ロッドと釣り人のアップ写真

おすすめのサーフゲーム用ロッド特集【2022年度版】ヒラメや青物をゲット!

FISHING JAPAN 編集部

広大なサーフでロッドを振り切って楽しむことのできる、サーフ・キャスティングゲーム。

対象魚はヒラメ・マゴチ・青物と、数多くのフィッシュイーターたちを相手に釣りを繰り広げられます。

ここでは、それに必要なサーフゲーム用ロッドの特徴や選び方についてご紹介しましょう。

サーフゲーム用ロッドってどれを選べばいいの?

サーフゲーム用ロッドとは、メタルジグやミノー・シンペン・バイブレーション・ジグヘッドリグなどを、沖合いへ向かってロングキャストするためのロッドのことです。

主にターゲットとするのは、ヒラメやマゴチ・青物となるでしょう。

どのようなスペックが搭載されているものを選べばいいのか、ひとつずつチェックしてみます。

①ロングキャスト性能

サーフはとても広大なので、深い層を探ろうとすればロングキャストは不可欠です。

浅い層にも魚は立ち入ってきますから、波打ち際の足元までしっかり探れるロッドがあればバッチリ。

ルアーをロングキャストしようとすれば、ブランクスに一定以上の長さとパワーが求められるでしょう。

長さでいうと、目安は10ft超えになるでしょうか。

10ftもあれば、ロッドを軽く振り切るだけで、ルアーが遥か彼方まで伸びるように飛んでくれます。

ただ11ftを超えてくると、ウエイト自体が重くなってきて、長い時間キャストし続けるのが辛くなるかも。

サーフゲームを始めたばかりなら、軽いほうが扱いやすく、キャスト数もしっかり増やせるでしょう。

パワーは、ブランクスに張りを持たせることにつながります。

重いルアーをロングキャストするなら、硬さが備わったロッドのほうがいいのですが、あまりに硬いと扱いにくくなるかも。

おすすめは、MパワーからMHパワー程度の、しなやかに曲がり込むブランクスです。

20g前後のルアーを多用したいなら、Mパワーブランクスが操りやすいイメージ。

40gまで重くすると、やはりMHパワーブランクスまで視野に入れたくなるでしょう。

ロッドメーカーによってブランクスの張りや曲がりは変わるので、実際に釣具店へ出向いて手に取ってみてください。

グリップがあまり太くないほうが、キャスト数を増やしたいときに有利に働くでしょう。

軽量リグを操れるサーフゲーム用ロッドを見つけよう!

②軽量リグの対応力

ヒラメやマゴチをメインターゲットにサーフゲームを楽しむつもりなら、ワーム+ジグヘッドのような軽量リグの操作性も求められます。

実はヒラメやマゴチ、サーフの波打ち際近くまで接近していることが多々あります。

ロングキャストで沖合いのポイントを攻めるのもいいのですが、ショートディスタンスのアプローチで誘いをかけて、効率よく釣り上げていきましょう。

着底してボトムを感じながらトレース、それを軽量リグで実践するなら、ロッドのティップは繊細なほうが有利です。

ショートバイトを弾いてしまわない程度の柔軟性を持ち合わせているサーフゲーム用ロッド、探してみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

メタルジグで青物をとらえられるサーフゲーム用ロッドを探そう!

③メタルジグの対応力

青物の回遊に合わせてサーフゲームを展開したいなら、じゅうぶんな硬さの備わったロッドが必要になります。

フッキングしてからの走りをきっちり止めるパワーも求められるので、ショアジギング寄りのテイストのほうが扱いやすくなるでしょう。

5000番前後の中型スピニングリールに、1.5号前後のPEラインを巻いて、フルキャスティング・フルフッキングがおこなえるロッドを見つけ出してください。

サーフゲーム用として作られたロッドなら、上記全ての使い勝手の良さを追求しています。

硬過ぎず長さを確保しているもので、携行性の高い3ピース仕様も視野に入れながら、納得の1本を見つけ出してください。

サーフでキャスティングゲームを楽しんでいる動画はこちら

おすすめのサーフゲーム用ロッドを選んでみた!

それではおすすめのサーフゲーム用ロッドを取り上げてみましょう。

まずは、軽量リグを含めたオールラウンドに使えるものから。

柔らか過ぎるとロングキャストに支障をきたすので、ベストマッチな調子のブランクスを選んでみました。

Jackson(ジャクソン) サーフトライブ ハリバットモデル STHS-1062M.

Jackson(ジャクソン) サーフトライブ ハリバットモデル STHS-1062M.

最安値価格
¥25,245(楽天市場)

Amazonへ ¥25,269

楽天市場へ ¥25,245

Yahoo!へ 取扱なし

ジャクソンからリリースされている、サーフゲーム用スピニングロッドです。

Mパワーブランクスで、適合可能なルアーウエイトの幅が広いのか特徴といえるでしょう。

全長は10.6ftと、じゅうぶんな長さが備わっています。

ブランクスはファーストアクションで、素材には40tカーボンを用いています。

適合するルアーウエイトは10gから45gまで。

これなら軽量リグからミノー・シンペン・バイブレーションまで、しっかりと操ることができます。

適合するラインは、PEラインなら0.8号から2号までです。

実際に手に取ってみると、とても軽くて振り回しやすく、振り抜け感もブレの収束も安定しています。

結構重めのルアーまでカバーできますから、釣り場の展開によってメタルジグを結んでキャストすることもできるでしょう。

12cm前後のミノーをロングキャストして、丁寧に誘いをかけるのに向いています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ジャクソンは、サーフゲーム用ロッドが充実していて、オーシャンゲートシリーズにもラインナップ。

比較的安い価格帯に設定されていることから、初心者アングラーが購入を検討しやすいメリットを持っています。

ガイドには、フジ工業製のSiC-Sガイドリングを標準で装備しているので、細めのPEラインを用いても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

ヒラメ・マゴチはもちろん、シーバスや青物とも対峙できるブランクスパワーが魅力です。

これでMパワーとは、驚きの仕上がりといえるかもしれません。

シマノ(SHIMANO) ロッド ネッサ BB S1002M オールラウンダー サーフゲーム ヒラメ

シマノ(SHIMANO) ロッド ネッサ BB S1002M オールラウンダー サーフゲーム ヒラメ

最安値価格
¥19,923(amazon)

Amazonへ ¥19,923

楽天市場へ ¥20,020

Yahoo!へ 取扱なし

シマノから発売中のネッサBBシリーズから、Mパワーブランクスの3ピース仕様モデルを選んでみました。

全長は3.1mと、じゅうぶんな長さを誇っています。

仕舞寸法は110cmにまで縮まりますから、釣り場への持ち込みをスムーズにおこなえるでしょう。

自重は185gで、先径/元径は2.2/16.2mmとやや太目。

適合するルアーウェイトは、8gから35gまでです。

メタルジグなら、最大42gまでキャストすることができます。

適合するPEラインは、0.8号から2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.6%になっています。

実際にロッドブランクスを持ってみると、とても軽くて張りのある印象でした。

ガイドバランスも申し分なく、ラインがガイド足に絡み付いてしまうトラブルは、ほとんど発生しません。

ルアーをぶら下げたときのブランクスの曲がりは緩やかで、大きな負荷が掛かったときにしっかり曲がり込む感じでしょうか。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

シマノの5000番前後のスピニングリールと相性が良く、ロングキャストをきっちり重ねながら魚を追いかけることができます。

サーフゲーム用ロッドを駆使して大型魚を釣り上げよう!

サーフゲーム用ロッドの特徴や選び方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

サーフ自体は広大なところが多く、間隔を開けて釣り座を設けられるメリットを持っています。

でももし大勢のアングラーがキャストを始めていたら、あえてその間に立とうとせず、他のサーフへ移動することを実践しましょう。

周囲への配慮を忘れずに、サーフゲームを楽しめるようになりたいものです。

サーフゲームの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング