釣り人 写真

村田基を徹底チェック!ニッポンを代表するプロアングラーの活躍を詳しく知りたい

FISHING JAPAN 編集部

村田基(ハジメ)さんをご存知ですか?

釣りを趣味にしている人なら、一度は耳にしたことのある名前でしょう。

茨城県の潮来で釣具店を営むかたわら、釣具メーカー・シマノの開発アドバイザーやオリジナルルアーの製作などをおこなっておられます。

製品をユーザーに分かりやすく説明する人のことを、デモンストレーターと呼びますが、まさに釣り業界のプロデモンストレーターが、村田基さんその人なのです。

村田基さんとは

村田基さんは、1958年1月14日生まれですから、すでに還暦を迎えられています。

それでも積極的に海外へ釣りに出向くなど、その活動範囲は膨大。

彼がひとたびロッドを振れば、アマゾンの巨大怪魚も釣り上げられてしまいますよ。

その痛快さ・伝えた方の面白さは、他のプロアングラーの追従を許さないレベルといえるでしょう。

釣り方の解説本を出版

村田基さんは、さまざまなノウハウ本も出版されています。

魚の釣り方を丁寧に解説しながら、独自の切り口で読者の記憶にポンと残していく手法が素晴らしいですね。

魚と人に対する優しさが伴なっているので、多くの釣り人から支持され読まれているのでしょう。

刺激的な動画を配信

村田基さんは、リールのハンドルをどちらの手で回すのか、その重要性を以前から説いています。

特にベイトリールには、右巻きタイプと左巻きタイプが存在しますから、ユーザーとしてはどちらが正しいのか興味が尽きないわけです。

動画を用意しましたので、彼の理論に耳を傾けてみましょう。

バス釣りブームの立役者

村田基さんは、バス釣りブームに火を着けた立役者です。

自身がビッグサイズのバスを釣り上げるシーンを撮影、それを地上波のテレビやビデオに載せることで、不特定多数の人々を引き込むことに成功しました。

このやり方を大胆に実施したことで、その後の釣り番組や動画の作成方法にも大きな影響を与えたのです。

日本の釣り人口は、順調に増えているのでしょうか?

趣味なら他にも数多く選択肢があり、釣りに気づかない人はそちらに流れるしかありません。

まだまだ村田基さんには活躍してもらわなければなりませんし、彼の後継者も育ててもらいたいところです。

「そんなことまでオレは知らないよっ!」と言われてしまいそうですが、歯に衣着せぬ明快な表現力と行動力に、これからも期待せずにはいられないのです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング