ワームのアップ写真

ピンテールワームでヒラメを釣りたい!使い方はどうすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームに効果的なワームとして、人気を集めているのが、ピンテールワームです。

しっかりとボリューム感がありながら、最後尾のピンテールが微細なアクションをして、ヒラメの食い気を誘います。

その特徴や有効な使い方について、分かりやすくご紹介しましょう。

ピンテールワームの使い方をマスターしたい!

そもそもピンテールワームとは、バス釣り用に作られたものが、釣具店に数多く並びました。

古いところでは、アメリカ発のギャンブラースタッドや、バスアサシンが挙げられます。

どちらも最後尾が、細くてピーンとつまようじが伸びたようなカタチをしています。

ここに水を受けるにも、細過ぎて逃がしてしまう構造ですから、他のワームとは少し使い方が異なるでしょう。

まずは、オフセットフックを装着してキャストしてみます。

ノーシンカーリグなら、さまざまなカバーやストラクチャーを乗り越えやすいでしょう。

どこにも引っ掛かる箇所の無いワームなので、テトラでも岩でもすり抜けてきます。

シモリの多い場所なら、ヒラメが潜んでいることが多いので、このノーシンカーリグをボトムまで落とし込んで、スルスルと泳がせてください。

当然軽過ぎて、潮に流されるケースも発生します。

そんなときは、ボディにネイルシンカーを刺し入れたり、オフセットフックのベントに六角ナットを複数装着したりして、水平姿勢で沈みやすい状態に仕上げてください。

キャストの際の飛距離も伸びますし、ボトムとの接地感を手元で感じやすくなります。

このアプローチを繰り返していると、シモリに定着している他の魚、例えばチヌやシーバス・マゴチ・カサゴなども、高い確率で食い付いてきます。

ジグヘッドに装着して使うよりも、根掛かりトラブルを封じ込めることができるので、おすすめのリグ&アプローチといえるでしょう。

4inch前後のボディサイズのものが使いやすく、3/0番サイズ前後のオフセットフックがマッチします。

ただし、トータルウエイトが20gを超えにくいので、ロングキャストには少々不向きだと考えてください。

ピンテールワーム+ジグヘッドという定番アプローチ!

ピンテールワームとの相性を考えれば、やはりジグヘッドに装着して使うことは外せません。

ジグヘッドには、軽いものから重いものまで、数多く揃っています。

ロングキャストをしたい場合や、強い潮の流れに負けたくない場合は、重いジグヘッドを選択してください。

ただし、キャストして着水すると、あっという間に着底してしまいます。

海中の中層を、自由に緩やかに泳がせるというアプローチは、困難になるでしょう。

ヒラメはボトムに潜んでいるのだから、中層は無視していいのでは?と考えがちですが、誘いの要素を考えた場合、中層をスローに泳がせることはとても重要です。

そういうピンテールワームの姿を見て、ヒラメはボトムから浮き上がってバイトしてくることが多く、しっかりアピールするという点において実践したいところです。

そこでおすすめの使い方は、軽めのジグヘッドに装着してリーダーを結び、フロートリグに仕上げてキャストすることです。

アジングやメバリングでは馴染み深いフロートリグですが、これをそのままヒラメ釣りにも適用するのです。

そうすると、遠浅のサーフなどで、重いジグヘッドによるロングキャストに頼らなくてもよくなります。

中層でのスローな誘い要素を残しつつ、じゅうぶんな飛距離を叩き出せるでしょう。

ヒラメ専用のフロートというのは、あまり見たことがないので、アジング・メバリング用のフロートを上手く転用してください。

おすすめのピンテールワームはこちら!

ヒラメを誘うのに、おすすめのピンテールワームをピックアップしてみましょう。

実際にフィールドで使ってみて、実績のあるものばかりです。

歯の鋭いヒラメなので、ワームの持ちはよくありません。

常に多めのストックを釣り場に持ち込んで、傷んだら交換するようにしてください。

KEITECH(ケイテック) ルアー セクシーインパクト 4.8インチ 434 ブルーバックシナモン

KEITECH(ケイテック) ルアー セクシーインパクト 4.8インチ 434 ブルーバックシナモン

最安値価格
¥682(amazon)

Amazonへ ¥682

楽天市場へ ¥682

デプス(deps) ワーム デスアダー 5インチ ウォーターメロン #01

デプス(deps) ワーム デスアダー 5インチ ウォーターメロン #01

最安値価格
¥607(楽天市場)

Amazonへ ¥770

楽天市場へ ¥607

Yahoo!へ ¥680

ピンテールワームを操るのにおすすめのロッド&リールを選んでみた!

ピンテールワームを操作してヒラメを釣るのに向いている、おすすめのロッド&リールをご紹介しましょう。

ロッドは、10ft前後の長めブランクスを持ったスピニングロッドがマッチします。

リールは、4000番サイズ以上のスピニングリールなら、ロングキャストしやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ネッサXR S104M

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ネッサXR S104M

最安値価格
¥32,175(楽天市場)

Amazonへ ¥34,650

楽天市場へ ¥32,175

シマノからリリースされているサーフヒラメゲーム用スピニングロッド・ネッサXRシリーズのラインナップから、S104Mを選んでみました。

ウエイトは170gと軽めなので、長時間の釣りに向いています。

ブランクスの先径は、2.1mm。

適合するルアーウエイトは、8gから36gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.8号から2.0号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

全長は3.15mと、10ftを軽く超えていますから、ロングキャストをおこなうのに丁度いいロッドに仕上がっています。

3ピース仕様なので、仕舞寸法が110cmにまで縮まるのも、大きなメリットでしょう。

実際に手に取ってみると、とても軽くて、10ftを超えるスピニングロッドとは思えないレベル。

振り抜けしやすく、ロングキャストを長く続けるにはベストマッチな1本に仕上がっています。

ガイドにはラインが絡まりにくいので、手返しのいい連続キャストをおこなえるのもプラス要因。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

ピンテールワームを活用した各種ワームリグを、しっかり飛ばせるので、さまざまなシチュエーションで使うことも可能です。

グリップ周りは細身シェイプで握りやすく、大型のヒラメが掛かっても対処しやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000XG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000XG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

最安値価格
¥24,750(amazon)

Amazonへ ¥24,750

楽天市場へ ¥29,212

シマノから発売されているSW系スピニングリール・ストラディックSWシリーズの中から、4000番サイズのエクストラハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき101cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力は6.0kgで、最大ドラグ力は11.0kg。

ウエイトは300gで、ハンドルアームの長さは57mm。

スプール寸法は、直径が52mmで、ストロークは19mmになっています。

ラインキャパは、PEラインなら2.0号を240m、モノフィラメントラインなら3.5号を170m巻くことが可能です。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とてもガッシリした作り込みになっていて、剛性・耐久性の優れたスピニングリールだと感じました。

ラウンドノブは握りやすく、大型のヒラメが掛かってもやり取りを楽しむことができるでしょう。

ハンドルの巻き心地は滑らかで、リトリーブも安定しておこなうことができます。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

4000番サイズでこの剛性感でこの価格帯なら、サーフゲームを始めるのに丁度いいのではないでしょうか。

ピンテールワームを駆使して大型ヒラメを釣り上げたい!

ピンテールワームの特徴や使い方、おすすめのワーム&タックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

シャッドテールやカーリーテールといった他のワームと、上手くローテーションしながら使うのも、面白いかもしれません。

ワームが傷んだり、テールが切れたりしたら、すぐに新しいものと交換するようにしましょう。

オフセットフックやジグヘッドも、同じようにすぐに交換してください。

ワームの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング