リールのアップ写真

最新ステラの実釣インプレ特集!2500SHGと0.6号PEラインの相性チェック【シマノ】

FISHING JAPAN 編集部

シマノの最新ステラがリリースされてから、そろそろ1年が経とうとしています。

実際にフィールドで使ってみて、どのような印象を感じたのかご紹介しましょう。

選んだ番手はステラ2500SHGで、0.6号のPEラインをベースにエギングゲームやバス釣りをやり込んでみました。

ステラ2500SHGとは

実機に選んだステラ2500SHGとは、2022年シマノからリリースされたスピニングリールのことです。

ハイエンドスペックに位置しているので、最新の機能が満載なのですが、中でも特徴的ないくつかを取り上げてみましょう。

まず最初に驚いたのが、極めてスローなスプールの上下動です。

他のスピニングリールで、ここまでゆっくりと上下動するものを見たことがありません。

過去のステラに一度だけ、オシュレートゆっくりモデルが存在しましたが、それに匹敵するかもっとスローに感じます。

メリットは、ラインが整然とスプールに巻き取られていくこと。

0.6号PEラインのような極細でも、上のラインが下のラインを押し潰すことなく、絶妙な密巻き状態に巻き上げられていきます。

ラインが傷まないことで、魚からの負荷が掛かってもラインブレイクには至りにくいでしょう。

そしてキャストの際、ラインの放出も整然かつ抵抗を抑えた解き放ちを見せてくれます。

まるで風に吹かれて自然に舞い上がっていくような放出状態は、軽量ワームリグやハードルアーをキャストするのに最適といえるものです。

ここまで抵抗を感じないスピニングリールのキャストは、今まで体験したことがありません。

密巻きにするとラインが放出されにくいのでは?という穿ったものの見方は、完全に払拭されるでしょう。

当然重いルアーのロングキャスト性能も、目を見張るほど向上しています。

エギングゲームで用いる4.0号エギを、防波堤でフルキャストしてみました。

鋭い飛び出しは飛距離を伸ばしてくれますし、束になってラインが出てしまうトラブルも皆無です。

エギが着水してからのラインの送り出しも、とてもスムーズ。

それを何度繰り返しても、糸コブなどを修正する展開にはなりませんでした。

アンチツイストフィンの存在が大きいステラ2500SHG!

ステラ2500SHGの機能としてもうひとつ挙げたいのが、アンチツイストフィンです。

ラインローラーの真下に、弾性体の薄いフィンが取り付けられています。

先にここにラインが触れてから、ラインローラーに収まる構造です。

その行程でラインにたるみがあると、いい感じに張ってからスプールに収まろうとします。

これにより、スプールからラインがはみ出した状態で巻かれていくのを防いでくれます。

しかも糸ヨレを解消してからスプールに収めることにもなるので、次のキャストがとても安定します。

ラインの放出時に抵抗をほとんど感じないのは、このアンチツイストフィンによるところも大きいでしょう。

バス釣りにベストマッチなステラ2500SHG!

ステラ2500SHGと0.6号PEラインの組み合わせを、冬のバス釣りでも使っています。

5g程度の鉄板系バイブレーションルアーをキャスト、ボトムまで落とし込んでリフト&フォールを繰り返します。

飛距離は申し分なく、手元感度も高めです。

アタリを感じたら次の瞬間にアワセを入れるのですが、ラインが張り詰めたときのボディのガッチリ感=支持レベルの高さが群を抜いています。

大きな負荷が掛かっているのに、ボディのどこからも軋み音は発生しませんし、そのまま支え続けることができます。

リールハンドルは滑らかにスムーズに回すことが可能なので、冬バスに主導権を与えることなく、やり取りを楽しめるのが嬉しいです。

フッキングした直後は、リールは顔の横などの高い位置に。

ロッドはしっかりしなっていて、この高負荷状態でもリールハンドルを回せますから、バラシが抑えられるのも納得です。

ローター回転にもガタつきは感じられませんから、大胆に積極的に巻き取り→引き寄せを実践してみましょう。

ステラ2500SHGを装着して使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

ステラ2500SHGを装着してフィールドで使ってみたくなる、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

まずはバス釣り用スピニングロッドから。

鉄板系バイブレーションルアーを操るつもりなら、ブランクスに張りのあるものがマッチします。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 266L-2

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 266L-2

最安値価格
¥20,971(amazon)

Amazonへ ¥20,971

楽天市場へ ¥21,559

最新のエクスプライドシリーズから、6.6ftのLパワーブランクスモデルを選んでみました。

オカッパリによるアプローチに合っていて、5g前後の鉄板系バイブレーションルアーを操るのに向いているでしょう。

全長は1.98mで継数は2本、仕舞寸法は102cmにまで縮まります。

これならさまざまな釣り場へ持ち込みやすいですし、クルマへの積み込みも楽におこなえます。

ウエイトは92gと軽めなので、手元感度は高くなるでしょう。

先径は1.5mmで、適合するルアーウェイトは3gから10gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら3lbから6lbまで、PEラインなら最大で1.0号まで使えます。

グリップの長さは205mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は99.1%になります。

実際に手に取ってみると、とても軽くて取り回ししやすい印象でした。

グリップは細身で握りやすく、コルクの感触も上々。

2ピース仕様による継目も、しなやかな曲がりに追従してくれます。

バットガイドがKガイドタイプではないので、負荷が掛かり続ける釣り方に向いているかもしれません。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

22エクスプライドシリーズには、6.4ftでM+パワーブランクスのスピニングロッドもラインナップされていますから、よりトルクフルなテイストを求めたい人は、そちらも手に取ってみてください。

シマノ(SHIMANO) セフィア XR S79M

シマノ(SHIMANO) セフィア XR S79M

最安値価格
¥28,886(楽天市場)

Amazonへ ¥30,221

楽天市場へ ¥28,886

足場の低いシチュエーションで、アオリイカを積極的に掛けていくアプローチに向いているエギングゲーム用ロッドです。

全長は2.36mとショートレングスで、継数は2本。

仕舞寸法は121.5cmにまで縮まりますから、持ち運びがとても便利です。

ウエイトは98gと軽く、先径は1.6mmになっています。

適合するエギサイズは、2.0号から4.0号まで。

適合するPEラインは、0.5号から1.0号までです。

グリップはカーボンモノコックで、リールシートの位置は337mm。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.8%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてパワフル、しかも短いことで取り回しがバツグンです。

ゴロタ浜などの足場の低い釣り場には、意外と釣られていないアオリイカが残っているもの。

それをランガンスタイルで獲っていくのに、とても適しているロッドといえるでしょう。

実売価格は2万円台と、購入しやすい価格帯に設定されています。

アオリイカのジェット噴射を、最新ステラの高性能ドラグとボディ剛性で止めてみましょう。

最新ステラを駆使してさまざまな釣りを楽しもう!

最新ステラの実釣インプレや、マッチそうなおすすめロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ラインテンションが抜けている状態でも、糸ヨレの心配なく巻き取れるのが、最新ステラの強みです。

ひんぱんにフィールドに持ち出す機会が増えることで、より一層ステラのハイスペック=使い心地の良さを体感できるでしょう。

ラインローラーやアンチツイストフィンなどに、PEラインのコーティングや塗料が付着するので、洗浄メンテナンスできっちり拭き取るようにしてください。

シマノの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

ステラ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング