ルアー 写真

シーバスは夏が熱い!シーバスを夏に釣るための攻略法とおすすめルアー特集

FISHING JAPAN 編集部

シーバスは、オールシーズンよく釣れるルアー対象魚です。

「夏は違うんじゃないの?」という声をよく聞きますが、そんなことはありません。

ポイント選びと効果的なルアーを使えば、夏ほどシーバス釣りの楽しい季節はありませんよ。

夏シーバス攻略のカギは天候

夏にシーバスを狙おうと思ったら、まずは天候を味方につけましょう。

暑い日射しが降り注ぐ日中に、わざわざロッドを振る必要はありません。

台風などが通過して、雨の影響で増水している河川へ出向いてみましょう。

雨で増水した河川が狙い目

河川に到着して見渡すと、いつもと異なる水量に驚くでしょう。

雨水が各所から集まってきて、たいへん強い水の流れを作り出しています。

そういう水の動きのあるところから、流れに負けないルアーを投入してチェックを始めます。

濁りは気にすることなく、果敢にキャスト&リトリーブを繰り返してください。

河川の地形変化に付くシーバス

河川における地形の変化に気づいたら、フラットなエリアよりも変化のあるエリアに移動して、丹念にルアーで探ります。

そうしているうちに、ベイトフィッシュを追いかけるシーバスの姿やボイルを発見することになるでしょう。

ルアーは水面や水面直下を漂うタイプに交換して、キャストしてみましょう。

河川の流れ込みや堰にシーバスが集まってくる

夏の雨による増水パターンでは、河川の流れ込みや堰を狙うのもおすすめです。

特に上流からの水が落ちて、泡が立っているようなポイントなら、シーバスが潜んでいる確率が上がります。

酸素濃度も高いですし、捕食目的で近寄っているシーバスが多いですから、ルアーが着水して即バイトもあるかもしれませんね。

夏シーバス攻略におすすめのルアーはこちら

作りが丁寧ですね。間違いなく釣れるルアーです。

出典:amazon

さまざまなおすすめルアーがありますが、基本は流れに負けないものを選ぶこと。

クルクルとボディ全体が回ってしまうような、バランスを崩してしまうルアーは選ばないようにしたいものです。

そうなると軽くて小さなタイプも、あまり向かないといえそうですね。

河川の規模は小さくてもかまいませんが、流れ込みや堰が立ち入り禁止になっている場所があります。

そのような場所では、絶対に釣りをしないように心がけてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング