ジギングリールのアップ写真

ジギングリールはどれにすればいいの?おすすめスピニングリール厳選13アイテム

FISHING JAPAN 編集部

初心者の人がジギングを始めようと思ったら、まずはリールをどれにするかで悩みますよね。

ジギングとひと口に言っても、さまざまなタイプがあります。

大型のマグロやジャイアントトレバリーを狙うものや、近海や湾内でタチウオをライトに狙うものなど色々。

どちらも1つのリールでカバーすることはできませんから、まずは近場の青物やマダイ・タチウオなどをターゲットにしたジギング用リールを挙げてみることにしましょう。

どんなスペックが、ジギングリールに求められるのでしょうか。

近海オフショアジギングならベイトリールよりもスピニングリール!

近場のオフショアジギングに用いるなら、ベイトリールよりもスピニングリールのほうがおすすめです。

応用範囲が広がりますし、初心者の人にありがちなバックラッシュなどのトラブルも、比較的抑えることができるからです。

キャスティングゲームに切り換えるのも、スピニングリールのほうがカンタンでしょう。

コスパ優秀なものの中から、自分に合ったジギング用リールを選んでください。

近海でジギングを楽しんでいる動画はこちら

ジギングリールの番手はどれくらい?

スピニングリールの番手は、どれくらいのものがよいのでしょうか。

ダイワとシマノで、番手の表示が異なりますから注意してください。

ダイワなら、3500番から6500番くらいがおすすめです。

シマノなら、4000番から10000番くらいになるでしょうか。

ロッドのパワーや、スプールに巻くPEラインの号数にも合わせるようにして最初の1台を選びたいものです。

大きい番手ほど丈夫さは増しますが、より重くなってしまうのは否めません。

実際に釣具店で実物を手にしてみて、あまりに重く感じてしまう機種は候補から外すべきでしょう。

リールスプールの糸巻き量は?

ジギングを楽しむのに、リールスプールの糸巻き量はとても重要です。

目安として、PEラインの3号前後を200メートル以上巻くことができれば、初心者ならジギングを始められるでしょう。

狙う水深が深くなったり、潮の流れが強めの釣り場では、もっと多くの糸巻き量が必要になってきます。

どんな釣り場へひんぱんに出向くことになるかを考慮しながら、ベストマッチの糸巻き量を見つけ出すようにしてください。

ギア比はどれを選ぶ?

ジギングリールのギア比にも、きっちりこだわってみましょう。

ハイギアなら素早くラインを巻き取れるので次のアプローチに移りやすく、手返しのいいジギングを実践することができます。

ただ、大型魚と長時間格闘するつもりなら、ローギアのほうが良い!というアングラーもいますね。

初心者ならハイギアからスタートして、ジギングの経験を積んでから他のギア比に手を伸ばすほうがいいかもしれませんね。

最大ドラグ力は10キロ以上!

それからジギングリールの最大ドラグ力にも注目です。

あまりに弱いドラグ力なら、カンパチやヒラマサなどの大型青物の走りをコントロールできないでしょう。

目安は、最大ドラグ力10キロ以上です。

13キロは超えておくと、魚とのやり取りに余裕を持って臨めるでしょう。

ダイワのおすすめジギングリールをピックアップ

まずはダイワのおすすめジギングリールをピックアップしてみました。

ソルティガやキャタリナ・ブラストなど、人気の機種が多いのが特徴です。

安い価格のリールもありますから、最初の1台はコスパ重視でかまわないでしょう。

「大きな負荷が掛かる釣りなのに、安い価格のリールでだいじょうぶなの?」という声が聞こえてきそうですが、ダイワのジギングリールなら実釣で鍛えられていますから問題ないでしょう。

ダイワ(DAIWA) リール 18 ブラスト LT 5000D-CXH

ダイワ(DAIWA) リール 18 ブラスト LT 5000D-CXH

参考価格:¥22,385

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 BG 5000H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 BG 5000H

参考価格:¥13,789

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 キャタリナ 4500H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 キャタリナ 4500H

参考価格:¥55,301

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ブラスト 5000H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ブラスト 5000H

参考価格:¥22,975

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 6000 カルディア(2018) LT6000D

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 6000 カルディア(2018) LT6000D

参考価格:¥23,144

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4000H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4000H

参考価格:¥74,552

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 ソルティガ エクスペディション 5500H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 ソルティガ エクスペディション 5500H

参考価格:¥93,521

Amazonへ

楽天市場へ

価格は安いし、なにしろドラグ性能は大型がヒットしても安心です。早速使ってキハダ30キロオーバーを釣り上げましたがドラグのおかげで安心してやりとりできました。

出典:amazon

ダイワのジギングリールに2020年、新しいモデルが登場します。

人気のソルティガシリーズが、フルモデルチェンジすることになったのです。

新モデル・20ソルティガは、オフショアジギングで大物を獲るために、強靭で耐久性のあるスペックが満載です。

設定ラインナップは9種類と豊富、8000番から20000番まで用意されているので、さまざまなジギングスタイルに適応できますね。

8000番は、PEライン3号から4号を用いた近海ジギングに使えますし、10000番は、キハダ・ヒラマサのキャスティングゲームをボートデッキから楽しめるでしょう。

14000番は、PEライン5号から8号をメインラインにして、ヒラマサ・カンパチなどの大型魚を離島などで狙うのに適しています。

そして20000番は、クロマグロなどの大型魚にチャレンジできる番手といえるでしょう。

モノコックボディの採用で一体成型となり、ボディカバーを留めるネジ自体が無くなっていますよ。

それにより従来の構造よりもボディ内部のスペースが広くなり、大口径のギアが収まるというメリットを生んでいます。

ギアのサイズがアップすると、その強度も向上し、15ソルティガのギアと比べて約2倍の強度を保持するに至っています。

ジギングリールに求められてきた理想の強さ・耐久性が、2020年に結実したといえるでしょう。

シマノのおすすめジギングリールをピックアップ

シマノのジギングリールも、人気が高くユーザーが多いことで知られています。

頑丈で耐久性があり、巻き心地がとても滑らかな仕上がりです。

防水性能も兼ね備えていて、ドラグも安定して効いてくれますよ。

安い価格のエントリーモデルからハイエンドモデルまで、幅広い選択肢があるのが嬉しいですね。

シマノ リール ジギング 14 スフェロス SW 8000HG

シマノ リール ジギング 14 スフェロス SW 8000HG

参考価格:¥12,335

Amazonへ

楽天市場へ

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 バイオマスタ-SW 6000XG

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 バイオマスタ-SW 6000XG

参考価格:¥21,896

Amazonへ

楽天市場へ

シマノ リール スピニングリール ショアジギング 18 ストラディック SW 5000XG

シマノ リール スピニングリール ショアジギング 18 ストラディック SW 5000XG

参考価格:¥22,051

Amazonへ

楽天市場へ

シマノ リール 15 ツインパワーSW 5000XG

シマノ リール 15 ツインパワーSW 5000XG

Amazonへ

楽天市場へ

シマノ リール スピニングリール 18 ステラ C5000XG

シマノ リール スピニングリール 18 ステラ C5000XG

参考価格:¥64,930

Amazonへ

楽天市場へ

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 13 ステラ SW8000HG

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 13 ステラ SW8000HG

参考価格:¥102,776

Amazonへ

楽天市場へ

やっぱりステラ!ツインパワーの同じ番手もレビューが良かったので買ってみましたが、かなりの違いがあります。特に滑らかさとカッチリ感
ジギングはファイトするよりしゃくってる時間の方が長いので、この差は大きいです。

出典:amazon

シマノからも、新しいジギングリール・ステラSWが登場しますよ。

ステラSWは、オフショアのソルトウォーターゲームを楽しむための堅牢なスピニングリールです。

設定機種は、既に発売されているモデルが8000番から14000番までの5種類。

そこに2020年、10種類が追加ラインナップされますよ。

多くのアングラー待望の4000番モデルが追加されるので、さまざまなオフショアジギングシーンに活用されるのは間違いありません。

ステラSWには、インフィニティドライブ構造が採用されていて、ピニオンギアで支えていたメインシャフトを非接触化するのに成功しています。

ピニオンギアの代わりに、特殊低摩擦ブッシュを装着して支えるようになったのです。

これによりメインシャフトの摺動抵抗を、大きく抑えられるようになりました。

それからメインシャフトそのものにも特殊な表面処理を実施、低摩擦化に拍車がかかっていますよ。

これで高い負荷がライン巻き取り時に掛かっても、積極的に巻き上げることが可能になりました。

大型魚をフッキングした後、やり取りを思う存分楽しめそうですね。

もうひとつ、ステラSWには注目の機能が搭載されています。

それは、ヒートシンクドラグ。

このドラグは、発生した熱をスプールの外へ逃がすために、ヒートシンクパネルを取り付けてあるドラグシステムのことで、スプール糸巻部へ流れようとする熱を遮断するための断熱シートも配置しています。

これにより糸巻部の温度上昇を、コントロールすることに成功していますよ。

防水機能のXプロテクトは、ストッパーベアリング部以外に、ラインローラー部にも採用されています。

至れり尽くせりの各種機能が、ジギングを楽しむアングラーを満足させるのは間違いないでしょう。

ジギングリールを使いこなして大型魚をゲットしよう!

ジギングリールのおすすめ機種や選び方について特集しましたが、いかがでしたか?

ダイワ・シマノから魅力的なリールが数多くリリースされています。

詳細に比べてみると、搭載されている機能に明確な差はありますが、頑丈さでいえば低価格モデルでもじゅうぶんにジギングを楽しむことはできるでしょう。

初心者の人は、最初から高価なハイエンドモデルに手を出さずに、オフショアジギングを実践し経験値を高めてから買い替えていくことをおすすめします。

そういう活用の仕方をするために、多くのグレードが用意されているのだと考えるようにしてください。

そして近海ジギングでオフショアゲームのスキルを高めたら、離島遠征や海外遠征などの大型魚ツアーに参加してみましょう。

どんどん釣りの幅が広がっていく中で、その都度自分にマッチしたジギングリールが見えてくるものです。

それが判明したタイミングで、ソルティガやステラSWなどのハイエンドモデルに手を伸ばすようにしたいものです。

ジギングの関連記事はこちら

DAILYランキング