釣り人 写真

村田基を徹底チェック!ニッポンを代表するプロアングラーの活躍を詳しく知りたい

FISHING JAPAN 編集部

村田基(ハジメ)さんをご存知ですか?

写真の男性の顔、釣りを趣味にしている人なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

茨城県の潮来で釣具店を営むかたわら、釣具メーカー・シマノの開発アドバイザーやオリジナルルアーの製作などをおこなっておられます。

店頭に置いている車は、彼が好む大排気量のスーパーカーでイメージにぴったり。

製品をユーザーに分かりやすく解説する人のことを“デモンストレーター”と呼びますが、まさに釣り業界のプロデモンストレーターこそ、村田基さんその人なのです。

村田基さんとは

村田基さんは、1958年1月14日生まれですから、すでに還暦を迎えられています。

それでも積極的に海外へ釣りに出向くなど、その活動範囲は膨大。

彼がひとたびロッドを振れば、アマゾンの巨大怪魚も釣り上げられてしまいますよ。

その痛快さ・伝えた方の面白さは、他のプロアングラーの追従を許さないレベルといえるでしょう。

YouTubeでは釣りを話題にしたサロンを展開、知識と情報の詰まった内容で登録者数もガンガン増えています。

実釣動画のアップ数も驚くべき数を誇っていますから、海外遠征を考えている人は参考にしてください。

海外でビックサイズの魚を釣る村田基さんの動画はこちら

釣り方の解説本を出版してきた村田基さん

村田基さんは、さまざまなノウハウ本も出版しています。

魚の釣り方を丁寧に解説しながら、独自の切り口で読者の記憶にきっちりと残していく手法が素晴らしいですね。

魚と人に対する優しさが伴なっているので、多くの釣り人から支持されながら読まれているのでしょう。

インターネット全盛の世の中にあって、彼の書いた活字がじゅうぶんに結果を残しているところに、その信頼度の高さを見ることができます。

村田基のバス釣りクリニックQ&A 119―60cmアップの釣り方教えます! (Rod and Reelの本)

村田基のバス釣りクリニックQ&A 119―60cmアップの釣り方教えます! (Rod and Reelの本)

Amazonへ

楽天市場へ

村田基さんが執筆した本といえば、ナチュラル&アピールに関して解説したものが印象に残っています。

かれこれ20年以上前になるでしょうか、『まちがいだらけのバッシング』が世に出て、ルアー選びの基本を学ぶことができました。

当時はまだスマホもインターネットもなく、バス釣りに関する有効な情報を仕入れるスベがなかったのです。

「なんで釣れないんだろう?」

「なにを買えばいいんだろう?」

こういう具体的な疑問にストレートに答えてくれたのが、この本でした。

ナイロンラインの有効性はもちろん、右巻きハンドルを勧める理由も明確に書かれていましたので、村田基さん本人にとっては著書で20年以上前に公表していることを、動画で再度表現しなければならなかったことになります。

少しニュアンスの違う表現に変わった感はありますが、時代が移り変わっているのですから仕方ない部分ではあるでしょう。

インターネット・スマホ文化によって、極端に分かりやすい方向に解説スタイルを変えざるを得なかったのかもしれません。

まちがいだらけのバッシング―バスを確実に釣るにはこうすればいい!

まちがいだらけのバッシング―バスを確実に釣るにはこうすればいい!

Amazonへ

左右ハンドルタイプやラインの選択などを指摘した動画を配信

村田基さんは、リールのハンドルをどちらの手で回すのか、その重要性を以前から説いています。

特にベイトリールには、右巻きタイプと左巻きタイプが存在しますから、ユーザーとしてはどちらを選ぶのが正しいのか、興味が尽きないわけです。

村田基さんは「ベイトリールは右利きなら右巻き!」が持論です。

その理由を詳細に解説している動画を用意しましたので、詳しくチェックしてみましょう。

現代のバストーナメントプロやアングラーには、左巻きハンドル信者が多いですから、意見対立の引き金にもなっている動画です。

ベイトリールは右巻きハンドルがおすすめ!という持論を展開している動画はこちら

右利きのアングラーが、左手でロッドを握るメリットは大きいでしょう。

ただしキャスティングの際は、利き腕の右手で握ることになります。

釣り場においてベイトリール搭載の負担を手であまり感じないように配慮することが、一日中ロッドを楽に振れる秘訣です。

メインギアやハンドルユニットが利き腕の上に乗るか、下にぶら下がるかで、手首の疲れの度合いも変わってきますよ。

手首が疲れてしまうとキャスティングの精度は落ち、カバーへの引っ掛かりトラブルを頻発する原因になるかもしれません。

そうなると、釣れるはずだった魚も釣れなくなってしまいます。

実際には、左右どちらのハンドルタイプも使ってみることをおすすめしますが、資金的に難しい場合は、右利きの人なら右巻きハンドルから始めてみていいのではないでしょうか。

理由は前述の通り、手や腕がキャスティングの際とリトリーブの際で切り換わるので、疲れにくくなるからです。

疲れさえ抑えられれば、キャスティングの精度はさほど落ちずに済むでしょう。

村田基さんはバス釣りブームの立役者

村田基さんは、バス釣りブームに火を着けた立役者です。

自身がビッグサイズのバスを釣り上げるシーンを撮影、それを地上波のテレビやビデオに載せることで、不特定多数の人々を引き込むことに成功しました。

このやり方を大胆に実施したことで、その後の釣り番組や動画の作成方法にも大きな影響を与えたのです。

ビッグサイズのバスを釣り上げていく村田基さんの動画はこちら

村田基さんが出演している過去の釣り動画の中に、サラウンディング=囲い込みに関する解説をおこなっているものがありました。

バスの産卵床における行動パターンを解析し、食性に頼らない釣り方を細部に渡るまで説明したもので、かなりマニアックな内容となっていました。

これを見て産卵床に居付くオスバスを掛けずに、重いウエイトのメスバスのみを釣る練習を実践したアングラーは多かったのではないでしょうか。

ただし、当時は産卵床のバスを釣ることをタブー視する風潮がありましたから、ずいぶんと批判の矢面に立たされたはずです。

それでもこのアプローチを公開したということは、何らかの意図があったと考えるべきでしょう。

こういう問いかけ手法は、村田さん独特のバス釣りに対する思い入れと重なり、自分自身で考察できるアングラーをひとりでも多く育てることに直結していたのかもしれませんね。

池原ダムで展開されたロクマルバスのサイトフィッシングは圧巻!

村田基さんの動画は、最近では店舗で撮影したサロン形式のものが多いですが、やはり見応えがあるのは実釣シーンを伴なったものでしょう。

池原ダムでバスのロクマルサイズが釣れるようになったころ、いち早く現地に乗り込んでシマノのスコーピオンロッド曲げまくっていましたね。

その中でも出色のシーンが散りばめられているのが、この動画です。

サイトフィッシングで池原ダムのロクマルを獲っていく村田基さんの動画はこちら

サイトフィッシングを展開していく上で、ルアーの置き方や誘い方以上にタックルセッティングの重要性をオープンにしてくれています。

直接この池原バス攻略のノウハウを聞く機会がありました。

動画の中で使用しているジグヘッド+ワーム、何の変哲もない普通のジグヘッドリグに見えますが、白いグラブワームを選ぶ以上に大切なのが、ジグヘッドのセッティングだとのこと。

何が違うのか尋ねてみると、ジグヘッドのフックポイント、これを擦って鋭くない状態にしてしまうのだそうです。

わざわざよく刺さる状態から、あまり刺さらないフックポイントにする理由は、メスバスのそばにいるオスバスをカンタンにフックアップしてしまわないため。

確かにジグヘッドリグを投入すれば、それを排除しにオスバスがバイトしてきます。

それをいちいちフッキングして取り込んでいては、背後に潜んでいるメスバスに余計な警戒心を与えてしまうでしょう。

フックポイントが鈍っていたら、軽い体重のオスバスはフッキングに至らず、重い体重のメスバスが食い付いたときのみ刺さる確率が高くなります。

また沈んでいる岩や枝にジグヘッドリグが根掛かるケースが、鈍いフックポイントによって抑えられるでしょう。

これはかなりインパクトのある工夫だなと、説明を受けながら感心したものです。

村田基さんのこれからの発言に注目しよう!

日本の釣り人口は、順調に増えているといえる状況ではなくなってきました。

趣味なら他に数多く選択肢があり、釣りの楽しみ方に気づかない人は別の趣味に流れるしかありません。

となれば、釣り人口をもっと増やす意味でも、まだまだ村田基さんには活躍してもらわなければなりませんし、彼の後継者も育ってもらいたいところです。

「そんなことまでオレは知らないよっ!」と言われてしまいそうですが、歯に衣着せぬ明快な表現力と行動力に、これからも期待せずにはいられません。

さまざまな魚種にチャレンジしながら、釣りの奥深さや楽しさをアグレッシブに伝える村田基さん。

いつまでも我々アングラーの前で、その元気な姿を見せ続けてほしいですね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング