リール 写真

ジギングリールはどれにすればいいの?おすすめスピニングリール厳選13アイテム

FISHING JAPAN 編集部

初心者の人がジギングを始めようと思ったら、まずはリールをどれにするかで悩みますよね。

ジギングとひと口に言っても、さまざまなタイプがあります。

大型のマグロやジャイアントトレバリーを狙うものや、湾内でタチウオをライトに狙うものなど。

どちらも1つのリールでカバーすることはできませんから、まずは近場の青物やマダイ・タチウオなどをターゲットにしたジギング用リールを挙げてみることにしましょう。

どんなスペックがリールに要求されるのでしょうか?

近海オフショアジギングならベイトリールよりもスピニングリール!

近場のオフショアジギングに用いるなら、ベイトリールよりもスピニングリールのほうがおすすめです。

応用範囲が広がりますし、バックラッシュなどのトラブルも比較的抑えることができるからです。

ジギングリールの番手はどれくらい?

スピニングリールの番手は、どれくらいのものがよいのでしょうか。

ダイワとシマノで、番手の表示が異なりますから注意してください。

ダイワなら、3500番から6500番くらいがおすすめです。

シマノなら、5000番から10000番くらいになるでしょう。

リールスプールの糸巻き量は?

ジギングを楽しむのに、リールスプールの糸巻き量はとても重要です。

PEラインの3号前後を200メートル以上巻くことができればじゅうぶんでしょう。

ギア比はどれを選ぶ?

ジギングリールのギア比にこだわる人も多いですよ。

ハイギアなら素早く巻き取れるので、次のアプローチに移りやすい手返しメリットがあります。

ただ、大型魚と長時間格闘するつもりなら、ローギアのほうが良い!という釣り人もいますね。

初心者ならハイギアから始めて、ジギングの経験を積んでから他のギア比に手を出す!というのはどうでしょうか。

最大ドラグ力は10キロ以上!

それからジギングリールの最大ドラグ力にも注目です。

あまりに弱いドラグ力なら、カンパチやヒラマサなどの青物の走りに耐えられないでしょう。

目安は、最大ドラグ力10キロ以上です。

できれば13キロは超えておきたいですね。

ダイワのおすすめジギングリール7選!

まずはダイワのおすすめジギングリールをピックアップしてみました。

ソルティガやキャタリナ・ブラストなど、人気の機種が多いですね。

安い価格のリールもありますから、最初の1台はコスパ重視でかまわないでしょう。

価格は安いし、なにしろドラグ性能は大型がヒットしても安心です。早速使ってキハダ30キロオーバーを釣り上げましたがドラグのおかげで安心してやりとりできました。

出典:amazon

シマノのおすすめジギングリール6選!

シマノのジギングリールも、人気が高くユーザーが多いことで知られています。

頑丈で耐久性があり、巻き心地が滑らか。

防水性能も兼ね備えていて、ドラグも安定して効いてくれます。

安い価格のエントリーモデルからハイエンドモデルまで、幅広い選択肢があるのが嬉しいですね。

やっぱりステラ!ツインパワーの同じ番手もレビューが良かったので買ってみましたが、かなりの違いがあります。特に滑らかさとカッチリ感
ジギングはファイトするよりしゃくってる時間の方が長いので、この差は大きいです。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング