リールのアップ写真

ダイワのレグザを使ってみた!汎用型スピニングリールの実力チェック

FISHING JAPAN 編集部

実売価格が1万円台の汎用型スピニングリールで、納得のいく機種を探しているアングラーは結構多いでしょう。

さまざまな釣り方をスタートさせるのに、初期費用をできるだけ抑えたい!でも揺るぎない基本性能は確保したい!そういう要望をかなえてくれるのが、ダイワのレグザシリーズです。

その詳細スペックや実釣インプレをご紹介しましょう。

ダイワのレグザシリーズとは

レグザとは、ダイワから発売中の汎用型スピニングリールのことです。

1000番・2000場といった、小型の番手がラインナップされていないところが、極めて大胆。

2500番の浅溝スプールタイプから、6000番の大型タイプまで、全部で11機種から選べるようになっています。

アルミニウムを採用したボディはとても堅牢で、フレームの強さがタフデジギアをしっかり支えています。

ダイワオリジナルのマグシールド(ピニオン部分)も装備されていて、滑らかな回転を塩ガミや異物の混入から守ってくれます。

LTコンセプトが採用されているので、軽さによるメリットを感じつつ、魚からの大きな負荷にもじゅうぶん耐えられる剛性・耐久性を備えています。

ドラグは、定評のあるATDを採用していて、安定したドラグレスポンスをキープしてくれるでしょう。

スプールには、LC-ABSが装着されています。

それでは、ダイワのレグザシリーズの中から、3つの機種を取り上げてインプレしてみましょう。

●ダイワ・レグザLT2500S-XH

エクストラハイギアで浅溝スプールの2500番モデルは、エギングゲームを始めとするさまざまなソルトウォーターゲームに活用できます。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき87cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

ウエイトは235gなので、さほど軽いものではありませんが、実際に手に持ってみると、持ち重り感を味わうことはないでしょう。

最大ドラグ力は5kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら6lbを100m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ボールベアリングは5個搭載していて、ハンドルの長さは55mm。

メーカー希望販売価格は、22,000円です。

T型のハンドルノブはとてもつまみやすく、ラインスラックを活かしたロッドワークを展開するのに適しています。

巻き心地は、軽快というよりしっとり感のある滑らかさのほうが目立つでしょうか。

2kg程度のアオリイカに走られても、ATDのレスポンスがタレることはなく、安心してやり取りを楽しめます。

ローター自体のウエイトも絞られているのか、巻き始めがとても軽やかなのが印象的な1台です。

シーバスゲームに使うならこのレグザ!

●ダイワ・レグザLT3000-XH

3000番モデルは、特にシーバスゲームを楽しむユーザーに適合しているでしょう。

ギア比は6.2対1と設定され、ハンドルを一回転させるだけで93cmのラインを回収することが可能です。

そのウエイトは260gと、そこまで重くはありません。

このリールの最大ドラグ力はなんと10kgで、ラインキャパシティは、モノフィラメントラインだと10lbが120m、PEラインだと1.5号が170m巻けます。

ボールベアリングは5つを搭載し、ハンドルの長さは60mmです。

製造メーカーの提案する販売価格は、22,000円です。

ラインキャパが豊富なので、ロングキャストが必要な場面で力を発揮します。

最大ドラグ力の10kgは、力強くリールを巻き寄せる際に頼りになることでしょう。

レグザシリーズの高い剛性をこのモデルで感じることができます。

ショアジギングを楽しみたいならレグザの5000番モデルがおすすめ!

●ダイワ・レグザLT5000D-CXH

ギア比6.2対1で、1回転で約105cmのラインを回収可能な5000番サイズです。

本格的にショアジギングにチャレンジしたいアングラーに、最適なモデルと言えるでしょう。

ウエイトは290gで、最大ドラグ力は12kgを誇ります。

ラインキャパは、モノフィラメントラインであれば14lbを260m、PEラインならば3.0号を210m巻けます。

5個のボールベアリングが装備されており、ハンドルノブはEVA製で握りやすく仕上げられています。

ハンドルの長さは60mmです。

剛性感が印象的な仕上がりで、青物の強い引きにもしっかりと対応可能な機種です。

メーカー希望販売価格は、22,500円で、実売価格は恐らく1万円台と予想されます。

この価格帯でのコストパフォーマンスは、非常に高いと評価できます。

中型の青物釣りにて、ロッドを上げて強引に寄せても、ハンドルはスムーズに回転し続けました。

レグザシリーズにマッチしそうなおすすめのロッドを選んでみた!

それではダイワのレグザシリーズにマッチしそうな、おすすめのロッドを2本取り上げてみましょう。

まずは、シーバスゲーム用から。

正確なアプローチを実践したいなら、ある程度柔らかめのブランクスのほうが扱いやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 シーバスハンターX 90ML・R

ダイワ(DAIWA) 21 シーバスハンターX 90ML・R

最安値価格
¥8,369(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,245

楽天市場へ ¥13,634

Yahoo!へ ¥8,369

ダイワが出しているシーバスハンターXシリーズの中で、MLパワーブランクスのロッドを試すことにしました。

全長2.74mで取扱いが容易で、2本継ぎとなっています。

仕舞寸法は141cmになるため、様々な状況で活用してみることが可能です。

ウエイトは軽量の128g、先径/元径は1.8/12.4mmと比較的細身に作られています。

対応可能なルアーウエイトは、7gから35gとなります。

使用できるラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lb、PEラインなら0.6号から1.5号です。

カーボン素材の含有率は、95%と定められています。

実際に組み立てて振ってみると、非常に軽くしなやかな感触のブランクスが出来上がっています。

軽量なルアーでもキャストが容易で、ロッドワークもスムーズに行えます。

ガイドはラインが絡みにくい設計なので、連続でキャストするのに適しています。

販売価格は1万円台で、コストパフォーマンスに優れています。

シーバスだけでなく、防波堤からのちょっとした釣りや、チヌ・ロックフィッシュゲームにも使い回し可能な優れたアイテムです。

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド OVER THERE 1010M/MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド OVER THERE 1010M/MH 釣り竿

最安値価格
¥23,090(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥23,090

ダイワから発売中の、ショアジギングゲーム用スピニングロッドです。

全長は3.30mと長めで、継数は2本。

仕舞寸法は169cmで、ウエイトは200gに設定されています。

先径/元径は2.2/17.7mmで、適合するルアーウエイトは10gから60gまで、メタルジグなら65gまでキャストすることができます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから20lbまで、PEラインなら0.8号から2.0号程度になります。

ブランクスのカーボン素材含有率は、92%です。

実際に手に取ってみると、とてもしなやかで張りも伴なったブランクスに作られています。

軽く振り抜いて飛距離を出すのに向いていて、手返しよくアプローチすることを心がけましょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ダイワのレグザシリーズを駆使して大物を釣り上げよう!

ダイワのレグザシリーズの特徴や実釣インプレ、マッチしそうなおすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

さまざまな釣りを始めてみたいと考えたとき、コストを抑えてタックルを揃えることができるのはありがたいです。

ダイワのレグザシリーズで、未体験のアプローチに踏み込んでみましょう。

ダイワの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング