アユ 釣り 仕掛け 写真

鮎釣り入門編!竿に仕掛けをセットしよう!鮎釣り仕掛けの注意点やコツをご紹介!

森川学

鮎釣りを始める時、どんな仕掛けを使うのか悩んでいませんか?

鮎釣りの仕掛けには、竿を伸ばすだけの作業の中にも、注意したい事やコツがあります。

ここでは初心者の方の為に、失敗しない竿の伸ばし方と仕掛けの取り付け方をご紹介します!

竿に鮎釣り仕掛けをセットしよう!

鮎 釣り 仕掛け 竿先 写真

この状態から天井糸を引っ張ると輪が縮みます。

鮎 釣り 仕掛け 竿先 写真

これで 外れません。

竿先や仕掛けのタイプにより取り付け方法が変わってくるので、わからない場合は釣り具を購入した釣具店で、最初に聞いておくといいでしょう。

穂先に仕掛けの先端を取り付け、仕掛け巻きはタモの中に入れ、ゆっくりと竿を伸ばしていきます。

タモの中に仕掛け巻きを入れるのは、仕掛け巻きがタモの中で回ってスムーズに仕掛けを引っ張り出す事が出来るからです。

竿のジョイント部分はまっすぐ引っ張り出すのではなく、上の節を最後に少しだけひねりながら引き出すのがポイントです。

そうする事で、引き出し不足や引き出し過ぎを防ぐ事が出来ます。

特に竿が濡れた状態の時には注意が必要です。

濡れた状態で勢いよく伸ばすと、合わせ面が真空になり、固着して竿が縮まなくなる事があります。

鮎釣り仕掛けの長さを調整しよう!

完成仕掛けの場合、仕掛け全体の長さは7メートルから10メートル位まで調整出来るものがほとんどです。

天井糸の部分に仕掛けの長さが調整出来る編み込み部分がありますので、その部分を移動して長さ調整をしましょう。

今主流の天井糸は、長さ調節の部分が折り返して二重になっているものが多く、その場合の長さ調整をする時は、2倍の長さを移動する事になります。

例えば、50センチ仕掛けを短くするのであれば、編み込み部分を1メートル竿先方向へ移動する事になります。

始めのうちは、ハナカンの位置が竿尻にくるように仕掛けの長さを調節すると操作しやすいと思います。

鮎釣り仕掛けの目印は位置調整と長さ調整がコツ!

完成仕掛けでは、目印の長さは、かなり長く作ってあります。

そのままだと長すぎるので、適当な長さにハサミでカットして使って下さい。

視力の良い人は短く、そうでない人は長めが見やすいでしょう。

位置調整は、一番下の目印が水深の約1.5倍位の位置に移動させます。

指先で軽くつまんで移動できるはずです。

目印の間隔は、10~15センチにします。

ハリを取り付けて鮎釣り仕掛けが完成!

サカサバリにハリスをセットするのですが、これも数種類ありますので、事前に釣具屋さんなどで確認するといいでしょう。

ハリス止めのタイプは、特殊なものもありますが、主に2種類です。

フックタイプと眼鏡タイプになります。

フックタイプは、ハリスを引っ掛けて2~3回ハリス止めに巻きつけて使用します。

フックタイプのサカサバリ 写真

フックタイプのサカサバリ

一方、眼鏡タイプはハリス止めの穴にハリスを通して引っ掛けるタイプです。

眼鏡タイプのサカサバリ 写真

眼鏡タイプのサカサバリ

初心者には、ハリスがタモなどに引っかかりにくい眼鏡タイプのハリス止めをお勧めします。

ハリスの長さは、4センチから5センチが標準的な長さになります。

針先の位置が、オトリ鮎の尾から出るか出ないか位の位置に調整します。

鮎釣りの毛掛けはしっかりと確実に準備しましょう!

竿を伸ばす作業、仕掛けの長さ調整、ハリの取り付けなど 釣る前にする事が沢山ありますよね。

その作業を確実にする事で、トラブルが少なくなるものです。

一つ一つを確実に行って、鮎釣りを楽しみましょう!

鮎釣り関連記事

鮎釣り」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

DAILYランキング