竿 磯釣り 船釣り

竿に表示されている「オモリ負荷」って何のこと?素朴な疑問にお答えします!

FISHING JAPAN 編集部

磯釣りや船釣り用の竿には、オモリ負荷○○号と表示されているものが多いですよね。

このオモリ負荷って、一体なんだろう?と疑問に思ったことありませんか?

その疑問、ばっちり解決しちゃいますよ♪

最も適したオモリの大きさのこと

簡単にいえば、オモリ負荷とはその竿を使うときに最も適したオモリの大きさなんです。

例えば磯竿でオモリ負荷が1~3号と出ていれば、最小で1号から、最大で3号までのオモリを使っても大丈夫ですよというお墨付きのようなものです。

同じように船竿にもオモリ負荷の表示はありますが、最近は20~40号とか30~60号というように、適用範囲に大きく幅を持たせた表示が多くなっています。

磯竿は、船釣りほど応用範囲が広くないため使用するオモリも限られるわけですが、船竿の場合、もっと応用範囲を広げて使えるように設計されているので、オモリ負荷の表示にも幅が出てくるのです。

例えばオモリ負荷が20号から60号と表示されているような竿だと、割合小さなオモリを使うことが多いシロギス釣りから、60号のオモリを使ったコマセマダイ釣りにも使えるということになります。

ただ、あまりにも応用範囲が広すぎると小さなオモリを使った釣りの場合、多少の違和感が出てくるのは、しかたないところかもしれません。

あくまでも目安です。

船竿でオモリ負荷が30号までとしたら、それ以上大きなオモリをつけて釣るのは不可能だと思っている人が多いのですが、そうではありません。

最近の船竿は丈夫に設計してあるので、オモリ負荷が30号とあっても、その倍の60号ぐらいまでは十分使えます。

そこまで神経質にならなくても、オモリ負荷はあくまでひとつの目安と考えて竿を選んでみるのがいいかもしれませんね♪

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング