アユ 写真

鮎釣り入門編!どんな道具が必要なの?最低限必要な釣り具をそろえてアユの友釣りを始めてみよう!

森川学

アユ釣りを始めたいけど何をそろえればいいのかわからない。

道具が多くてそろえるのが大変だ。

この様な声をよく耳にします。

そこで今回は、これからアユの友釣りを始める人の為に、最低限これだけあれば始められる釣り具をご紹介します。

アユ竿

8メートル位の竿を選ぶと良いでしょう。

8メートル位までの長さのアユ竿なら重すぎず操作性もいいです。

2万円台から発売されています。

最高級品は40万円以上の竿もあります。

高級な竿程、軽くて操作性はいいのですが、その分素材の厚みが薄く、折れやすいので注意が必要になります。

初心者のうちはどうしても竿に傷を付けたり、無理な操作をしてしまいがちなので、あまり高級な竿はお勧め出来ません。

曳き舟

生きたアユをオトリに使って野アユを釣るのが友釣りです。

元気のいいアユをオトリにする方がよく釣れるので、アユを元気に生かしておける曳き舟は必需品です。

価格は4000円位から発売されています。

ベルト

タモを差したり曳き舟のロープを引っ掛けて引っ張ったりするのに使います。

ポーチを付けたり、飲み物が入ったペットボトルをぶら下げる事も出来ます。

アユの友釣りでは必需品の一つです。

価格は2000円台から発売されています。

タモ

枠の大きさが36センチから39センチのタモが主流です。

網はハリが絡みにくいナイロン製で、網目の細かいものが理想です。

しかし、網目が細かいほど値段も高くなります。

2000円位から5万円以上する高級品も発売されています。

帽子

暑い季節の釣りなので、帽子は必需品です。

熱中症予防の為に、野球帽などどんなものでもいいので必ず着用しましょう。

アユタビ

苔の付いた石はよく滑ります。

フエルトなどの滑り止めが付いたアユタビがあると安全です。

仕掛けやハリ、ハサミなどの小物

仕掛け 写真

完成仕掛け

ハリ 写真

ハリ

最近は完全仕掛けが各メーカーから発売されています。

竿に付けて長さ調整を行い、掛けバリを付ければ友釣りが可能になる仕掛けです。

最近の完全仕掛けは出来が良く、大会で上位に入賞するような名人でも完全仕掛けを使っている人もいるほどです。

ハリは多めに用意します。

針先が石に引っかかって曲がる事が多く、ハリの交換が必要になるからです。

初心者へのおすすめは、3本イカリになります。

ベストまたはポーチなど

ポケットが多いベストが望ましいのですが、仕掛けや小物が入る大きさのポーチなどがあればそれでも代用出来ます。

入川券は必ず購入しましょう!

アユ釣りの場合は必ず各河川が発売する入川券が必要になります。

オトリ屋さんでオトリ鮎を購入するのと同時に必ず購入しましょう!

この夏は自分で釣った天然アユを塩焼きで!

食べて美味しいアユ。

しかも、天然アユなんて高級品ですよね。

自分で釣った天然アユを塩焼きで食べれば美味しさも倍増です。

釣り人の皆さんもこの夏、アユの友釣りに挑戦してみませんか?

釣り初心者の方にはこの記事がオススメ!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング