ロッドと釣り人のアップ写真

リバティクラブ ショートスイングで防波堤釣りを楽しみたい【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

磯釣り用ロッドの磯風や持ち運び便利なライトパックなど、ダイワのリバティクラブシリーズを使っているアングラーはかなり多いでしょう。

中でもリバティクラブ ショートスイングは、携帯性に優れているので、さまざまなシチュエーションで活躍してくれます。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめリールについてご紹介しましょう。

リバティクラブ ショートスイングってどんなロッドなの?

リバティクラブ ショートスイングとは、ダイワから発売中の振出式ロッドのことです。

設定機種は、全部で15種類も用意されています。

分かりやすく整理すると、長さは5種類から選べるようになっていて、錘負荷が3種類あるので、掛け算すれば全部で15種類というラインナップになるのです。

長さは、最も短いもので2.40m。

結構短いのですが、ちょい投げ釣りやライトルアーのキャスティングには扱いやすい長さでしょう。

その他2.70m・3.00m・3.30mと30cm刻みに用意されていて、最長が3.60mになります。

3.60mもあれば、本格的な投げ釣りにも使えるので、サーフなどの釣り場でも重宝するでしょう。

錘負荷は、10号・15号・20号タイプから選べます。

10号タイプで5号から15号のオモリが使えますから、ルアーなら30g前後のものまでキャストできそうです。

15号タイプで10号から20号、20号タイプで15号から25号までの負荷に耐えられるので、投げ釣り・ブッコミ釣り・サビキ釣りなどにも応用範囲が広がるでしょう。

リバティクラブ ショートスイングのブランクスにも注目です。

ブランクスのバットセクション最外層には、ブレーディングXが施されています。

これは、カーボンテープでX状にバットを締め上げることで、ロッドを操作する時のパワーロスにつながるネジレを抑えてくれます。

より細いブランクスに仕上げられますし、細くても高い強度をキープしながら、持ち重り感を低減することに成功しています。

操作性が向上しますから、魚からのアタリを感じ取ってフッキングしたり、取り込み作業もスムーズにおこなえるでしょう。

またリバティクラブ ショートスイングには、ステンレス製リールシートが搭載されています。

リールの取り付けがシンプルで分かりやすく、さまざまな番手のリールを装着できるでしょう。

スピニングリールはもちろん、その他のリールも装着してみて、自分なりのアプローチスタイルを構築してください。

仕舞寸法が短く設計されているリバティクラブ ショートスイング!

リバティクラブ ショートスイングの仕舞寸法をチェックしてみましょう。

全機種振出式を採用していて、仕舞寸法が71cmから78cmに設定されています。

80cmを下回るわけですから、クルマへの積み込みはとても楽になりますし、各釣り場までの持ち込みもスムーズにおこなえるでしょう。

ブランクスの素材には、カーボン以外にグラスも含まれているので、しなやかなベンディングカーブを描いてくれます。

もし大物が掛かっても、慌てずにロッドを立てて、しなり・曲がり・反発力を駆使しながら、魚を弱らせてください。

水面まで引き上げて口で空気を吸わせれば、次第に暴れなくなってくるでしょう。

リトルセンサータッチグリップを搭載しているリバティクラブ ショートスイング!

リバティクラブ ショートスイングの自重は、155gから335gまでに設定されています。

長くなるほど重く、錘負荷が高まるほど持ち重り感を感じてしまう仕様です。

自分の釣りスタイルに合わせて、使い分けるようにしましょう。

リバティクラブ ショートスイングのグリップエンドには、ゴム素材のリトルセンサータッチグリップを搭載しています。

仕掛けやルアーをロングキャストしたい時にしっかりと握れますし、置き竿する時でもブランクスを傷つけにくいのがメリットです。

水で濡れた手で握っても、滑りにくいのも嬉しいです。

リバティクラブ ショートスイングに装着して操るのにおすすめのリールを選んでみた!

それではリバティクラブ ショートスイングに装着して操作するのに向いている、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは2.70mタイプの、短いブランクスにマッチするものから。

2500番前後のスピニングリールなら、ちょい投げ釣りやサビキ釣りなどに使えるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT2500S-XH

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT2500S-XH

最安値価格
¥16,100(amazon)

Amazonへ ¥16,100

楽天市場へ ¥17,098

Yahoo!へ ¥16,332

ダイワのカルディアLTシリーズ、エクストラハイギアの2500番です。

浅溝スプールタイプなので、ライトラインを用いた釣りに向いているでしょう。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きにつき87cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、自重は190gと軽めの設計。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら6lbを100m巻けます。

PEラインなら、1.0号を140m巻いて釣りを楽しめますから、ショックリーダーラインを先端に結べばさまざまな釣りに使えるでしょう。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個装備されています。

実際に釣り場で使ってみると、とても滑らかにハンドルが回転してくれます。

糸フケを取りやすく、次のキャストへスムーズに移ることができます。

ローター回転も軽やかで、ドラグの利きもじゅうぶん。

不意に大物が掛かっても、じっくり時間をかけて対処することができるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

各種ルアーのキャスティングゲームにも転用しやすいですから、1台持っておくと便利でしょう。

ハンドルノブはI型タイプで、水に濡れた指で滑りにくくつまみやすい印象です。

ハンドル周りに付着した海水は、帰宅後に真水で洗い流してください。

そのままにしておくと、ハンドルノブの回転が滑らかでなくなってしまう恐れがあります。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT3000S-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT3000S-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥14,250(amazon)

Amazonへ ¥14,250

楽天市場へ ¥14,432

Yahoo!へ ¥14,431

コスパ優秀で人気の高い、ダイワのレグザシリーズ・3000番モデルです。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき93cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は245gと軽めで、最大ドラグ力は余裕の10kg。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを100m、PEラインなら1.0号を190m巻けます。

ボールベアリングは5個搭載していて、ハンドルの長さは55mmです。

ハンドルノブは握りやすいT型で、ボディ素材はアルミ、スプールにはLC-ABSタイプが採用されています。

実際に手に取ってみると、ハンドル回転は軽快そのもので、ローター回転のレスポンスも良好です。

ラインキャパが多めですから、さまざまな釣り方に対応可能なのが大きなメリットでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に抑えられています。

安く購入できることで、リバティクラブ ショートスイングと一緒に揃える人が増えるかもしれません。

太いラインでロングキャストをおこないたい場合は、3000番の深溝タイプや4000番クラスのスピニングリールも同時に検討するといいでしょう。

リバティクラブ ショートスイングを使いこなしてさまざまな魚を釣り上げよう!

リバティクラブ ショートスイングの特徴や使い方、おすすめのリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

細部に渡って工夫が盛り込まれているロッドですから、長く手元に置いて使い続けることができるでしょう。

さまざまな釣りシーンへ持ち込むことで、その汎用性の高さに気づかされるはずです。

大物を海水面から無理やり引き上げるのは止めて、必ずランディングネットを持参するようにしてください。

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング