魚 ルアー 写真

タチウオの釣れる時期っていつ?ショアから狙えるおすすめタチウオルアー特集

FISHING JAPAN 編集部

大人気のタチウオ釣りは、船釣りでもショアからでも狙える対象魚です。

年中釣れるかというと、やはり接岸してくれなければカンタンには釣れないでしょう。

時期でいえば、春は釣れる本数は少ないものの大型が狙えます。

数釣りの時期となると、夏の終わりから秋が最盛期ではないでしょうか。

釣り場によって異なりますので、タチウオ釣りに行く前に確認するようにしてください。

タチウオの釣り方

タチウオを船から釣る場合は、バーチカルジギングや専用テンヤ仕掛けを投入して誘います。

ショアから釣る場合は、よく釣れる時期に合わせて釣り場に向かい、専用のタチウオルアーをキャストしましょう。

タチウオは、意外と底に沈んでいるケースが多いので、ルアーをしっかり沈めて丁寧に探ることを実践してください。

キャストしていきなりロッドをしゃくりまくる人がいますが、タチウオは食い付くのがあまり上手ではありませんから、ただ巻きで誘いをかけることも忘れないようにしましょう。

おすすめタチウオルアーをピックアップ①鉄板系バイブレーションプラグ

ここではおすすめのタチウオルアーをご紹介します。

まずはバイブレーションプラグから。

鉄板系と呼ばれるメタルバイブレーションなら、重量があって飛距離をじゅうぶんに稼ぐことができますし、タチウオの鋭い歯に噛まれても、破損する心配が要りません。

細長いフォルムのものが全盛で、さまざまなカラーを用意してタチウオの反応を見てみましょう。

おすすめタチウオルアーをピックアップ②ワーム+ジグヘッド

次にご紹介するのが、ワーム+ジグヘッドの組み合わせです。

タチウオ釣り専用のジグヘッドが、数多くリリースされていますから、それらにフィットする細身のシャッドテールワームやピンテールワームをセットしてキャストしましょう。

夜光グローカラーとノーマルカラーを使い分けると、好釣果が期待できますよ。

おすすめタチウオルアーをピックアップ③専用ハードプラグ

樹脂ボディでリップレスのハードプラグが、タチウオ専用ルアーとしてリリースされています。

とてもシンプルなデザインで、ロッドワークに俊敏に反応してくれるのが嬉しいですね。

フッキング率が良く耐久性も高いので、底付近から中層・表層まで、くまなく探ることができますよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング