ロッド 魚 写真

スロージギングを楽しもう!スロージギングにおすすめのロッド・リール特集

FISHING JAPAN 編集部

スローピッチジャークでジギングをおこなう、スロージギングが流行っていますよ。

通常のワンピッチジャークを実践する青物ジギングとは一線を画している釣り方で、関西を中心に愛好家が増え続けている状態です。

ここでは、スロージギングで用いるのにおすすめのロッドやリールをご紹介します。

スロージギングとは

スロージギングとは、主に船に乗っておこなうジギングスタイルのことで、スローピッチなジャークを実践するために、非力な子供や女性でも楽しめる釣り方となっています。

人気の秘密はその辺にあるようで、休日の船上は家族連れでいっぱいになっていますよ。

スロージギング初心者の人を誘って、週末の海へ出かけましょう。

スロージギングの釣り方

スロージギングの方法は、ロッドの反発力でセットしたジグを飛ばしたり、ロングフォールで誘ったりします。

それで狙える魚種は豊富で、青物はもちろんロックフィッシュやマダイ・ヒラメ・アカムツ・キハダなどをターゲットにできますよ。

最近では深海エリアを狙うアングラーも現れ始めました。

スロージギングにおすすめのロッドはこちら

スロージギングにおすすめのロッドをピックアップしてみました。

基本的には胴調子のロッドを選ぶことになりますが、全長が6.5フィート前後でルアージグ重量が120グラムから230グラム程度のものを使いましょう。

適合PEラインは、2から3号ぐらいを目安にしてください。

松山沖で水深120m前後、ジグ200〜250gでクログチ釣りに使用。潮流もありましたが特に問題なく使用できました。感度も良いです。別日でハガツオ6kgを釣りましたが強度も申し分ありませんでした。

出典:amazon

スロージギングにおすすめのリールはこちら

スロージギングにおすすめのリールをご紹介しましょう。

バーチカルに攻めるケースが大半になるので、ベイトタックルがメインリールになります。

使用するPEラインを200メートルから500メートル巻くことが可能な中型のベイトリールを選ぶようにしましょう。

剛性感の高いもののほうが、安心して使い込むことができますよ。

1本目オシアジガーを使用していましたが、
2本目が必要となり2本目のタックル用に購入。
回転はとてもスムーズで軽く満足しています。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング