リールのアップ写真

24ツインパワー新登場!2024年待望の質実剛健スピニングリールを徹底チェック【シマノ】

FISHING JAPAN 編集部

待望の24ツインパワーが、2024年シマノからリリースされることになりました。

アルミニウムを用いた金属ローターに、HAGANEボディを組み合わせて、質実剛健なスピニングリールに仕上がっています。

どのようなスペックが新しく搭載されているのか、詳しくご紹介しましょう。

24ツインパワーとは

24ツインパワーとは、2024年シマノからリリースされる、汎用型スピニングリールのことです。

設定される番手は、全部で13種類。

C2000番からC5000番までですから、ライトソルトウォーターゲームやトラウトゲームから、ショアジギングゲームまでカバーすることができるでしょう。

24ツインパワーには、シマノオリジナルのさまざまなスペックが採用されています。

まず最初に挙げたいのが、多くのアングラーが注目している、インフィニティループ。

これは22ステラに搭載されて、23ストラディックには搭載されなかった機能です。

スプールに対して超密巻きにラインを巻き取っていく機能で、ハンドルを回したときのスプールの上下移動をスローにし、ラインが1本1本緻密に巻き上げられていくようになります。

その状態でベールを起こしキャストすれば、ライン放出の際の抵抗を大幅に抑えることができ、抜けるようなキャストフィールやラインの送り出しが可能になるというものです。

実際に22ステラを使って体感してみましたが、かなりゆっくりとスプールが上下しますし、ライン放出がスムーズで飛距離も伸びました。

これを一度使ってしまうと、なかなか未搭載モデルには手を出しにくい!と感じましたが、ユーザーの意見の中には、フワ巻き=あまりテンションをかけずにラインを巻いてしまうと、スプール上にラインが浮き出て、キャストの際の抵抗になったというものが出てきました。

これはもうユーザー個々の判断に任せるしかないのですが、22ステラを使っていて、ライントラブルが多発する印象はありませんし、ルアーもよく飛んでくれます。

その2年後である2024年リリースの24ツインパワーに、インフィニティループの搭載が決断されたということは、より一層進化を遂げて扱いやすいものになっているのでは?と、期待してしまいます。

いち早く入手して、さまざまなフィールドで実釣し確認してみたいものです。

24ツインパワーを構築する金属=アルミニウムやCI4+に注目!

24ツインパワーには、ローターに金属=アルミニウムを採用しています。

高い剛性を得ることができ、なおかつ適度な慣性を備えることになります。

金属製ローターは、しっとりした滑らかな回転フィーリングをアングラーに与えてくれるのです。

金属ゆえに、たわみや歪みを抑えることが可能で、実釣時におけるフッキングや、ドラグ性能の向上にも好影響を与えるでしょう。

金属製ローターを採用しているのは、シマノの汎用型スピニングリールでは、22ステラとこの24ツインパワーのみです。

また、24ツインパワーには、シマノオリジナルのCI4+も採用しています。

CI4+とは、樹脂に高い強度を誇るカーボン繊維が練り込まれたもので、このカーボン繊維の配合によって高い剛性を作り出しているのです。

剛性が高いということは、負荷がかかっても変形量が少なくなります。

特に負荷のかかるリールフットには、金属のアルミニウムを採用していて、まさに質実剛健なスピニングリールに仕上がっていることになります。

インフィニティクロスやアンチツイストフィンも採用している24ツインパワー!

24ツインパワーのギアには、インフィニティクロスが採用されています。

ギアの歯面にかかる負荷を低減させて、耐久性を飛躍的にアップさせています。

ギアの接触面積が増えているので、掛かった魚とのファイトや、ロッドワークでジャークしたときのギアへのダメージを抑えることが可能です。

リールハンドルを回しながらのリトリーブが安定するので、その都度あれこれと思考する手間が省け、釣りに対する集中力が高められるでしょう。

水流や潮流・魚の挙動など、さまざまな変化を感じ取れるベースが、24ツインパワーによって支えられると考えてください。

それから、高い負荷が掛かってもパワフルな巻き上げができる、インフィニティドライブも採用されています。

好評のアンチツイストフィンも、24ツインパワーのスペックに含まれていて、ラインのたるみを抑えつつスプール下部へのラインの脱落を減らしてくれます。

ラインがヨレたままスプールに巻き付けられてしまう現象は、解消されるでしょう。

ドラグはデュラクロスを採用していて、新しい材料のドラグワッシャーを搭載したことにより、耐摩耗性能がアップしています。

24ツインパワーの設定機種を番手ごとにチェックしてみた!

24ツインパワーの設定機種を、番手ごとにチェックしてみましょう。

●C2000番サイズ

C2000Sのみの設定で、ベーシックモデルとしてアジングやメバリング・トラウトゲームなどに活用できます。

ウエイトは175gと、シリーズ最軽量で、ギア比5.1、ボールベアリングは9個搭載になります。

●2500番サイズ

C2500SXG・2500S・2500SHGの3機種になります。

ウエイトは、C2500SXGの180gが最も軽く、ハンドル1回転で87cmものラインを巻き取ることが可能です。

エギングやバス釣りなどに使える番手でしょう。

●3000番サイズ

C3000・C3000MHG・C3000XGと3000MHGの4機種が揃っています。

ウエイトは、C3000番の3機種が、215gで統一されています。

シーバスゲームやチニングゲームなど、ソルトゲーム全般をカバーできるでしょう。

24ツインパワーのファーストインプレッションを収めた動画はこちら

●4000番サイズ

4000M・4000PG・4000MHG・4000XGの4機種から選ぶことができます。

ウエイトは、4000PGのみ265gで、その他は260gで統一されています。

注目の4000PGなら、大物が根に隠れようとしても、パワフルに巻き上げて引き離せるでしょう。

●C5000番サイズ

C5000XGのみの設定です。

ウエイトは、265gで、ライトショアジギングゲームをメインに活用することができます。

57mmのロングハンドルに、ラウンドハンドルノブを搭載。

青物をターゲットに、操作性や自重を重視したいアングラーにおすすめです。

24ツインパワーを装着してみたくなるおすすめロッドを選んでみた!

24ツインパワーを装着してシーバスゲームを楽しみたくなる、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

シマノからリリースされている、エクスセンスズームのS86-96Mです。

3000番サイズの24ツインパワーが、ベストマッチではないでしょうか。

全長2.90mで、3ピース仕様ですから、仕舞寸法は133.5cmになります。

ズームする長さは、30cmです。

ウエイトは150gと軽めで、ブランクスの先径は1.8mm。

適合するルアーウェイトは6gから40gで、適合するラインはPEラインなら0.6号から1.5号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%に設計されています。

シマノ(SHIMANO) 22 エクスセンス ズーム S86-96M

シマノ(SHIMANO) 22 エクスセンス ズーム S86-96M

最安値価格
¥47,390(楽天市場)

Amazonへ ¥55,175

楽天市場へ ¥47,390

24ツインパワーの気になる発売日はいつ?

24ツインパワーの気になる発売日は、未定です。

シマノ公式サイトで発表されるので、チェックするようにしましょう。

メーカー希望販売価格は、53,500円から56,000円です。

実売価格は4万円台になりそうですから、ダイワの24セルテートとの直接対決になりそうです。

果たしてユーザーの評価はどう分かれるのか、今後の展開に注目してみましょう!

新製品の関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

ツインパワー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング