リール 写真

18ステラを発売から1年間使ってみた!シマノステラC2000SHGの実釣インプレを公開!

FISHING JAPAN 編集部

2018年にリリースされたスピニングリール・シマノステラを約1年間実釣で使い込んでみました。

主なターゲットはバスで、使った機種はC2000SHGです。

海水では使用せずに、毎釣行ごとに水洗いと注油を繰り返しながらの継続使用です。

さまざまな感じたことを織り交ぜてインプレしてみます。

マイクロモジュールギアⅡを体感!

シマノのフラッグシップといわれているステラですが、この18ステラになって大きく変わった点がいくつかあります。

まずはメインギアが、マイクロモジュールギアⅡに新しくなりました。

魚をフッキングして実際に負荷が掛かったときの巻き心地が、とてもスムーズで安定しています。

滑らかにニュルニュル巻ける!と、ネットでは謳われているようですが、そういう印象はありません。

あくまでも負荷が掛かったときに、安心感を持って巻き取れる感触があって、それが長く使えそうな信頼感に移り変わっていくように感じました。

これならだいじょうぶだなと、着地点が視界良く見える感覚です。

これはボディ構造全体を見直した、サイレントドライブの効果なのかもしれません。

X-プロテクトと水洗いの関係

次に体感できたのが、X-プロテクトです。

元々これまでのステラやツインパワーも水洗いをしていましたが、18ステラに関しては、もっと荒っぽい洗い方をしても、内部に水が浸入した感じは受けません。

水が入れば巻きの音が変わりますし、巻き心地もジリジリと重めになるもの。

それ以上にギア周りのオイルが落ちてしまい、ムラのある巻き感に変わってしまうものです。

そういう不快な感触が、水洗い後も全くないのです。

某動画サイトでバケツの水に18ステラを突っ込んで、ジャブジャブ洗いをしていましたから、同じように実践してみたところ、やはり内部への水の浸入はありませんでした。

メーカーによると、この洗い方は推奨していないようですから、自己責任で試してください。

秀逸なラインクリップ!

もうひとつ挙げるとすれば、新しくなったラインクリップでしょう。

極細でも太めでも、しっかりラインを引き止めてくれます。

スルリと抜け落ちたり、クリップしにくかったりした印象はありません。

移動するタイミングや収納時にとても便利で、ストレスを感じないのは大切な要素ですね。

実釣インプレはこちら!

実際のバス釣りで使ってみました。

18ステラC2000SHGに巻いたのは、フロロカーボンラインの3ポンドを100メートルほど。

よくラインカットして結び換えるクセがあるので、ショックリーダーを介するPEラインは、バス釣りでは使いません。

画像のバスで、48センチ1700グラムほど。

筋肉質で走りの早いタイプでしたが、ラインが出っ放しにならず、ドラグによる制動は効いていました。

18ステラを装着したスピニングロッドの長さは、7フィート。

掛かってからは垂直に立てて、ロッドの曲がりが一定になる程度に、ラインを巻き取ることを繰り返しました。

その間、3分ほど。

水面に浮いてからは引き寄せるのに、さほど時間はかかりませんでした。

釣行を重ねても、ベールやローターにガタはありません。

ハンドルに変形はありませんし、ハンドルノブもスムーズに回ります。

ボディ表面に目立ったキズは発生しておらず、実使用2年目に突入しても、何ら問題はないでしょう。

メーカーへオーバーホールに出す予定はなく、このまま水洗い+注油の自己メンテナンスで使い続けるつもりです。

結論として、壊れないリールがイチバンです。

前回と同じ感覚で使い続けられる釣り道具が、最も優れているということでしょう。

18ステラは、じゅうぶんにその域に達しているリールだと実感しています。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング