ワームのアップ写真

キャラメルシャッドってどうやって使えばいいの?一誠の人気バス釣り用ワーム

FISHING JAPAN 編集部

ボリュームのある扁平ボディや独特なテール形状が、しっかりと水をつかんでくれると評判の高いワーム、それが一誠のキャラメルシャッドです。

ヘビーユーザーは多く、合計3種類のサイズを使い分けると、より一層バスを呼び込むことができるでしょう。

ここでは、一誠のキャラメルシャッドの特徴や使い方について、詳しくご紹介します。

キャラメルシャッドとは

キャラメルシャッドとは、一誠からリリースされている、バス釣り用ワームのことです。

外観デザインは、いわゆる定番のシャッドワームなので、最後尾のカタチが進行方向に対して立っています。

まるで鉤爪のような立ち上がり方なので、水をしっかりつかむことができるでしょう。

ボディサイズは、3種類用意されています。

最も小さいものが3.5inchで、実際に測ってみると約8.5cmほど。

これならひと口で吸い込めそうですから、大小さまざまなバスがバイトしてくることになります。

ただし、ウエイトを計ると約6g程度しかありません。

硬めブランクスのベイトロッドでキャストするのは難しいかもしれませんから、スピニングタックルがメインになるでしょうか。

そうなると、太いモノフィラメントラインが使いづらいので、濃いカバーやストラクチャーを直撃するのは、もっと重さのあるボティサイズに任せたほうがいいかもしれません。

4inchタイプは、重さが約12g。

これなら、ベイトタックルをメインに扱えます。

最も大きな5inchなら、重さは約18gに達します。

ここまでくると、硬めブランクスのベイトロッドでも、カンタンにロングキャストを敢行できるでしょう。

MHパワー以上のブランクスを持ったベイトロッドに、14lb以上の太さのモノフィラメントラインを巻いて、積極的にアプローチを繰り返したいものです。

キャラメルシャッドま体表には、くっきりと造形された凸凹が刻まれています。

結構深めの溝になっていて、これらと最後尾のテールによって、水をしっかりつかむことに。

キャストして着水、そこからリトリーブをスタートさせると、どのシャッドテール系ワームよりも引き抵抗を感じてしまいます。

引き抵抗があり過ぎてリトリーブがつらいのではなく、意図的にスローに泳がせることが可能になるのです。

誘いの要素が膨らみますし、バスがバイトしてきた瞬間もとらえやすいでしょう。

手元に伝わってきていた振動がフッと消えた瞬間、フッキングを実行に移してください。

キャラメルシャッドの実釣インプレ!

キャラメルシャッドを実釣で使ってみました。

バス釣りは湖や池でおこなうケースが多いですが、今回持ち込んだのは、河川。

水の流れが存在するので、キャラメルシャッドを投入すると、すぐに水をつかんで下流へ流されていきます。

キャストでは到底届かないようなところまで達したら、クラッチをつないでリールハンドルを回し始めてください。

かなりの広範囲を探ることになり、バスが釣れる確率がアップします。

水流の微妙な変化に気づけるようになれば、バスが定着しそうなポイントも絞り出せるでしょう。

キャラメルシャッドには、その太いボディにマッチしたオフセットフックを装着します。

横倒れがひんぱんに起こるような水流が存在するなら、フックのベントカーブに六角ナットを1つぶら下げるようにしてください。

低重心バランスになって横倒れが抑えられ、テールキックによる振動がボディ全体に伝わりやすくなるでしょう。

シーバスゲームでも有効に使えるキャラメルシャッド!

キャラメルシャッドとオフセットリグの組み合わせに、ネイルシンカーもプラスしてみてください。

頭部断面からボディ中央へ、1.0g前後のネイルシンカーを刺し込み、それをかわすようにオフセットフックを装着します。

飛距離が伸びますし、リトリーブしても水面から飛び出しにくく、安定したスイミングをキープできるでしょう。

もう少し重さのあるネイルシンカーを刺し込むと、汽水・海水でのアクションが安定します。

例えば河口域において、シーバスゲームにも転用できるようになるのです。

キャストしてコンクリート護岸にぶつけても、ハードルアーのように即破損してしまう展開にはなりません。

積極的にキャストを繰り出したいなら、キャラメルシャッドをシーバスゲームで用いることをおすすめします。

キャラメルシャッドをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

キャラメルシャッドをキャスト&リトリーブするのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

5inchタイプを活用するつもりなら、MHパワーブランクスのベイトロッドがマッチします。

ベイトリールには太めのモノフィラメントラインを巻いて、カバーやストラクチャーに擦ることを前提に準備しましょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン C66MH-2・ST

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン C66MH-2・ST

最安値価格
¥13,002(楽天市場)

Amazonへ ¥15,222

楽天市場へ ¥13,002

ダイワから発売中のブレイゾンシリーズの中から、MHパワーブランクスのベイトロッドを選んでみました。

ウエイトは120gと、操りやすい重さに設計されています。

全長は1.98mで2ピース仕様、仕舞寸法は102cmにまで縮まります。

これならオカッパリシーンで、ヤブコギしながら新しいポイントを見つけやすいでしょう。

先径/元径は、1.2/10.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、7gから28gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまでとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、90%です。

実際に継いで振ってみると、とてもパワフルでトルクも備わったブランクスに仕上がっています。

ロッドティップをつまんで曲げてみたのですが、曲がり込みはスムーズで、継目から軋み音が響くことはありませんでした。

グリップ周りは細身で握りやすく、大型バスが掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

クルマに積み込むのもとても楽なので、常に載せておくとバス釣りを始めやすくなります。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100XH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100XH (2019モデル)

最安値価格
¥15,930(amazon)

Amazonへ ¥15,930

楽天市場へ ¥16,214

タトゥーラTWシリーズはソルト対応ボディなので、バス釣りはもちろんシーバスゲームに転用することも可能です。

こちらのモデルはエクストラハイギア仕様ですから、ギア比は8.1対1に設定。

ハンドルを1回転させると、86cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは195gで、最大ドラグ力は5.0kg。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを115m巻けます。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは7個装備しています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトで剛性感のあるボディに仕上がっている印象です。

ハンドルの巻き心地はスムーズそのもの、キャストの際のスプール回転も滑らかです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

シーバスゲームで用いるときは、太いラインに巻き換えたり、PEライン+ショックリーダーラインで対応したりしてください。

キャラメルシャッドを使いこなしてビッグフィッシュを釣り上げよう!

キャラメルシャッドの特徴や使い方、おすすめのタックルを取り上げましたが、いかがでしたか?

カバーやストラクチャーとの接触を意識しながら、さまざまなポイントへ投入してみましょう。

ブルブルと伝わってくる振動が、消える瞬間をしっかりとらえます。

フッキング動作はロッドを振り上げるだけでなく、同時にリールハンドルも巻くことを実践してください。

一誠の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング