リールのアップ写真

シマノのバスワンXTシリーズでさまざまな釣りを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

初心者アングラーがルアーのキャスティングゲームをマスターしたいなら、価格が安くて扱いやすいロッドやリールがあると積極的にのめり込めます。

シマノのバスワンXTシリーズは、バス釣り専用タックルとしてリリースされていますが、実はソルトウォーターゲームにも転用できます。

ここではシマノのバスワンXTシリーズの特徴やさまざまな使い方について、詳しくご紹介しましょう。

シマノのバスワンXTシリーズとは

シマノのバスワンXTシリーズとは、ベーシックなバス釣り用タックルのことです。

リールは、バスワンXT150というベイトリールで、ロープロファイルデザインを採用したパーミングしやすいモデルです。

右巻きハンドル仕様が150で、左巻きハンドル仕様が151。

ウエイトは210gととても軽いですから、長い時間手に持って釣りをおこなっても、さほど疲れを感じてしまう状態にはならないでしょう。

最大ドラグ力は5.0kgで、スプール寸法は直径が34mm、幅が22mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

太いラインを操れるので、岩礁帯などの根掛かりトラブルが頻発する場所でも、積極的に扱えるでしょう。

ギア比は7.2対1ですから、ハンドル1回転につき77cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは4個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、遠心ブレーキ・SVSがよく効いて、後半の伸びるキャストを実践できます。

16lbのフロロカーボンラインを使いましたが、10g以上のルアーならどれも投げやすく感じました。

冬の寒い時期になると、バス釣りよりもソルトウォーターゲームのほうに気持ちが向きます。

それに乗っかって、岩礁帯の続く磯場へ足を運んでみました。

ターゲットは、産卵で接岸してくるロックフィッシュ。

特にカサゴは、かなり大きく育っているので、食い付いてきたら引きを楽しむことができます。

用意するルアーは、ワームリグがメイン。

最近のロックフィッシュゲームでは、テキサスリグよりもフリーリグのほうが人気があるようで、ベイトタックルとのマッチングも良好です。

シンカーには5g以上の重いスリムシンカーを選び、エビなどの甲殻類に見えるホグ系ワームをオフセットフックに装着すれば、準備完了。

リールはバスワンXT150で、ロッドはバスワンXTベイトロッド・1610M-2がマッチするのではないでしょうか。

シマノのバスワンXTシリーズベイトロッド・1610M-2を使ってみた!

シマノのバスワンXTシリーズ・ベイトロッドの中で、ロックフィッシュゲームに用いたのは、1610M-2です。

全長2.08mとやや長めなので、飛距離をカンタンに伸ばすことができます。

2ピース仕様ですから、仕舞寸法は107.2cmにまで縮まります。

ウエイトは120gと軽めで、先径は1.6mm。

適合するルアーウエイトは7gから21gまでなので、フリーリグのトータルウエイトもその範囲に収めましょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまで。

ブランクスはレギュラーテーパーで、カーボン素材含有率は88.5%になっています。

実際にロックフィッシュを狙ってみると、とてもキャストしやすく操作性も高いです。

バイトは手元まで伝わってきますし、根に潜られてしまうことなくランディングに持ち込めました。

カサゴはバイト後、岩の隙間に逃げ込んでエラを開くことがあります。

そうなると岩に引っ掛かって、なかなか引き出すことが難しいでしょう。

でも太いモノフィラメントラインを用いたシマノのバスワンXTタックルなら、強引なやり取りで魚に触れることができるかもしれません。

スピニングロッドも充実しているシマノのバスワンXTシリーズ!

シマノのバスワンXTシリーズには、スピニングロッドもラインナップしています。

ソルトウォーターゲームのロックフィッシュ狙いなら、266ML-2辺りがマッチしそうです。

適合するルアーウエイトが最大で10gまでなので、フリーリグをロングキャストして沖のシモリなどを叩いてみましょう。

バスワンXTシリーズのロッドに関しては、全て2ピース仕様なので、釣り場まで持ち込むのはもちろん、クルマへの積み込みもカンタンにおこなえるでしょう。

シマノのバスワンXTシリーズからおすすめのスピニングタックルを組み合わせてみた!

シマノのバスワンXTシリーズからスピニングロッドを選び、おすすめのリールを組み合わせてみましょう。

ターゲットは、ロックフィッシュやアジ・メッキ・カマスなど。

いわゆるライトソルトウォーターゲームをおこなうのにマッチしそうな、タックルセッティングとなります。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ロッド バスワン XT スピニング 263ML-2

シマノ(SHIMANO) バスロッド ロッド バスワン XT スピニング 263ML-2

最安値価格
¥6,999(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,785

楽天市場へ ¥7,778

Yahoo!へ ¥6,999

バスワンXTシリーズの中から、MLパワーブランクスのスピニングロッドを選んでみました。

全長は1.90mと、とても取り回ししやす長さになっています。

これなら防波堤はもちろん、岩礁帯などの磯場でも活用できるでしょう。

短いぶん手元感度も良好になります。

継数は2本で、仕舞寸法は98.2cmにまで縮まります。

ウエイトは98gと軽めで、先径は1.5mmと細めです。

適合するルアーウェイトは、3gから10gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまでです。

グリップの長さは200mmでレキュラーテーパー、ブランクスのカーボン素材含有率は87.5%に設定されています。

実際に手に取って継いでみると、シャキッとした張りのあるブランクスで、継目も安定して曲がり込んでくれます。

実売価格は7千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

購入しやすい価格ですから、初心者アングラーのハジメの1本としておすすめできそうです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22 サハラ C2000SHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22 サハラ C2000SHG

最安値価格
¥6,431(Yahoo!)

Amazonへ ¥6,580

楽天市場へ ¥6,698

Yahoo!へ ¥6,431

サハラシリーズの最新モデルの中から、C2000番サイズのハイギア仕様を選んでみました。

ギア比6.0対1なので、ハンドル1巻きにつき79cmのラインの回収できるように作られています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを100m、PEラインなら0.6号を150m巻けます。

ウエイトは210gで、ハンドルの長さは45mm。

ボールベアリングは、4個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ハンドル回転は軽快そのもので、ローター回転の追従も良好です。

ライトラインは操りやすいですが、ラインにテンションをかけて巻き取ることを意識すると、糸ヨレによるトラブルは抑えられるでしょう。

実売価格は6千円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ライトソルトウォーターゲームをさまざまなシチュエーションで楽しみたいなら、このスピニングリールを活用するといいかもしれません。

釣行後の洗浄メンテナンスは、マメにおこなってください。

シマノのバスワンXTシリーズを駆使してさまざまな釣りを楽しもう!

シマノのバスワンXTシリーズの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

2ピース仕様のロッドは、持ち運びがとても便利なので、自分の釣りスタイルを広げていくのにプラス要素です。

リールは、ベイトリールの扱い方に慣れることを目的に使ってみてください。

既存のスピニングリールと併用すれば、釣りの対象魚も増やせるでしょう。

シマノの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

リール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング