リールのアップ写真

シマノリールの2023年新製品から気になるモデルを選んでみた!

FISHING JAPAN 編集部

2023年リリースの新しいシマノリールを、フィッシングショーなどで手に触れることができるようになりました。

あなたの気になる1台は、どれですか?

魅力的な新アイテムの中から、おすすめの3機種についてご紹介しましょう。

シマノリールの2023年新モデル①23ヴァンキッシュ

シマノリールの2023年新モデルを代表するのが、軽量スピニングリールの23ヴァンキッシュです。

エギングゲームなどのロッドワークを激しくおこなう釣り方で、軽量化のメリットを体感することができるでしょう。

23ヴァンキッシュでいえば、2500番からC3000番サイズがそれに該当します。

シャクリからのフォール、目の前でロッドとリールをピタリと留めて、ラインの動きでイカのバイトを判別するとき、軽いヴァンキッシュなら支えるのが楽で、次の動きへの移行も俊敏に実施できます。

キャストの際の負担を軽減するという点では、ライトショアジギングゲームにも向いているでしょう。

例えば、23ヴァンキッシュの4000XG。

ウエイトはなんと、205gしかありません。

とんでもなく軽いので、メタルジグやシンペン・バイブレーションルアーなどのフルキャストを続けても、さほど疲れる展開にはならないでしょう。

エギングやライトショアジギングを実践する上で、気になるのがラインのヨレ。

どうしてもショックリーダーラインの結び目の上辺りが、糸ヨレしてきます。

スピニングリールなら仕方ないのかなと諦めていたとき、22ステラに付いているアンチツイストフィンに出会いました。

このパーツにより、ラインのたるみが抑えられ、スプールからはみ出すラインがことこどく消えていきます。

当然糸ヨレも発生しにくくなり、キャストによる手返しのテンポがアップ。

ポイントに対して数多くアプローチできるのですから、釣れる魚の数はみるみる上がっていきました。

そのアンチツイストフィンが、新しい23ヴァンキッシュにも搭載されます。

軽さとトラブルの無さ、この両輪はスピニングリールの使用感を、もっと上質で扱いやすいものに変えてくれるでしょう。

剛性や耐久性がどのレベルに仕上がっているかは、1年2年と使ってみて判断すればいいこと。

まずは時代最先端の技術を実感し、自分の釣りスタイルに取り込んでみましょう。

シマノリールの2023年新モデル②23カルカッタコンクエストMD

シマノリールの2023年新モデルには、カルカッタコンクエストシリーズも含まれています。

しかも初のMD仕様ですから、期待しているアングラーは多いでしょう。

先にリリースされたスコーピオンMDを、1年ほど使ってみたところ、キャストの際の操りにくさが浮き彫りになりました。

ストックしているラインの量が多く、太めなので、どうしても放出中にスプールの上で膨らんでしまうのです。

遠心ブレーキだけでは抑えきれず、常に親指で上からのタッチを繰り返していました。

もう少しラインを制御するチカラが欲しい!と感じていたところに、23カルカッタコンクエストMDの登場です。

なんと外部ダイヤル式の、マグネットブレーキが装備されるとのこと。

2種類のブレーキでスプール回転を制御しにかかるのですから、親指の出番は明らかに減るでしょう。

ライントラブルの心配無くキャストを繰り出せるなら、キャスト数も飛距離も伸びるはず。

それが好釣果につながらないわけがないのです。

シマノリールの2023年新モデル③23SLX DC

DCブレーキ搭載のベイトリールとして、最安値でリリースされたのが、23SLX DCです。

最新のI-DC4に加えて、スプールがマグナムライトスプールⅢにバージョンアップ。

より伸びようとするキャストフィールが得られますし、バックラッシュトラブルを気にせずアプローチを続けられるでしょう。

SLXシリーズは、とても姿勢が低いことで知られています。

カンタンにパーミングできて、装着するロッドを選ばない感じが、多くのユーザーに支持される理由といえそうです。

DCブレーキに関しては、新しくなるたびに進化していることを実感できます。

極端な飛びの失速はほとんど無く、狙ったポイントに正確に届けられます。

モノフィラメントラインを巻いたときはもちろん、細いPEラインを巻いてキャストしたときも、同じように飛びのポテンシャルは上々。

こうなってくると、安い価格で購入可能な23SLX DCのメリットは、上位機種に引けを取らないものに。

ソルト対応モデルでもあるので、最近流行りのロックフィッシュゲームやチニングゲームにも対応しやすいでしょう。

シマノリールを装着して使ってみたいおすすめのロッドをピックアップ!

実釣で使ってみたくなる、シマノリール装着を推奨する最高のロッドについて話してみましょう。

初めに、スピニングロッドを取り上げます。

23ヴァンキッシュの2500番を装着すると、エギングゲームに最適なスタンダードなモデルが合います。

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 19 セフィア SS S86M オールランドモデル 2~4号のエギ向き

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 19 セフィア SS S86M オールランドモデル 2~4号のエギ向き

最安値価格
¥17,655(amazon)

Amazonへ ¥17,655

楽天市場へ ¥18,715

Yahoo!へ ¥17,655

シマノ製のエギング専用スピニングロッド、セフィアSSシリーズから、8.6ftのMパワーブランクスモデルを選びました。

全長は2.59mで、二つ折りできる2ピースタイプ。

収納時の寸法は、最大で133.0cmまで短縮できます。

重さはたったの99gで、極めて軽量な設計と言えます。

ロッドの先端は1.6mmで細く、適応エギサイズは、2号から4号までとなっています。

対応可能なラインは、PEラインなら0.5号から1号までとなります。

ブランクスのカーボン含有率は、98.7%となっています。

実際に手に持ってみると、グリップ周辺がスリムで握りやすく、釣り上げたイカが逃げようとしてもしっかりとキープできます。

しっかりとしたバットパワーを保有しており、シャクリ等のロッド操作にも素早く反応します。

販売価格は1万円台で、とても手頃な価格帯となっています。

23ヴァンキッシュの軽さをフルに活用しながら、エギが落ちる際に起こるアタリを確実に捉えましょう。

シマノ(SHIMANO) 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル 1703R-2 ワン&ハーフ2ピース パワーロッド ジグ&ワーム ビッグベイト

シマノ(SHIMANO) 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル 1703R-2 ワン&ハーフ2ピース パワーロッド ジグ&ワーム ビッグベイト

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

人気のスコーピオンシリーズの中から、7.0ftのベイトロッドを選んでみました。

全長は2.13mとやや長めなので、ロングキャストを敢行するのに向いています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は130.0cm。

これなら航空機を利用する際にも、機内に積み込めるでしょう。

ウエイトは147gとやや重めで、先径は2.1mmとやや太め。

適合するルアーウェイトは10gから40gまでなので、クランクベイトからビッグミノーまで操れます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら14lbから30lbまで。

ブランクスはレギュラーテーパーで、カーボン素材含有率は99.1%です。

実際に手に取ってみると、とても張りがあって強い負荷にも耐えられそうです。

ガイド径が大きめですから、キャストの際にスムーズにラインを送り出せるでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

ブランクスの強さから、バス釣りはもちろん、海・河川におけるシーバスゲームやチニングゲーム・ロックフィッシュゲームなどにも転用しやすいかもしれません。

2023年リリースのシマノリールを使いこなして釣りを楽しもう!

2023年に登場するシマノリールの魅力や操作方法、そしてマッチするロッドについて解説しましたが、いかがでしょうか?

スケジュール通りに手に入れることが出来れば、次回のフィールドでは存分に活用してみてください。

新たな機能が提供する利点を実感すれば、それはあなたが手放せなくなる逸品になるでしょう。

2023年新製品関連記事はこちら

リール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング