シマノのハイエンドリール・ステラ

18ステラを大解剖!シマノフラッグシップモデルの全機種スペックを大調査!

FISHING JAPAN 編集部

ステラといえば歴代全てシマノのハイエンドモデル、日本を代表するスピニングリールです。

それが2018年にフルモデルチェンジを果たして、リリースされるに至りました。

販売価格は78,000円から85,000円程度と、ハイエンドにふさわしい高価格に設定。

アングラー羨望の18ステラがどのように生まれ変わったのか、詳しくチェックしてみましょう。

18ステラは歴代モデルと比較してどこが変わったの?

18ステラの心臓部には、滑らかな巻き心地がさらに進化した、マイクロモジュールギアⅡが搭載されることになりました。

ステラSWを含め、歴代モデルもかなり滑らかにハンドルを回すことができたのですが、この新しいギアはユーザーからどのような評価を得られるのか、興味津々です。

ギアの製作や仕上げにバツグンの実績を持つシマノですから、じっくり紐解いてみたいですね。

18ステラに搭載された、マイクロモジュールギアⅡとは、シマノ最新の歯面設計を施したギアのことです。

ギアの歯ひとつひとつを理想的な歯形状にして、回転時の音鳴りの低減や滑らかさの向上を目指していますよ。

ハンドルの巻き上げでギア同士が擦れて発生するギアノイズは、歴代のモデルと比べても低く小さく抑えられています。

また、ギアそのものにも特殊な表面処理を施した、HAGANEギアが採用されることになりました。

シマノ独自の精密冷間鍛造技術によって造り出されたHAGANEギアは、歴代モデルに採用したギアのサイズや材質を変えることなく、設計だけで強度・耐久性をアップさせています。

そのために、ギアの強度は格段に向上しており、例えば2500番クラスはそれより大型の4000番相当以上の強度に達しているとのこと。

これなら1メートルを超えるシーバスがいきなり掛かっても、慌てず冷静にやり取りすることができるでしょう。

ついゴリ巻きして引き寄せてしまうクセのあるアングラーでも、リールを壊してしまう心配から解放されそうですね。

18ステラ全16機種の詳細スペックはこちら

18ステラには、全部で16種類の機種がラインナップされています。

それぞれにギア比・最大ドラグ力・自重・ラインキャパ・ベアリング数などが細かく設定されていますよ。

お手持ちのスピニングリールと比較して、優れている点をピックアップしてみてください。

18ステラの高性能が実感できるはずですし、欲しい1台が見つかるかもしれません。

品番ギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)フロロ糸巻量(lb-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
1000S SSPG4.63.01650.3-1202-805812/179,800
1000S SSDH5.13.01750.3-1202-806414/180,800
C2000S5.13.01700.6-1503-1106912/179,800
C2000S HG6.13.01700.6-1503-1108212/179,800
品番ギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)フロロ糸巻量(lb-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
C2500S HG6.03.01800.8-1505-1008112/180,900
2500S5.34.02050.8-1505-1007812/181,900
2500S HG6.04.02050.8-1505-1008912/181,900
C30005.39.02101.5-2704号-1007812/181,900
品番ギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)フロロ糸巻量(lb-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
C3000S DHHG6.09.02150.8-1505-1008914/184,000
C3000 XG6.49.02101.5-2704号-1009412/181,900
C3000M HG6.09.02101.2-1508-1108912/181,900
3000M HG5.89.02101.2-1508-1108612/183,000
品番ギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻量(号-m)ナイロン糸巻量(号-m)最大巻上げ長(cm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望販売価格(円)
40005.311.02551.5-3204-1508712/183,000
4000XG6.211.02551.5-3204-15010112/183,000
4000M HG5.811.02551.5-2003-1209512/183,000
C5000 XG6.211.02602-3005-15010112/185,900

18ステラの防水機能・X PROTECTに注目!

シマノのスピニングリールのボディには、コアプロテクトという防水機能が搭載されています。

しかし18ステラには、それをさらに進化させたX PROTECTが採用されることになりました。

釣り場には水がつきもの、しかも海水には塩分が多量に含まれています。

これがダイレクトにスピニングリールの心臓部へ届いてしまうと、精密機械であるが故の故障を招いてしまうことに。

どうやって水の浸入を防ぐか?は、リールメーカーとしてシマノが長年取り組んできた必須の機能といえるはずです。

ボディとラインローラー部分に、新しい防水機能・X PROTECTを施したおかげで、水分の浸入をシャットアウトできるようになり、より耐久性がアップしました。

それから、スプールを取り外したときに見えるボディ内側部分のデザインが、ラインを巻き込まないように外側に向けて反っていますよ。

水の浸入を防ぐベースとして、こういった細かな部分の改良の積み重ねが、18ステラの高評価につながっていくのは間違いありません。

ニューステラ 前作とは違って超カッコいい ゴールドがなくなってより高級感が出た ギヤは2倍の強度 ノイズは半分以下のヌルヌル ラインローラーは5倍以上長持ち メインテナンスもできる ザバザバ洗っても全く水は入らないラビリンス機構 ラインをシャフトに絡ませない ネズミ返し機能(これは勝手にネズミ返しと)言っている 笑

村田 基さんの投稿 2017年12月22日(金)

18ステラの本体ボディはシルバーが基調で引き締まった印象

18ステラの外観デザインをチェックしてみましょう。

歴代モデル、例えば14ステラと比較すると、明らかにシルバーカラーが目立つ印象ですね。

ゴールドカラーを着色しているのは、ほぼスプールエッジのみとなっているので、とても引き締まった統一感のあるイメージのリールに仕上がっています。

その質感は、実物を見るほうが理解できるでしょうから、ぜひ一度最寄りの釣具店で手に取って体感してみてください。

実際にリールハンドルを回して、その滑らかな巻き心地も忘れずに確認しましょう。

18ステラの搭載テクノロジーを動画で把握してみよう!

18ステラに搭載された、各種テクノロジーの解説動画がアップされています。

分かりやすい図解が丁寧に並べられているので、じっくり見ながら把握することができますよ。

特にX PROTECTのシーンは分かりやすく、一見の価値ありです。

シマノはこういった分かりやすい解説ツールを公開するのが得意で、ユーザーの理解度を高めようとする姿勢が、より一層高い支持を集めることにつながっています。

18ステラの搭載テクノロジー解説動画

18ステラでネイティブトラウトを楽しむ動画を見てみたい!

18ステラを雄大な大自然の中に持ち出して、ネイティブトラウトゲームを楽しむ動画がこちらです。

まさにハイエンドモデルにふさわしい優雅さが漂っていて、自ら山奥の渓流・支流に向かいたくなりますね。

18ステラに対する憧れともシンクロしていく手法が、とても素晴らしいといえるでしょう。

実際に渓流釣りへ出向くと、歴代モデルのステラを使っているアングラーの方々によく出会います。

彼らが18ステラをどう評価するのか、そこにも興味が湧いてきますね。

流行りのヘビーシンキング+フラットサイドミノーを操るアングラーの手元が、シルバーカラーに輝く日がやって来るのもそう遠くはないでしょう。

ネイティブトラウトをターゲットに18ステラを投入する動画

18ステラでバス釣りを実践してみたインプレ動画もチェック

18ステラをバス釣りで使ってみた動画がアップされています。

こちらのユーチューバーさんは、シマノ製品をこよなく愛している方で、丁寧な解説シーンやインプレ実釣が、長時間に渡って収められていますよ。

14ステラのヘビーユーザーでもあるようで、歴代モデルとの比較コメントも非常に参考になります。

滑らかで軽い巻き心地はヴァンキッシュ寄り!という表現を、18ステラに申し訳なさそうにしゃべっているのに同感する人は多いでしょう。

そういう態度にも深いシマノ愛が込められていて、とても好印象な動画に仕上がっています。

バス釣りに18ステラを使ってみたインプレ動画

エギングで使うなら18ステラと19ヴァンキッシュどちらがいいの?

18ステラをエギングで使う場合、同じシマノからリリースされている19ヴァンキッシュと比較・検討している動画を見つけました。

これは皆さん必ず悩むところですから、とてもありがたいテーマですね。

19ヴァンキッシュは、18ステラよりもランクが下のスピニングリールとして認識されていますが、実際に手に持ってみると、その軽さに驚愕します。

こんなに軽くていいの?という印象で、それは18ステラと持ち比べても明確に感じ取れるレベルですね。

エギングではシャクリアクションなど、さまざまなロッドワークを多用するケースがありますから、手首やヒジに負担のかからないほうが扱いやすいとされています。

ならば軍配は、19ヴァンキッシュに挙がったのでしょうか?

ぜひ最後まで動画を見て確かめてください。

分かりやすい18ステラと19ヴァンキッシュの比較インプレ動画

カヤックのシーバスゲームで18ステラを使ってみた!

シーバスゲームに18ステラを投入した実釣動画がこちらです。

晴天の下、カヤックで護岸エリアのストラクチャー周りを果敢に攻めていますよ。

使用しているのは、18ステラのC3000MHG。

シーバスが掛かった瞬間から滑らかにドラグが効いているのが、手に取るように分かります。

迫力の映像シーンから18ステラの性能を推し量ってみましょう。

シーバスの実釣シーンが大迫力の18ステラ使用動画

18ステラの販売価格をチェック

18ステラは、2018年の3月に発売されました。

メーカー希望販売価格は、上記スペック表の通り、79,800円から85,900円となっています。

しかしながら、ショッピング通販サイトの実売価格を見ると、68,000円から74,000円辺りで購入することができるようですね。

最安値はどの通販サイトなのか、しっかり比較してから購入を決めましょう。

当然実店舗販売している釣具店も、巡ってみることをおすすめします。

実機を手にしないと、どの番手を購入するか迷ってしまいますからね。

シマノの19ヴァンキッシュや他メーカーのスピニングリールも同時にチェックしてみましょう。

18ステラのご購入はこちら

14ステラのご購入はこちら

ステラの関連記事

完成度の高いステラSWにモデルチェンジはあるの?2019年新型リールを大胆予想!19ステラSWが出るなら搭載して欲しい機能をピックアップしてみた!

現行のシマノステラSWは、13ステラSWと呼ばれているもので、つまり2013年に世に出たモデルです。 もう6年以上も経過していることから、そろそろ新型が発売されるのではないか?と、予想し…

FISHING JAPAN 編集部
完成度の高いステラSWにモデルチェンジはあるの?2019年新型リールを大胆予想!19ステラSWが出るなら搭載して欲しい機能をピックアップしてみた!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング