リールのアップ写真

シマノのサハラ特集!ハイコストパフォーマンスで人気のスピニングリールを徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

価格が安くて基本性能が充実しているスピニングリールを探している人は多いでしょう。

ブラックボディにゴールドの配色が眩しいシマノのサハラなら、なんと実売価格1万円未満で全機種手に入れることができます。

超コンパクトで可愛い500番や、ショアジギングゲームに欠かせない4000番など、充実のラインナップも魅力です。

ここでは、シマノのスピニングリール・サハラシリーズを詳しくご紹介しましょう。

シマノのサハラとは

シマノのサハラとは、さまざまな釣りシーンで活躍してくれるハイコストパフォーマンスなスピニングリールのことです。

最大の魅力は、なんといってもその実売価格。

全機種が1万円を切る価格設定なので、無理なく必要な番手を買い揃えることができます。

「全ての釣りに使える番手ってないの?」

残念ながらそれは難しいのが現実です。

なぜなら、スピニングリールに巻くラインの太さが、釣り方によって幅広く切り替わるからです。

アジングにナイロンの3号ラインは太過ぎて、軽量なジグヘッドリグをキャストすることができません。

ライトラインにマッチした糸巻き量のスピニングリールを選んで、アジング専用のセッティングをしなければならないのです。

その際、シマノのサハラなら、豊富な番手のラインナップから、1000番やC2000番を選ぶことができますよ。

コアプロテクト未採用のシマノ・サハラ

シマノのサハラと上位グレードのスピニングリールを比較したとき、コアプロテクト採用の有無が大きな違いとなっています。

コアプロテクトとは、シマノオリジナルの防水機能のこと。

これがあると、リール内部に水が浸入することを抑えてくれます。

無ければリールとして機能しないのか?と問われれば、そんなことはありません。

ただし、コアプロテクトがないことで、内部に入った海水などをそのまま放置すると、塩ガミなとでリールを壊してしまう可能性が出てきます。

釣行後に帰宅した際、自分でしっかりと水洗い+拭き取り乾燥を施し、再度使える状態にメンテナンスすることが重要になるでしょう。

マメに自分の釣り道具をメンテナンスしている人なら、何ら問題なく使えそうですね。

使い方の注意点ってあるの?

シマノのサハラには、大径のドラグノブが装備されています。

大きいので剛性や耐久性に優れていますよ。

スムーズなドラグの滑り出しを実現し続ければ、大型魚が掛かっても安心してやり取りできるでしょう。

また、Gフリーボディも採用していますから、リールの重心が握り手のそばに寄っていることになります。

これが高い操作性を生み、扱いやすいスピニングリールとしての評価を上げているのです。

デメリットがあるとすれば、ラインローラー部分がワンピースベール構造ではないので、ラインがどこかに引っ掛かったまま巻き始めてしまうケースがあります。

そのまま使い続けると、糸ヨレの原因になりますから、リトリーブを開始する際はラインがラインローラーにきっちり乗っているか確認してからにしましょう。

シマノのサハラを使ってみた!おすすめ番手をピックアップ

それでは、シマノ・サハラの豊富な番手の中から、おすすめのものを取り上げてみましょう。

追加リリースされた500番から、実際に使ってみましたよ。

ブルーのパッケージから取り出してみると、本当にカワイイサイズで一目惚れしてしまいました。

シマノ(SHIMANO) リール スピニングリール 18 サハラ 500

シマノ(SHIMANO) リール スピニングリール 18 サハラ 500

参考価格:¥6,062

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノのサハラ、最もコンパクトな500番です。

スプールサイズがこの番手だけ極端に小さいので、超ショートノーズデザインになっていますよ。

これだとキャスティングで飛距離を出すのは難しいでしょうから、接近戦や足元をバーチカルに探るのに向いているといえそうです。

例えば、流行りの穴釣り。

カサゴやアイナメ・ソイ・アコウ・メバルなどを、テトラ帯の隙間から釣り上げるのに使ってみたいですね。

バーチカルアプローチなら、ちょっぴり太めのラインを使っても、糸ヨレが気にならないレベルに抑えられます。

どうしても気になる人は、ブラクリ仕掛けのウエイトを重くしてみると解消できるでしょう。

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ 1000

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ 1000

参考価格:¥6,545

Amazonへ

サハラの1000番は、深溝スプールを搭載しているコンパクトリールです。

ラインキャパを見てみると、ナイロン1.5号を130メートルも巻くことができますよ。

ちょっとしたキャスティングを絡めての穴釣りや、小物釣り全般に適していますよね。

例えば、シロギス釣りのちょい投げなどに重宝するでしょう。

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ C2000HGS

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ C2000HGS

参考価格:¥6,078

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらはサハラのC2000番、ハイギアモデルです。

浅溝スプール設定ですから、3ポンドのフロロカーボンラインを110メートル巻くことができますよ。

これならアジングやメバリングの主力機として使えそうですよね。

実際に1グラム程度のジグ単をキャストしてみましたが、難なくキャストを繰り返すことができます。

ライントラブルが心配なら、エストルラインの0.4号ぐらいを巻いてみると、安心してアジング・メバリングなどのライトソルトウォーターゲームを楽しむことができるでしょう。

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ 2500

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ 2500

参考価格:¥6,303

Amazonへ

サハラの2500番は、深溝スプールを標準装備しています。

ラインキャパは、ナイロン2.5号で150メートル。

防波堤からの餌釣りなど、幅広く使えるスペックですよね。

ウキ釣りからカゴ釣り、サビキ釣りまで楽しめますから、これ1台あればさまざまな釣りにチャレンジできそうです。

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ 2500HGS

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ 2500HGS

参考価格:¥6,303

Amazonへ

サハラの2500番、浅溝スプールを搭載したハイギアモデルです。

ギア比6.2対1ですから、ハンドル1巻きでなんと91センチものラインを引き寄せることができますよ。

キャストを連続しながらピンポイントを撃っていく、バス釣りなどに適しているでしょう。

スプール径も大きくなっているので、糸ヨレの心配がグッと抑えられますよ。

エギングゲームなどにも、じゅうぶん活用できるでしょう。

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ C3000DH

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ C3000DH

参考価格:¥6,652

Amazonへ

これはサハラ唯一のダブルハンドル仕様です。

C3000番で深溝スプールが標準装備されていますよ。

安定した巻き心地を得ることができるので、キャストしたルアーをテンポよくリトリーブし、それを繰り返すのに適しているでしょう。

広大な河口域などでシーバスゲームを楽しむのに向いているのではないでしょうか。

ラインキャパは、PE2号ラインを180メートルも巻けますから、ラインを流れに乗せるドリフト釣法などにもじゅうぶんトライできますよ。

深溝スプールは、太目のショックリーダーを収めておくのにも適しています。

岩礁帯やテトラ帯などの擦れが発生しやすいポイントで、使ってみてはいかがでしょうか。

シマノ(SHIMANO)ショアジギング  リール 17 サハラ 4000XG

シマノ(SHIMANO)ショアジギング リール 17 サハラ 4000XG

参考価格:¥7,315

Amazonへ

大型のT字ノブがカッコイイ、サハラの4000番です。

XGなのでエクストラハイギアを搭載、ギア比は6.2対1ですね。

ハンドル1巻きで99センチものラインを回収できるので、遠投とリトリーブを繰り返すライトショアジギングなどに向いているでしょう。

防波堤や岩礁帯エリアから、沖の潮目などにジグをキャストしてみてください。

自重295グラムに抑えられているので、あまり疲れを感じずにショアジギングゲームを楽しめるはずです。

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ C5000XG

シマノ(SHIMANO) リール 17 サハラ C5000XG

参考価格:¥6,652

Amazonへ

シマノ・サハラの最大サイズ、5000番のエクストラハイギアモデルです。

スプール径も54ミリと最長ですので、糸ヨレを心配せずに太目のラインを操ることができますよ。

磯場・サーフからのショアジギングゲームや、サーフヒラメゲームなどにベストマッチなスピニングリールですね。

重めのジグをキャストし、大型の青物などが掛かる釣りですから、リールにも相当の負荷が乗っかってきますよ。

それにしっかり耐えながら釣りを展開できるのが、この番手の最大の魅力です。

自分の足で歩いてポイント探しをおこないながら、ビッグフィッシュとの出会いを数多く体験してくださいね。

シマノのサハラを使いこなして釣りを楽しもう!

シマノのサハラシリーズの特徴や、おすすめ番手をご紹介しましたが、参考になりましたか?

コスパ優秀なスピニングリールは、メインで使うのはもちろん、トラブル発生時のサブ機として常にクルマに積んでおくと、とても便利です。

釣り場では大切なリールを落としてしまったりして、破損することもしばしば。

もう動かないから釣りをあきらめて帰宅するというのは、ちょっとツライですよね。

そんなときにクルマに戻ったらサハラがある状態にしておけば、遠征先でも困らずに釣りを続けることができるでしょう。

シマノ・サハラの使い方を、自分自身で見つけてみませんか?

シマノの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング