19ストラディックのアップ写真

19ストラディックを使ってみた!機種別実釣インプレと気になるユーザー評価をチェック

FISHING JAPAN 編集部

2019年の夏にデビューを果たした、シマノのスピニングリール・19ストラディック。

シルバーメタリックのボディカラーは、旧モデル・15ストラディックとの共通点ですが、それ以外は大きく性能を変えてきたことで、当時話題となりましたね。

いったいどんなふうに変わったのか、詳しいスペックをチェックしながら、実釣で感じたインプレやユーザー評価をご紹介しましょう。

19ストラディックとは

19ストラディックとは、シマノの汎用型スピニンクリールで、実売価格が2万円前後とコスパ優秀なモデルとして広くアングラーに親しまれています。

以前はこの価格帯には、白いバイオマスターがデンッ!と構えていて、さまざまな釣りを助けてくれていました。

中堅モデルより少し下の価格帯で、釣具店で見つけたら思わず買ってしまうモデルでしたね。

その代わりとなるのが19ストラディック、そういう定義づけでよろしいでしょうか。

19ストラディックのロングストロークスプール

ただ、この19ストラディック、白いバイオマスターと違うところは、生まれながらにして持っているスペック。

これがかなりキレッキレで、「本当に2万円台のスピニングリールなの?」と疑いたくなるほどの充実ぶりなのです。

まず最初に挙げたいのは、ロングストロークスプール。

旧モデルと並べてみても、見るからに新しいほうが長く伸びています。

このデザイン変更により、ルアーをキャストした際の飛距離も伸び、当然好釣果に直結するように。

それだけ広範囲を探ることになるという、とても分かりやすい高機能に、喜ばないアングラーはいないでしょう。

19ストラディックのマイクロモジュールギアⅡ

次に挙げるのが、マイクロモジュールギア。

正確には、ステラやヴァンキッシュと同じマイクロモジュールギアⅡ仕様です。

ハンドルを回してみると、軽やかで滑らか。

まるでハイエンドモデルのハンドルノブを握っているかのような感覚になります。

これが2万円台・・・スピニングリールに対する価値基準が、軽やかに崩れていきますね。

そしてもうひとつスペックを挙げるとすれば、防水機能のX-プロテクトも搭載していることでしょうか。

釣行から帰って水洗いして乾燥、それで元の使用感に戻っているというのは、大きな安心感につながります。

19ストラディックの実釣インプレとユーザー評価をチェック

19ストラディックのユーザー評価をピックアップしてみました。

人気の番手ほど、さまざまな要望が噴出しているのが注目に値するところ。

シマノはこういうストレートな声を、次期モデルの改善点として活かしていくはずです。

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 1000S

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 1000S

参考価格:¥16,980

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

18ステラとの違いを1番感じたのは、部品のクリアランスの違いです。
18ステラはハンドルノブまで遊びも無く、カッチリした剛性感を感じますが、19ストラディックはそこまでの剛性感を感じる事はできません。
その事もあり、巻心地やメカノイズなど使用感に差が出てると思います。
ただ、リールとしては非常に良くできたリールだと思います。
巻き心地も良く、使用して僅かですが、ライントラブルも起こってません。
たまに聞く巻き出しの重さも、リール単体の空回しの話がほとんどで、実際ルアーをキャストして巻いた時は、19ヴァンキッシュでも重たさは感じますし、巻物など一定のスピードでルアーを引いてくる釣りには、コアソリッドシリーズの方が向いていると思います。
ステラの様に所有感や優越感は無いですが、道具としては文句無しのスペックです。

出典:アマゾン

なるほど、コアソリッドシリーズですか。

確かにステラもそうですし、この19ストラディックもシリーズの仲間ですね。

ヴァンキッシュのような軽いローターではなく、その代わりに剛性感その他を得ているのだと。

ミノーのステディリトリーブに、コアソリッドシリーズのリールをよく使うのですが、一定のスピードで巻き続けていると伝わってくる使用感というのが存在します。

それは途切れないリズムであり、雑音の無さであり。

そういう使用感の中でルアーを泳がせたいなら、19ストラディックはとても適していると、その結論に共感を覚えます。

この番手・1000Sは、アジングで使っています。

0.3号のPEラインを巻いて、シンキングミノーをやはりステディリトリーブ。

ちょっとした水流の変化でもラインや穂先に出ますから、手元感度として染み渡ってくるのに、さほど時間はかからないでしょう。

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 2500SHG

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 2500SHG

参考価格:¥18,000

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

前作は軽かったのに、ずいぶんと重くなって二つ前にもどっちまったな。
軽くて強いのがトレンドじゃなかったのか。
次回作に期待ですな

出典:アマゾン

こちらはなかなか辛口な評価になっています。

軽くて強いという要素のひとつ、軽い部分に満足できかなったということでしょう。

ちなみに2500SHGの自重は、220グラム。

これを軽くしようと試みたら、ストラディックCI4+になってしまいそうだし、そっち系の軽さは求めていないのかもしれないし。

実際にバス釣りに使っていますが、確かに細かなシェイクをソリッドティップロッドで実践しようとすると、やや手首が疲れる気がします。

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 4000XG

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 4000XG

参考価格:¥19,877

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

まず気になる巻き心地ですが…… 巻き始めは重めで最近のダイワ製品の方がレスポンスは良いです。
しかし一旦回りはじめるとスムーズにグングン加速していく感じで、手を離した後も勢いが持続します。

次に剛性。ハンドルは太めで、今回からワンピースの物になりしっかりとパワーを伝達してくれる印象があって
良いです。ベールの作りにもおもちゃ感は無く、戻すときの「シャコーン」という音が心地良いです。
ボディにも剛性を持たせているためにCI4+やLTシリーズなどと比べると重いですが、280gなら
キャスト疲れしない範囲だと思います。
このボディの剛性が大物をかけた時に果たしてどこまで有利に働くかは今後注目していきたいと思います。
また、海で使用する場合はXプロテクトがあるのは安心ですね。

飛距離については実際に投げてみてもあまり違いが分からない気がしますが、ここはロングストローク
スプールを信用することにいたします。

どうしても同価格帯のライバル機? ダイワ18カルディア と比べてしまうのですが、どちらも
価格にしては非常に高品質のリールで巻き心地は良いです。
18カルディアが勝っている点は動き出しの速さと自重(の軽さ)で、19ストラディックは剛性と
リーリングのパワーだという気がしました。
あえてこの2機を使い分けるとすれば「巻き物にはストラ」「シャクる釣りにはカルディア」になるのかも
しれません。

出典:アマゾン

ストラディックの4000番や5000番なら、SWシリーズと同じような用途、つまりショアジギングに使うケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。

こちらのユーザーさんは、サーフで使う目的で4000XGを入手したとのこと。

ダイワの同価格帯のスピニングリールは、やはり気になるところでしょうか。

実際に4000番を釣りで使ってみました。

ターゲットはシーバスで、河口域の干潟エリアにフローティングミノーを投入してはリトリーブを繰り返すアプローチを実践。

最初は重く感じる回り出しも、勢いが乗ってくると極めてスムーズ。

何者かにゆったりと後押ししてもらっているような感じでしょうか。

シーバスが掛かってやり取りになってからは、強引に引き寄せても何ら問題点は発生しませんでした。

終始アングラー側に釣りの主導権があるイメージ、となれば代わりが登場してくるまでは、19ストラディックの登板は続くといっていいのではないでしょうか。

19ストラディックを使いこなしてさまざまな釣りを楽しもう!

19ストラディックとステラの使用感を重ねてみようとしますが、やはりどこか、巻き心地の細部が異なる気がします。

ハイエンドモデルと比べれば、違って当たり前なのですが、具体的にココとココ!といえないところに、19ストラディックの完成度の高さがあるのでしょう。

特にルアーをキャストしてリトリーブに入り、ハンドルを3回転か4回転してからの、軽妙でしっとりとした巻き心地は、このリール独自のものと思いたいですよね。

長く付き合える巻き物ルアー専用のスピニングリールを探している人に、ぜひおすすめします。

リールの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング