ロッドのアップ写真

ダイワのジグキャスターでショアジギングゲームを楽しみたい!【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

ショアからのキャスティングゲームを始めたいと考えている人に、せひおすすめしたいのが、ダイワのジグキャスターシリーズです。

ライトショアジギングから本格的なショアジギングまで、このロッド群を使えばじゅうぶん楽しめるでしょう。

ここでは、ダイワのジグキャスターシリーズについて、詳しくご紹介しましょう。

ジグキャスターってどんなロッドなの?

ジグキャスターとは、ダイワから発売中のショアキャスティングゲーム用ロッドのことです。

流行りのライトショアジギングショアジギングを、しっかりと満喫することができます。

設定機種は、全部で6種類用意されています。

旧モデルのときに存在した96Mは、残念ながら外されてしまいましたが、現行モデルでじゅうぶんカバー可能でしょう。

最も短いものから順に、その特徴や使い方をピックアップしてみます。

●ダイワジグキャスター・90M

全長は2.74mと短めで、2ピース仕様になっています。

仕舞寸法は142cmで、ウエイトは190g。

先径/元径は2.0/13.8mmで、適合するルアーウエイトは10gから50gまで。

適合するメタルジグウエイトは、15gから60gまで。

PEラインは、1号から2号を使ってみましょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96%になります。

メーカー希望販売価格は、20,000円です。

足場のいい防波堤からのアプローチに向いていて、小型の青物を狙うのに最適なロッドでしょう。

ショートレングスなブランクスは、女性や子供がキャストするのにマッチしています。

●ダイワジグキャスター・100M

全長3.05mで2ピース仕様、仕舞寸法は157cmになります。

ウエイトは210gで、先径/元径は2.0/13.8mm。

適合するルアーウエイトは10gから50g、メタルジグなら60gまで背負えます。

PEラインは、1号から2号までを使ってみるのがいいでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は93%で、メーカー希望販売価格は20,400円です。

防波堤やサーフからのキャスティングに向いていて、小型青物をターゲットにショアジギングゲームを展開してください。

ジグキャスターシリーズのMHパワーブランクスモデルをチェック!

●ダイワジグキャスター・90MH

全長2.74mと短めで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は142cmになります。

ウエイトは225gで、先径/元径は2.2/15.4mmと太目。

適合するルアーウエイトは15gから65gまで、メタルジグなら最大80gまで背負えます。

PEラインは1.5号から3号までがマッチし、ブランクスのカーボン素材含有率は96%になります。

メーカー希望販売価格は、20,400円です。

防波堤や磯場から、60g前後のメタルジグをキャストするのに適しています。

●ダイワジグキャスター・96MH

全長2.90mとロングキャストしやすい長さになっていて、仕舞寸法は150cmです。

ウエイトは230gで、先径/元径は2.2/15.8mm。

適合するルアーウエイトは15gから65gまで、メタルジグなら80gまで扱えます。

PEラインは1.5号から3号まで、ブランクスのカーボン素材含有率は94%です。

メーカー希望販売価格は、20,600円です。

中型青物をターゲットにしながら、幅広く使えるロッドといえるでしょう。

●ダイワジグキャスター・100MH

全長3.05mは、シリーズ最長になります。

仕舞寸法は157cmで、ウエイトは245g。

先径/元径は1.9/15.8mmで、適合するルアーウエイトは15gから65gまで。

メタルジグなら、最大80gまで操れます。

PEラインは1.5号から3号まで、ブランクスのカーボン素材含有率は97%になります。

メーカー希望販売価格は、20,800円です。

防波堤・磯場・サーフと、さまざまなシチュエーションでショアジギングを楽しめるでしょう。

Hパワーブランクスの採用で本格的なショアジギングを楽しめるジグキャスター100H!

●ダイワジグキャスター・100H

全長3.05mで、最も硬いHパワーブランクスを採用しています。

仕舞寸法は157cmで、ウエイトは271g。

先径/元径は2.4/17.8mmと太目で、適合するルアーウエイトは20gから80gまで。

メタルジグなら、最大100gまでキャスト可能です。

PEラインは2号から4号まで使えますし、ブランクスのカーボン素材含有率は96%です。

メーカー希望販売価格は、21,000円となります。

磯場を中心に、重めのメタルジグで沖合いを撃つのに適しています。

ジグキャスターのデモンストレーション動画はこちら

ジグキャスターにマッチしそうなおすすめリールを選んでみた!

ジグキャスターに装着して扱いやすそうなスピニングリールを、2台選んでみました。

1つ目は、コンパクトで扱いやすい4000番タイプ。

ハイギアに寄せているほうが、手返しの効率は良くなるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT4000-CXH (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT4000-CXH (2018モデル)

最安値価格
¥22,792(Yahoo!)

Amazonへ ¥23,423

楽天市場へ ¥23,715

Yahoo!へ ¥22,792

ダイワの汎用型スピニンクリール、ブラストシリーズの4000番モデルです。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき99cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は270gと軽めで、最大ドラグ力は余裕の12kg。

ラインキャパは、PEラインなら2号を170m巻けます。

ボールベアリングは6個搭載していて、ハンドルの長さは60mmです。

実際に手に取ってみると、小振りなラウンドノブは握りやすく、快適にリトリーブを繰り返すことができます。

巻き心地の安定感は高めで、糸フケをカンタンに回収できるのが嬉しいです。

実売価格は2万円前後と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ラインローラー部分にゴミやカスが溜まりやすい感じがするので、釣りから帰宅したら真水で丁寧に洗浄するようにしてください。

次の釣行まで放置すると、塩で固着してしまうかもしれません。

メンテナンスを欠かさないことで、長く使い続けることが可能になります。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 5000D-CXH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 5000D-CXH(2022モデル)

最安値価格
¥21,824(Yahoo!)

Amazonへ ¥22,094

楽天市場へ ¥23,040

Yahoo!へ ¥21,824

2022年にリリースされたばかりの、カルディアSWシリーズ・5000番モデルです。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき105cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は12kgで、自重は295gです。

ラインキャパは、PEラインなら2.5号を300m巻けます。

ハンドルの長さは60mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ハンドルノブは握りやすくてチカラが伝わりやすい印象です。

ハンドル回転は滑らかで、ローターもブレなく回り続けてくれます。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ドラグのレスポンスが良好なので、大型の青物が掛かって走り出しても、ラインを出しながらやり取りを楽しめるでしょう。

ブラック基調のカラーリングは、ジグキャスターシリーズとマッチしているといえそうです。

ジグキャスターシリーズを使いこなしてショアジギングを満喫しよう!

ジグキャスターシリーズの特徴や使い方、装着して合いそうなおすすめリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

最初は軽めなウエイトのメタルジグからスタートすると、ショアジギングをマスターしやすいでしょう。

キャストに入る前には自分の後ろや周囲に人がいないか、しっかり確認してください。

慣れてきたら、飛距離を伸ばせるようにキャスト数を増やしていきましょう。

ショアジギングの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング