リール 写真

釣りに使うリール特集!どんな種類があるのか釣り用リールを徹底解説

FISHING JAPAN 編集部

釣りに使うタックルには、ラインやフックはもちろん、ロッドやルアーなどが挙げられます。

そしてその性能やモデルチェンジの時期がひんぱんに取り上げられるのが、リールだといえるでしょう。

フィッシングショーでも注目のマトになるリールについて、その種類別に詳しく解説します。

釣り用リールの種類

釣り用リールの種類は、大きく分けて3つ存在します。

細いラインが巻けてスムーズに遠投、そしてルアーや仕掛けをフリーフォールさせられるのがスピニグリールです。

ベイトリールは、太いラインをヨレなく力強く巻き取れるリールですね。

そして3つめは、クローズトフェイスリールと呼ばれてきたスピンキャストリールです。

それぞれにメリット・デメリットがありますよ。

スピニングリール

レブロスより滑らかでドラグ性能も良い感じです。
毎回3h以上なげっぱなしですがライントラブルなどは一切ありません。
1万円以下でこんなリール買えちゃうの素晴らしいですね。
他の番手も揃えたくなってきました。

出典:amazon

スピニングリールは、フリーの状態でラインを放出することができるリールです。

サイズも豊富で、渓流やライトソルトゲームで使う超小型サイズから、オフショアのマグロやジャイアントトレバリーをターゲットにした大型サイズまで揃っていますよ。

ただし、ラインをスプールに直角に巻き取っていく構造なので、必ずラインにヨレが発生してしまいます。

ヨレたラインは交換しなければなりませんので、常にラインの状態をチェックする必要があります。

ベイトリール

18バスライズと比べると一回りコンパクトです。
70サイズなので太いラインで大遠投はできませんが軽めのルアーが非常に投げやすいです。
HAGANEボディなので非常に剛性感があり、カシータスよりも上質に感じられます。
ガンメタ色のボディに青い差し色が入っていますので、ロッドはゾディアスよりもエクスプライドのほうがバランスが良いです。

出典:amazon

ベイトリールは、両軸リールとも呼ばれていて、ラインを真っ直ぐに巻き取ることができます。

そのためにスピニングリールのような糸ヨレが発生せず、ラインの傷みを抑えることができますよ。

ただし、キャスト時にラインを巻いているスプールが同時に回転して放出する仕組みなので、スプールの回転スピードがライン放出スピードに勝ってしまうと、バックラッシュトラブルが発生します。

最悪の場合、ラインを切断して対処しなければなりませんし、トラブル復旧作業中は釣りができません。

ロスタイムが発生しやすいリールだということを認識して、使用技術の習得に努める時間が必要となります。

太いラインが使えるので、カバーやストラクチャーに擦りながらの釣りに適しているでしょう。

スピンキャストリール

スピンキャスティングリール(クローズドフェイスリール)の進化版です。40年前からダイワの旧スピンキャストを使ってきましたが、いろいろな進化を遂げています。1.ラチェット音がなくなって静かになった。2.ピックアップピンがローラー式になっていてライン擦れの溝がつきにくい、糸ヨレが減る。3.ワインディングカップにピックアップピンの穴が2つ開いているので、ワインディングカップにラインの擦れ傷が付いて引っかかるようになったら、反対側に付けられそう。4.気のせいか回転が軽い。部品の精度が上がっているのかもしれません。

出典:amazon

スピンキャストリールは、ベイトロッドにもスピニングロッドにも対応できるように、個別に専用設計されたものが設定されているリールです。

カバーを被ったような独特の構造で、軽量なルアーをキャストするのに向いていますよ。

ただし、あまり太いラインを巻くと、すぐに糸ヨレトラブルを起こしてしまいます。

目安として6ポンド、1号くらいまでの細いラインを使うようにしましょう。

バス釣りや管釣りトラウト、渓流・メバリングなどにも活用可能です。

釣り初心者の人や子供でも扱いやすいでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング