レガリスのアップ写真

ダイワのスピニングリール・18レガリス特集!ユーザー評価の高いおすすめ機種10選

FISHING JAPAN 編集部

実売価格1万円を切るコスパ優秀スピニングリールの中で、ひと際ユーザーから高い評価を得ているのが、ダイワの18レガリスです。

「あれ、今年モデルチェンジしたリールじゃないの?」

それはダイワのレブロス。

ややこしくて申し訳ありませんが、今回特集するのは、2018年にリリースされた18レガリスのほうです。

詳しい特徴や使ってみたインプレ、おすすめ機種などをご紹介しましょう。

ダイワの18レガリスとは

ダイワの18レガリスとは、実売価格1万円を下回るコスパ優秀な汎用スピニングリールです。

ソルト対応仕様ですから、バス釣り・管釣りトラウトゲームはもちろん、シーバスゲームやアジング・メバリング・エギング・ロックフィッシュゲーム・ショアジギングなどに幅広く用いることができますよ。

「今から釣りを始めたいんですっ!」

初心者の人にもバッチリ対応できるスピニングリールですよ。

「ロッドと合わせて揃えたいんですけど、資金2万円で足りるでしょうか?」

ご心配なく、それくらいの予算立てをするアングラーが、実はとても多いですよ。

他の釣りから新しい釣りを始める際、例えばアジングをやったことがない人が誘われてタックル一式買い揃えるのに、予算2万円というケースはよく耳にします。

その範囲で収まって、なおかつ有名釣具メーカーのダイワのリールを選べるなんて、とても魅力的じゃないですか。

タックル選びをスペック重視で語ると、それに当てはまらない人も出てきます。

実際にかかる費用ベースで語るほうが、よりリアルな判断材料になり得るでしょう。

ダイワの18レガレスは、アングラーの味方なのです。

18レガリスはマグシールド機構を搭載していないリール

ダイワの18レガリスには、マグシールド機構が付いていません。

このリールより上位価格となる、フリームスやエクセラーには搭載されていますよ。

どうやらここに、大きな機能差が存在しているようです。

マグシールド機構は、防水・防塵機能を高めるテクノロジーで、磁性を持つオイルの壁をボディとローターの間に設けることによって、通せんぼをしてしまおう!というもの。

当然その磁性オイルが、ボディとローターをくっ付けることになります。

「それって軽いながらも接触抵抗のようなものを生むんじゃないの?」

そういう指摘をする人もいますね。

実際に目をつぶって、マグシールド機構有りのリールと、18レガリスのハンドルを回してみても、違いは判別できません。

できませんが、そこにある・そこにないは、大きな違いとしてユーザーに伝わります。

もし、マグシールド機構が持つ抵抗のようなものを要らない!と考える人がいたら、それを始めから搭載していない18レガリスのシンプルさが、心に響くかもしれません。

マグシールド機構がない分、釣行から帰宅したら念入りに水洗いして拭き取り乾燥+オイル塗布をおこなえば、納得のいくスピニングリールとして長く手元に置いておけるのではないでしょうか。

18レガリスの豊富な機能

18レガリスには、豊富な機能が満載されています。

エアローターは、軽やかな回転を約束してくれますし、ATD=オートマチックドラグシステムは、スムーズなラインの滑り出しをおこなうので破断につながりにくくなっていますよ。

タフデジギアは、ハンドル回転を下支えしつつ、大きな負荷が掛かっても耐え抜く強靭さを備えています。

ロングキャストABSスプールは、その名のごとく遠投を現実のものとし、ライン放出の際のトラブルを抑えてくれるでしょう。

もうひとつ、ラインストッパーが新しくなっていて、太いラインはもちろん、極細のエステルラインでもしっかりと留め置くことが可能になりました。

18レガリス、汎用スピニングリールとしての必要不可欠なスペックに足りていると感じませんか?

18レガリスのおすすめ機種はこちら!

それでは、ダイワの18レガリスからおすすめ機種をピックアップしてみましょう。

1000番から5000番までラインナップされていて、全てLT=ライト&タフコンセプトに支えられています。

徹底した軽量化と、心臓部を守るタフさの両立は、あなたの釣りを快適なものに変えてくれるはずです。

ダイワ リール レガリス LT1000S

ダイワ リール レガリス LT1000S

最安値価格
¥3,080(Yahoo!)

Amazonへ ¥6,993

Yahoo!へ ¥3,080

ダイワの18レガリス最小モデル、1000番の浅溝スプールタイプです。

なんと実売価格は、7千円台!

ここまで安くなると、つい衝動買いしてしまいそうになりますね。

ラインキャパはPEライン0.3号で200メートルですから、アジング・メバリングなどのライトソルトゲームにぴったりマッチしそうです。

実際に使ってみて、20センチ前後のアジを複数掛けてみましたが、何ら使用感が変わることはありませんでした。

ドラグもスムーズに反応しますし、ローターも滑らかに回りますね。

やや糸ヨレが早いように感じましたが、使っているジグ単が軽過ぎるせいでしょう。

ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT2000S-XH

ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT2000S-XH

最安値価格
¥3,080(Yahoo!)

Amazonへ ¥6,922

Yahoo!へ ¥3,080

こちらは2000番のハイギアモデルです。

ハンドル1回転で81センチも回収できますから、手返しよく攻めたいアングラーに向いているでしょう。

0.4号のPEラインなら200メートル巻けますから、フロートリグを使った遠投アジングにチャレンジできそうですね。

安定した巻き心地は、負荷が掛かっても変わらずでした。

ダイワ リール レガリス LT2500D

ダイワ リール レガリス LT2500D

最安値価格
¥3,520(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,278

Yahoo!へ ¥3,520

ラインキャパの多めな2500番タイプです。

自重が210グラムと軽いので、防波堤でのサビキ仕掛けの上げ下げに適しているように感じますね。

1.5号ラインを230メートルも巻けるので、さまざまな釣りに転用できるのは間違いありません。

1台クルマに積んでおくと、とても重宝するでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT2500S-XH

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT2500S-XH

最安値価格
¥3,520(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,295

Yahoo!へ ¥3,520

0.6号ラインが200メートル巻けるスプールサイズなので、エギングをメインに使える番手です。

ハイギア設定ですから、ハンドル1回転で87センチを巻き取ることができますよ。

フォールしていくエギにシャクリを入れて、ラインスラックを取りたいときに素早く巻き取れるという使い方ができますね。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT3000D-C

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT3000D-C

最安値価格
¥3,520(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,278

Yahoo!へ ¥3,520

2号230メートルとなると、かなりのラインキャパになる3000番の深溝スプールタイプです。

シーバスゲームやライトショアジギングなどに幅広く使えるイメージですね。

実際に2号のPEラインを巻いて40グラムのメタルジグをキャストしましたが、スムーズに飛距離を伸ばすことができました。

根掛かりしたら、リールでラインを引っ張るのはやめたほうがいいでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT3000-CXH (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT3000-CXH (2018モデル)

最安値価格
¥3,520(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,278

Yahoo!へ ¥3,520

3000番のハイギアモデルです。

この辺りから強い負荷をかけると、ややハンドルが回しづらくなるケースが発生しました。

原因は、負荷によるボディの歪みでしょう。

青物をライトショアジギングで掛けると、その状態が顕著に表れますので、ロッドによる寄せをしっかりとおこないながら、ラインスラックのみ回収という方式を採ればだいじょうぶ。

ムリは禁物ですよ。

ダイワ リール レガリス LT3000S-C-DH

ダイワ リール レガリス LT3000S-C-DH

最安値価格
¥3,520(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,967

Yahoo!へ ¥3,520

画像は別の番手を表記しているようですが、実際はダブルハンドルを標準装備している3000番タイプです。

0.8号ラインを200メートル巻けますので、エギングやシーバスゲームなどに使えるでしょう。

シャクリを入れていると、ハンドル根元のガタ付きがきになりましたが、締め直してからは問題なしでした。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT4000D-C

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT4000D-C

最安値価格
¥4,180(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,756

Yahoo!へ ¥4,180

2号300メートルのラインキャパなので、ショアジギングに使うのに丁度いいでしょう。

ハンドルノブも大き目で握りやすく、安定感のある巻き心地は健在。

実釣でも特に不備は感じないので、バランス良く組まれた番手といえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT4000D-CXH

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT4000D-CXH

最安値価格
¥4,180(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,350

Yahoo!へ ¥4,180

ハイギア仕様なので、ハンドル1回転で99センチ巻き取れる4000番リールです。

ショアジギングはもちろん、堤防からのサビキ釣りやフカセ釣りにも転用できる万能機ですね。

やはり回転が増してくると、ハンドルの支持がガタガタすることがあります。

これはこの形式のハンドル=両側からの共締めタイプならではの特徴かもしれません。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT5000D-CXH

ダイワ(DAIWA) スピニングリール レガリス LT5000D-CXH

最安値価格
¥4,180(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,624

Yahoo!へ ¥4,180

こちらが18レガリスの最大サイズ・5000番のハイギアモデルです。

ショアジギングをやるなら、これくらいの大きさでガッチリしたボディのほうが安心しますね。

ラインキャパは、2.5号ラインで300メートルとじゅうぶん。

自重250グラムは、ちょっと軽過ぎなイメージですが、LTコンセプトの真骨頂ということでしょう。

ダイワの18レガリスを駆使して釣りを楽しもう!

ダイワの18レガリスの特徴にインプレ、おすすめ機種を挙げてみましたが、いかがでしたか?

とにかく軽いので、どんな釣りに持ち込んでも快適さはしっかり担保されるスピニングリールです。

ハンドルのガタ付きなど、不満な点も出てきますが、1万円を下回る低価格を考慮すれば、じゅうぶん合格のコスパ優秀機といえるでしょう。

ライトショアジギングを始める予定のアングラーには特におすすめで、4000番から5000番の機種を選んでフィールドに出かけてください。

ダイワの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング