仕掛け 写真

ジグサビキなら初心者でもカンタンに釣れる!おすすめ仕掛けをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ショアジギングが大流行しているのでジギングタックルを揃えたものの、ジグをキャストしても釣れない日があります。

そんなときは、このジグサビキを試してみましょう。

キャストしてゆっくりズル引きするだけで、驚くほどの釣果に恵まれることがありますよ。

ジグサビキとは

ジグサビキは、その名の通りサビキ仕掛けです。

本来ならサビキ仕掛けの真下には、カゴやオモリがぶら下がるのですが、代わりにショアジギングで使うジグを結びます。

この状態でしっかり遠投、ボトムに着いたらラインを張ってズル引きしてください。

少し重く感じるところが地形変化ですから、仕掛けを止めてアタリを待ちましょう。

その繰り返しだけで、さまざまな魚種をカンタンに釣り上げることができます。

初心者に向いているジグサビキ

特に釣り初心者の人に、ジグサビキは向いています。

仕掛けをキャストして巻き取るだけですから。

カンタンなアプローチでたくさんの魚をゲットできれば、釣りにハマること間違いなしですね。

安全な足場の堤防などでおこなってください。

具体的な方法は、関連動画が数多くアップされていますから、事前に観ておくと参考になりますよ。

おすすめのジグサビキセット①メジャークラフト・マイクロショアジギさびきジグ入りセット

おすすめのジグサビキをピックアップしてみましょう。

ぶら下げるメタルジグまで同梱包されているのが、この「マイクロショアジギさびきジグ入りセット」です。

メジャークラフトの製品ですから、安心して使えますね。

アジやイワシ・メバル・カサゴ・カマス・メッキなどを狙うのに適しているでしょう。

おすすめのジグサビキセット②ハヤブサ・堤防ジギングサビキセット

こちらは堤防から遠投して使うためのジグサビキです。

20グラムのウエイトのメタルジグが同梱包されていますから、パッケージから出してすぐに使えますよ。

少し張りのあるエギングロッド程度で、キャストすることは可能でしょう。

おすすめのジグサビキセット③オーナー・遠投ジグサビキ

こちらはジグサビキの仕掛けのみですが、幹糸に6号・ハリスに4号が使われているので、とても頑丈な仕掛けといえるでしょう。

重めのメタルジグでしっかり遠投して、沖を回遊する魚を釣り上げてください。

青物が掛かっても、じゅうぶん耐えてくれるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング