ロッドのアップ写真

スコーピオンロッドでシーバスを釣りたい!おすすめの機種をピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中のスコーピオンロッドは、バス釣りはもちろん、その他さまざまな魚種を積極的に狙えるアイテムに仕上がっています。

今回は、ソルトウォーターゲームの対象魚・シーバスを釣るのに使いました。

スコーピオンロッドのどの機種が、どんな釣り方に有効なのか深掘りしてみましょう。

スコーピオンロッドってどんなロッドなの?

スコーピオンロッドとは、シマノからリリースされている、さまざまな魚種・釣り方に対応可能なロッドアイテムのことです。

ベースとなっているのは、バス釣り。

ルアーをキャストしてカバーから誘い出したり、広範囲を探りながら活性の高い魚をバイトに持ち込んだりするのに長けています。

スコーピオンロッドの特徴は、まずガイド径が大きいこと。

現行のバス釣り用ロッドと比較すると一目瞭然で、このメリットは、PEラインとショックリーダーラインを結んだときに出来る結び目が、スムーズに抜け出るところにあります。

ガッ!と引っ掛かってしまうような小さいガイド径では、フルキャストなんて怖くてできません。

そういうアングラーのストレスを、とてもシンプルなやり方=ガイド径を大きくすることで解消しているのが、スコーピオンロッドなのです。

となると、PEラインを用いた釣り方を実践してみたくなるもの。

バス釣りではモノフィラメントラインがひんぱんに使われていますから、PEラインがメインとなったシーバスゲームを実践してみることにしましょう。

スコーピオンロッドには、2023年に追加された機種・15102R-2と2704RS-2も含めると、全部で28機種もラインナップされています。

ブランクスには、シマノオリジナルのスパイラルXが採用されていて、その周囲を定番のハイパワーXで補強しています。

ヨジレやツブレを制御しつつ、ロングキャスト・アキュラシーキャストを敢行できるものばかりで、その中からシーバスゲームで使ってみたいものを3つピックアップしてみました。

●スコーピオン・2832RS-2

全長が2.51mなので、シーバスゲームを展開するのにじゅうぶんな長さが確保されている、やや張り強めなスピニングロッドです。

ブランクスのテーパーが、ありがちなファストテーパーではないので、キャストするのに慣れは必要になるでしょう。

全体的に大きく曲がるイメージを持ち、スイングそのものをゆったりした感じにシフトすると、ブランクスの特性を早く理解できます。

2ピース仕様ですがセンターカットではなく、仕舞寸法130cmに統一したワン&ハーフタイプです。

このほうが、航空機に積み込んで遠征する際に、とても便利といえそうです。

しかもブランクスの曲がりの頂点というか可変点が、継目をかわしてくれる仕様になるのが嬉しいです。

大型サイズのシーバスが掛かった場合、ファイトの時間が長くなりますが、それにしっかり耐えられるわけです。

ウエイトは152gと扱いやすいもので、先径は1.9mmと太め。

適合するルアーウエイトは、7gから30gまでですから、シーバスゲームに用いるルアーなら、ほぼカバーできるでしょう。

適合するラインは、PEラインなら2号前後、モノフィラメントラインなら10lbから24lbまでカバー可能です。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.6%になっています。

ベイトロッドでシーバスゲームを楽しむならこちら!

スコーピオンロッドでシーバスゲームに使ってみたいベイトロッドは、こちらです。

●スコーピオン・1652R-2

全長が2m未満ですから、ショートレングスの部類に入るでしょうか。

最大28gまでのルアーを背負えるので、ミノーやシンペン・バイブレーションルアーを連続キャストしていくのに向いています。

しかもカバーやストラクチャーを精度高く撃ちやすいので、撃ったぶんだけ釣れる確率が上がっていくような、なかなかに楽しい釣りを展開できるでしょう。

市街地の河川や水路でシーバスを狙いたいときに、このフットワークの軽さが効きます。

何か何でもフルキャストしなければならない!という釣り方を、目指す必要はないのです。

マルチピースのスコーピオンロッドも選択可能!

スコーピオンロッドには、マルチピースタイプのロッドも用意されています。

例えば、スコーピオン・1604SS-5。

仕舞寸法が43cmにまで縮まるので、旅行カバンに収納して持ち歩くことが可能です。

全長1.83mと短いものの、これならボートデッキから下へ向けても、水面を叩いてしまう心配は要らないでしょう。

最大80gまでの負荷に耐えられるので、ビッグペンシルやビッグベイトをキャストして誘いをかけるのに向いています。

本格的なビッグベイトゲームを実施したいなら、スコーピオン・1787RS-2を使いましょう。

スコーピオンロッドに装着して使ってみたくなるおすすめのリールを選んでみた!

スコーピオンロッドに装着してシーバスゲームを楽しみたくなる、おすすめのリールをご紹介しましょう。

まずは、スピニングリールから。

3000番以上のサイズがあれば、ラインのストック量や巻き取りパワー・ドラグ力などに不安は感じないでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター ツインパワー XD 2021 C3000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター ツインパワー XD 2021 C3000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

最安値価格
¥38,298(amazon)

Amazonへ ¥38,298

楽天市場へ ¥39,087

シマノからリリースされているスピニングリール・ツインパワーXDシリーズの中から、C3000番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.4対1なので、ハンドル1回転につき94cmものラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgです。

ウエイトは200gと軽めで、スプール寸法は直径が47mm、ストロークが17mm。

ラインキャパは、PEラインなら2号を200m、モノフィラメントラインなら3号を150m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、ローター回転の立ち上がりの素早さは特筆モノで、ハンドル回転の滑らかさもバッチリ。

キャストの際のライントラブルはほぼ皆無ですから、手返しよく連続キャストアプローチを続けられるでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム HG RIGHT バーサタイル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム HG RIGHT バーサタイル

最安値価格
¥34,452(楽天市場)

Amazonへ ¥34,463

楽天市場へ ¥34,452

シマノから発売中のベイトリール・20メタニウムのハイギアモデルです。

ギア比は7.1対1ですから、ハンドル1巻きにつき76cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは175gと軽め。

スプール寸法は、直径が34mmで幅が19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを90m、PEラインなら1.5号から2号程度を100m以上巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、キャスト後半がしっかり伸びてくれる使用感があります。

カチッとした剛性・耐久性が備わっているので、ヘビーユースにじゅうぶん耐えられるでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

スコーピオンロッドを使いこなしてシーバスゲームを楽しもう!

スコーピオンロッドの特徴やシーバスゲームでの使い方、おすすめのリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

大胆に扱っても、強くて張りのあるブランクスが耐えてくれるので、安心して魚とのやり取りを楽しめるでしょう。

ロッドを立ててブランクスをひん曲げながら、ビッグシーバスをランディングに持ち込んでください。

シマノの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング