仕掛けのアップ写真

ジェット天秤で投げ釣りを楽しみたい!使い方やおすすめタックルを徹底特集

FISHING JAPAN 編集部

オモリの部分にオレンジやグリーンの樹脂パーツが付いた天秤仕掛けを、砂浜などで使っているアングラーを見かけますよね。

スイベルや貫通ワイヤーが特徴的な、ジェット天秤と呼ばれている定番アイテムです。

投げ釣りにどんな効果をもたらしてくれるのか、詳しくチェックしてみましょう。

「ジェットって言うぐらいだから、めっちゃ飛ぶのかな?」

その期待もじゅうぶんかなえてくれますよ。

ジェット天秤とは

ジェット天秤とは、投げ釣りで用いるための天秤仕掛けのことです。

構造には主に2種類が用意されていて、表題画像のものは、仕掛けそのものを固定するタイプですね。

オレンジカラーの樹脂ヘッドパーツ側を、リールから伸びている道糸に結びます。

「えっ、鋭利になっているから、こっちを先頭にして飛ばすんだと思ってた!」

いやいや、それだと重さのあるオモリ部分がアングラー側になってしまいますから、仕掛けが回転して絡まってしまいますよ。

道糸を結んだら、それとは反対側のアームに投げ釣り仕掛けを装着しましょう。

シロギスやカレイを釣るために、市販されている枝バリ付きのものでOKです。

ジェット天秤+投げ釣り仕掛けのトータルの長さは、結構なものになりますから、それらをぶら下げられるぐらいの全長を持ったロッドを用意しなければなりません。

飛距離を伸ばすことも考慮すると、4メートル前後のものを選べば扱いやすいでしょう。

さて、固定式のジェット天秤を実際に使ってみることにします。

場所は、砂浜がおすすめです。

周囲に他のアングラーがいないことを確認してから、ロングキャストを沖に向かっておこなってください。

着水と同時にスピニングリールのベールを元通りにすると、ラインがそれ以上放出されずにピーンと張ります。

これがジェット天秤に伝わって、仕掛け自体がボトムに向かってカーブフォールするようになりますよ。

フリーフォールさせると枝バリの付いた仕掛けは、絡まりやすくなりますから、カーブフォールで落とし込むことを心がけてください。

固定式ジェット天秤の使い方

ジェット天秤のオモリ部分が、ボトムをとらえます。

そこが砂地であれば、引っ掛かることなく枝バリ仕掛けを展開することになるでしょう。

ただし、そこからボトムをズル引きしてしまうと、いつ引っ掛かってもおかしくない状態に。

ボトムには沈下物や地形変化がありますから、いつまでも砂地が続くわけではありません。

「でも探り釣りって言うじゃん。探ったらダメなの?」

何度もキャストを繰り返して、その周辺のボトムは砂地だな!というのが分かってきたら、ズル引きをしてもかまいませんが、それでも根掛かりしてしまう可能性は抑えられないでしょう。

この根掛かりする確率を一気に下げる役割が、固定式のジェット天秤にはあるのです。

ズル引きをせず、ロッドを立ててリールハンドルを回し、一気にラインテンションをかけることで、前述の樹脂パーツが上手く水を受け、浮き上がってくれますよ。

そうすると、枝バリ仕掛けもボトムを離れるので、ハリが引っ掛かることを防いでくれるのです。

これで仕掛けをロストしてしまう心配が減り、手返しのいい投げ釣りを実践できることにつながります。

遊動式ジェット天秤の使い方

ジェット天秤には、遊動式タイプも用意されています。

アームを90度に曲げて、その2つの先端に仕掛けを通し、仕掛け自体が自由に動く=遊動する仕組みになっているものです。

魚がエサやワームなどのルアーに食い付いたら、そのまま引っ張れるので、アングラーにアタリが伝わりやすいメリットがあります。

ただし、固定式タイプよりも根掛かってしまう確率が高いので、仕掛けの回収時にはロッドを高く掲げ、リールハンドルを早く回して、ジェット天秤を意図的に浮かせるようにしましょう。

樹脂パーツ部分が、グリーンカラー着色されているので、見分けが付きやすいのがいいですね。

ジェット天秤とマッチするおすすめタックルを選んでみた!

ジェット天秤を使って投げ釣りをするのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、ロッドから。

投げ釣り用に作られたものなら、飛距離も出せますし、着水後の操作もやりやすいですよ。

使うオモリの号数に合わせて、パワーのあるブランクスを持ったロッドを選ぶようにしましょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド 投げ竿 サーフチェイサー 振出 405EX-T 全長4.05m 自重370g オールマイティ 置き竿釣りに

シマノ(SHIMANO) ロッド 投げ竿 サーフチェイサー 振出 405EX-T 全長4.05m 自重370g オールマイティ 置き竿釣りに

最安値価格
¥17,487(楽天市場)

Amazonへ ¥17,650

楽天市場へ ¥17,487

Yahoo!へ ¥17,487

シマノからリリースされている、振出式の投げ釣りロッドです。

全長は4.05メートルと扱いやすく、継数は4本で仕舞寸法が116.0センチになります。

これだけ短く収納できれば、釣り場までの持ち運びがとても便利ですよね。

特に投げ釣りをおこなうサーフでは、歩く距離が長くなることがありますから重宝するでしょう。

先径/元径は、2.5ミリ/22.9ミリです。

錘負荷は、20号から30号に設定されていますから、これに合わせてジェット天秤の重さも決めてください。

25号ぐらいにしておくと、キャストしやすいですよ。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.6パーセントです。

実際に手に取ってみると、最外層はシマノ独自のハイパワーXで縛られていて、パワフルな印象が強いですね。

伸ばしてみて、しっかり張りがあり、曲がりからの復元もスムーズ。

これならジェット天秤をボトムから浮かせる作業も、おこないやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

投げ釣りを始めてみたい初心者アングラーに、手の届きやすい価格帯といえそうですね。

シロギス釣りやカレイ釣りに、積極的に活かしてみましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ C5000XG ジギング 初心者向け

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ C5000XG ジギング 初心者向け

最安値価格
¥5,143(amazon)

Amazonへ ¥5,143

楽天市場へ ¥5,368

Yahoo!へ ¥5,143

シマノま汎用型スピニングリール・セドナシリーズのC5000番モデルです。

投げ釣り専用のロングノーズタイプではありませんが、これでじゅうぶん釣りを楽しむことができますよ。

ギア比:6.2対1で、ハンドル1巻きにつき105センチものラインを巻き取ることが可能です。

ラインスラックを素早く取って、ジェット天秤をボトムから浮かせるのに丁度いいでしょう。

最大ドラグ力は、なんと11.0キロもあります。

自重は300グラムとやや重めですが、投げ釣りの場合はロッドスタンドに置くことが多いので、気にならないでしょう。

スプール寸法は、直径54ミリでストロークが17ミリ。

ラインキャパは、PEラインの2号で320メートルも巻くことができるので、ロングキャストにしっかり対応してくれます。

実際に使ってみると、巻き心地は滑らかで扱いやすい印象です。

フリクションリングが付いていないので、キャストの際にハンドルが回る可能性があり、ベールが元に戻ってしまうかもしれません。

じゅうぶん注意してキャストすれば問題ないので、その点だけ気を付けてください。

実売価格は5千円台と、とてもコスパ優秀なリールに仕上がっていますよ。

ショアジギングなどのキャスティングゲームにも転用できますから、用途はどんどん膨らむでしょう。

ささめ針(SASAME) ちょい投2本鈎 K-001 12-3号

ささめ針(SASAME) ちょい投2本鈎 K-001 12-3号

最安値価格
¥141(楽天市場)

Amazonへ ¥189

楽天市場へ ¥141

Yahoo!へ ¥141

ささめ針から発売中の簡易投げ釣り仕掛けです。

先端のハリと枝バリが1本付いている、合計2本針仕掛けなので、とても扱いやすいですよ。

仕掛けそのものの長さも短めで、キャストの際の垂らしを抑えられますし、根掛かり回避にもつながるでしょう。

ハリの号数にバリエーションがありますから、対象魚に合わせて複数持参しておくと、柔軟に対処できるところもいいですね。

実際に使ってみると、台紙からの取り外しはカンタンで、ジェット天秤にも取り付けしやすい印象です。

実売価格は200円前後と、とても安い価格になっているのも嬉しいですね。

慣れてきたら自分で仕掛けを作ればいいのですが、それまでは既存の完成品を活用すると、すぐに投げ釣りを始めることができますよ。

枝バリの多いタイプも、ささめ針からはリリースされているので、釣りスタイルに合わせて使い分けてみましょう。

ジェット天秤を駆使しながら投げ釣りを楽しもう!

ジェット天秤の特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

釣具店へ行くと、豊富な種類が並べられているので、カタチと号数をチェックして、自分のタックルにマッチしたものを選ぶようにしてください。

仕掛けの関連記事はこちら

仕掛け」カテゴリの人気記事

DAILYランキング