパスタなどで利用されているそのものズバリですから、ガッカリすることなくコウイカを持ち帰って食べるようにしましょう。

ちなみにコウイカは、砂地に潜って生活をしています。

アオリイカの居場所である藻場とは少し異なりますから、釣り場を変更すれば対処できるでしょう。

アオリイカが釣れない理由④生態を知らない

アオリイカが釣れない最大の理由は、もしかするとその生態に詳しくないからかもしれませんね。

春のアオリイカは産卵のために大型化して、小型のものは数が減ります。

ということは、簡単に釣れる確率が下がる季節ということになりますね。

逆に夏の終わりから秋にかけては、孵化して成長した小型のアオリイカの姿を数多く見つけることができます。

釣れる確率は一気に上がりますから、初心者の人はこの季節からエギングを始めると良いでしょう。

アオリイカをエギングで釣るための第一歩

アオリイカが釣れない!と悩むのは、釣り人として一歩を踏み出した証しです。

悩まずにスキルアップした釣り人など、誰一人として存在しません。

胸を張って「オレはアオリイカを釣ってないぞ!」と意識するところから、解決の糸口が見えてくるものです。

頼りになるおすすめエギと、初心者の人が理解しやすいと評価の高い動画をピックアップしてみましたのでご覧ください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング