釣り人のアップ写真

タチウオをショアから狙うのにどんなロッドを選べばいいの?

FISHING JAPAN 編集部

各地でタチウオが釣れているという情報が入ってくると、指4本以上のデカイサイズをゲットしたくなりますよね。

船からのタチウオテンヤやジギングも人気なのですが、手軽に楽しむならショアからのキャスティングゲームがおすすめです。

そこで必要になるのが、タチウオを釣るためのロッド。

いったいどんなタイプのものを選べばいいのか、ここで深掘りしてみましょう。

価格が安いものなら嬉しいですし、長さもどれくらいがベストなのか気になるところです。

タチウオ釣り用のロッドの特徴に注目!

タチウオをショアからのキャスティングゲームで釣ろうと思ったら、ロングキャストが必要になります。

飛距離を伸ばすためには、重めのルアーやジグと、それを背負えるロッドが求められるでしょう。

ということは、タチウオ釣り用のロッドは、ショアジギングやライトショアジギング用のスピニングロッドなら、代用が利くことになりそうですね。

実際に使うルアーは、メタルジグがメインになります。

ただし、どんなメタルジグでもかまわないかというと、そうではありません。

タチウオは、フォールしていく対象に極端に反応する習性を持っていますから、フォールしながら魅せるタイプのメタルジグが要りますよ。

80gを超えるようなメタルジグは、飛距離を伸ばせるもののフォールスピードが早過ぎて、タチウオのバイトを拾いにくいでしょう。

その半分の40g程度のウエイトにすれば、フォールスピードはスローに落ち着いてきます。

じっくり落ちる様子をタチウオに見せながら誘えるので、釣れる確率は一気に上がりますよ。

40g前後のメタルジグのラインナップには、ショアスロータイプという、やや幅広で水圧を受けやすいバランス設計のものがあります。

これならヒラヒラと舞い落ちるように、アピールしながらタチウオを引き寄せられるかもしれませんね。

一旦底まで落としたら、中層程度までリフトして、またフォールを繰り返します。

それを実践するためには、最初のキャストでカウントをしてみましょう。

着水から着底まで、10カウントかかったとしたら、5カウントかかる辺りが中層になります。

リフトしてから再度フォールさせて、そのときにもカウントすることで、どの層からフォールさせたかが分かりますよ。

次のキャストでそういった情報を活かして、任意の層からフォールを開始することを実践してみましょう。

ラインを出さないカーブフォールでもかまいませんし、リールスプールに親指を軽く当ててのテンションフォールでも、タチウオのアタリは取りやすいですよ。

フリーフォールにすると、アタリが分かりにくく、アシストフックがラインに絡んだりすることがあるので、操作が難しいでしょう。

タチウオにはライトショアジギング用ロッドがおすすめ!

メタルジグをショアからキャストするのに、どんなロッドを用いればいいのでしょうか。

ショアジギング用なら、かなり重いものまでキャストすることが可能です。

でもそういうメタルジグを使わずに、40g前後のショアスロージグでアプローチするなら、ライトショアジギング用のロッドがバッチリハマりそうですよね。

流行りのワインド釣法用のワームリグも、上手い具合に使いこなせるでしょう。

鉄板系のバイブレーションルアーやシンペン・シンキングミノーなどもカバーできるので、釣り当日のシチュエーションに合わせて、ルアーローテーションしてみてください。

タチウオの釣り方をチェック!

タチウオの釣り方は、秋本番なら河口エリアの防波堤がおすすめです。

足元まできっちり深いですから、フォールで誘う釣り方に向いているでしょう。

風の影響も考えて、釣り座を選ぶようにしたいですね。

時間帯は、朝夕の暗い時間が有利です。

タチウオが群れになって接岸してくるのに遭遇できたら、手返しよくキャストを繰り返すようにしましょう。

そのために、フィッシュグリップや締め道具は必ず用意して、取り込み後の作業を素早く済ませたいですね。

メタルジグをペースにキャストするので、サゴシなどの他の魚も釣れることがあります。

大型の青物ならランディングネットは必須、用意して傍らに置いておくようにしましょう。

ショアからのキャスティングゲームでタチウオを釣り上げている動画はこちら

タチウオ用に使いたいおすすめのロッドを選んでみた!

それではタチウオ用に使ってみたい、おすすめのロッドを2本ご紹介しましょう。

ライトショアジギング用に市販されているものの中から、硬過ぎず振り抜きやすいタイプを選んでみました。

ガイドにラインが絡み付くと、簡単に折れてしまう危険性があるので、ヨレの甘くなったPEラインは早めに交換したいですね。

Kガイドだからだいじょうぶ!などと考えていると、大きなトラブルになりかねませんよ。

パームス(Palms) サーフスター ショアスローモデル SSFS-992-SS.

パームス(Palms) サーフスター ショアスローモデル SSFS-992-SS.

最安値価格
¥44,858(楽天市場)

Amazonへ ¥49,104

楽天市場へ ¥44,858

Yahoo!へ ¥49,104

パームスからリリースされている、ライトショアジギング用のスピニングロッドです。

フィールドで使ってみると、バツグンの振り抜けでメタルジグを遠くまで運ぶことができますよ。

フォール中のアタリも取りやすく、タチウオの食い上げバイトを逃さずにフッキングできるでしょう。

全長は9.9ftと長めなので、軽く振るだけでもしっかり飛んでくれるのがいいですね。

適合するメタルジグウエイトは、20gから40gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから20lbまで。

PEラインなら、0.6号から2号までに設定されています。

グリップを握った感じは、軽いチカラでしっかり支えられる印象が強いですね。

ガイドシステムは、チタンフレームにトルザイトリングを搭載したタイプなので、軽さ・強さ・感度を兼ね備えています。

実売価格は4万円台と、ハイエンドスペックに見合った価格帯に設定されていますよ。

タチウオのバイトを確実に手元でとらえて、小気味よくフッキングを繰り返したいなら、このロッドを一度手にしてみることをおすすめします。

サゴシなどの青物系が掛かっても、高弾性カーボンのブランクスがきっちり曲がり込んで、その強い引きに耐えてくれるでしょう。

慌てず時間をかけて対処しながら、足元まで引き寄せるようにしてください。

メジャークラフト トリプルクロスショアラバージギング TCX-922ML/SRJ

メジャークラフト トリプルクロスショアラバージギング TCX-922ML/SRJ

最安値価格
¥14,896(amazon)

Amazonへ ¥14,896

楽天市場へ ¥15,840

Yahoo!へ ¥15,206

メジャークラフトから発売中の、ショアラバージグをキャスティングするためのスピニングロッドです。

ブランクスがMLパワーと、やや柔らかめに作られているので、タチウオのバイトを弾かずにフッキングに持ち込めますよ。

全長は9.2ftもありますから、軽く振ればメタルジグは飛距離を伸ばしてくれます。

適合するジグウエイトは、最大で30gまでなので、やや軽めのメタルジグを選択することになります。

適合するPEラインは、最大で2号ですから、大型の魚が掛かっても対処しやすいでしょう。

ブランクスは、レギュラーファーストアクションに仕上がっています。

実際に手にしてみると、ガイド周りが丁寧に作られていて、ブランクスのしなやかさもタチウオ釣りにマッチしています。

アタリも取りやすく、ロッドを立ててフッキングに持ち込んでも、簡単にバレないのが嬉しいですね。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されていますよ。

タチウオはもちろん、さまざまな対象魚に使えるロッドを求めている人に、強く響くアイテムといえるでしょう。

タチウオ用ロッドをしっかり選んでショアからのキャスティングゲームを楽しもう!

タチウオ用ロッドの特徴や扱い方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メタルジグを用いたフォールの釣り方をマスターすれば、より一層タチウオ釣りが楽しくなります。

操作性の高いロッドを用意することで、タチウオのアタリを明確にとらえることができるでしょう。

タチウオの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング